再飲酒するとしばらくやめていても目も当てられない状態になる

この記事は「再飲酒するとしばらくやめていても目も当てられない状態になる」です

結論は「原点に戻る。酒に対して無力であることを認める」です

アルコールに依存すると治療の基本は断酒です。

しばらく断酒できていたのに再飲酒してしまうショックですよね。

断酒後の再飲酒は回復過程にはよく起こりますが、本人だけでなく家族にもショックです。

私も再飲酒ばかりしていました

アルコール専門病院に入院していた頃は、断酒10年・20年・30年と聞くと入院患者とは違って、安全圏の人たちと思っていました。

お酒をやめられなかった頃は、断酒1年なんて夢のようにも見えていました

やがて自分の断酒が継続するようになって、安全圏と思っていた人たちが失敗する姿を見るにつけて、アルコールに依存することの怖さ、依存症治療の難しさを思い知ることになりました。

私の感想ですが、結局は初心を忘れてしまった

依存症になると上手に飲酒できない。断酒しかないことを忘れてしまったのが原因のような気がします

酒を上手に飲めない。基本は断酒ということへの認識が甘いという意味では、飲んだり止めたりの方、継続ができない方、断酒を始めたばかりの方とも同じです。

躓くところは大体同じようです

酒に対して無力であり、上手く生きていけない」というのは依存症のあらゆる方に当てはまります

医療機関ではアルコール依存症は飲酒をコントロールできない病気・コントロール障害だと言われます。

今回は依存症は上手に飲めないという事実私なりの考え体験を踏まえて書きました。

私自身依存症は節酒ができない、断酒しかありえないということは、自分の体験はもちろん、他の同じ病気の仲間の体験談を聞いて確信しました。

私の知っている限りの先輩たちの言葉(断酒が長い人から初心者まで)自分の言葉でまとめました

私が再飲酒の怖さを知った体験

私が断酒を始めたころ、アルコール専門病院の院内例会で断酒10年の表彰を受けていた人がいました。

当時の私には「10年もやめている=断酒が保証された人」というイメージがありました

1年後、断酒10年の人が再飲酒をしたという噂を聞きました。

そして断酒10年の人の奥さんの体験談から噂ではなく、本当のことだということが分かりました。

奥さんは飲んできた日の様子でわかったそうです

しかし本人は再飲酒を認めない

やがて飲んでいる現場奥さんに目撃されます。

お酒の瓶を持っているのに認めない

やがて飲んだことは認めたが「自助グループでは絶対に言うな」の一点張り

奥さんはアルコール専門病院と自助グループに応援を求めました

最初断酒10年の人は抵抗しましたが、あっという間に連続飲酒(飲酒が止まらなくなった)になってしまい、ついに観念しました。

結局断酒10年の人は断酒表彰を受けた病院へ再入院することになりました。

奥さんは当時家族会の運営を任されていました。

私は今思い返しても、奥さんは正しい判断をしたと思います

私が長くやめた人が再飲酒することの怖さを初めて知った経験です。

再飲酒すると過去最悪の状態に戻る

以降何人か、しばらく断酒していたのに再飲酒した人を見てきました。

しばらく断酒をしていても、再飲酒すると「過去最悪の状態」に逆戻りします。しかもあっという間!!

人によっては、普通に飲酒できているように見える時期もあるそうです。

しかし結局は一時的なもので、数ヶ月もしないうちに元の最悪の状態に戻るようです

私は「10年もやめたのだから、すぐに元気になるでしょう?」と先輩に尋ねました。

しかし先輩に「長く断酒すればするほど、失敗したら危ないんだよ」と教えてもらいました。

やがて長く断酒するほど、再飲酒したら危いというのは、近くで見ていてもよくわかりました

たいてい長い断酒の後で過去最悪の状態になります

前回の断酒のきっかけとなった「底つき」よりも、もっと「深い底をつかなければ」上がることができないようです

アルコール依存症は「進行性で死に至る病」と言われます。本当にこの言葉通りです

たとえ数年間酒を全く飲まなかったとしても、また飲み始めるとたちまちもとの飲み方に戻ってしまうのが依存症の怖いところです。つまり長年かけて作り出された依存症の脳の回路が、しばらく酒を止めたことで消えてなくなるわけではないのです。

厚生労働省eヘルスネットより引用

アルコール依存症への対応
アルコール依存症から回復するための唯一の方法は、断酒=一滴も飲まないことです。飲酒問題を認めない「否認」を克服することが回復への第一歩です。自分で飲酒問題に気付くため、家族があまり手助けしすぎない方が良いこともあります。専門医療期間への受診や自助グループへの参加が回復を助けます。

底つきについてはこちら

断酒に底つきは必要
このページは「断酒に底つきは必要」です 目次 底つき底つきとは何か? 早く体験するには? についてのヒントです私自身の直接の底つき体験です私が底つきをするまでの体験談です断酒継続は無力から始まります...

依存症の人は身体に気をつけたい

しばらくして病院でばったり彼に出会ったのですが、別人のように衰弱して、一気に老けていました

長く断酒を続けていると言っても、断酒できるようになるまでの飲酒期間は長い人が大半です。

すでに身体に大きなダメージを負っています。断酒中に古傷が再発する人も数多くいます

断酒後のケアを怠って「もうお酒を飲まないから大丈夫」と思い、食べ過ぎたり、刺激物を摂り過ぎている人は結構います

現在治療中の病気のある人はなおさらです。

再発や悪化を起こすため、再飲酒をすると今度こそ死が迎えに来る可能性が高くなります

脳のダメージについてはこちら。

断酒 脳
このページは「アルコールでダメージを受けた脳の回復は断酒から」です アルコールは脳にダメージを与えます アルコールを飲み続けると脳萎縮が進みます。お酒は飲めば飲むほど脳萎縮・認知症のリスクが高くなります...

肝臓の深刻なダメージについてはこちら

断酒すると肝臓は回復する
断酒をすると効果を感じられるのは肝臓の数値です。アルコールが原因で起こった肝機能障害は断酒をすれば基本的には回復します。お酒の飲みすぎと言えば何と言っても肝臓です。アルコールが原因の場合脂肪肝から肝硬変へと進みます

心はもっとひどくなる

私が見てきた限りでは、心の状態は最悪だった時に戻るか、それよりもっと悪くなります

再飲酒したということですっかり自信を無くすようです

今まで「自分は○○だから断酒できた」と思っていたものが再飲酒すると否定されるからだと思います。

どうしていいかわからなくなりますね

せっかく穏やかになっていたのに、前よりひどくなっちゃった

再飲酒を防ぐために

私は色々な人を見て、再飲酒は事前にシグナルが表れると思います

シグナルはアルコール依存症の特徴として際立ったものです。

もっとも他人の失敗だからこそ分かるものですが…

自惚れ始めた

アルコールの怖さを忘れかける時です。

自分が過去、アルコールを飲むとどんなにひどい状態になったかを軽く考えるようになります。

私も経験がありますが、断酒2~3年後くらいに「俺はもう大丈夫」「酒のやめ方なら教えてやるよ」そんな考えが頭をよぎることがありました

勘違いしやすいのが、断酒後に日常のストレスへの対応能力が上がることはあります。

しかし、一度依存症になれば、お酒を上手に飲めるようにはなりません

自分の断酒は大丈夫と思う頃が危険だね

自己憐憫に陥っている

普段の生活で何かにつまずいた時、原因を探らずに結果がでないことばかりにこだわる。

悲劇のヒーローになった気分

  • 自分は頑張っているのに、うまく行かない
  • どうせ私は…だから
  • 私がうまく行かないのは運命で決まっている

自己中心・他人を責める・他人や環境のせいにする

人を認めたり、感謝することを忘れて、自分への称賛を当然と思うとき

  • 仲間の体験談を聞いて、そんな話をしてるからやめられないんだ
  • うちのミーティング(例会)は俺のおかげで人気がある(またはあいつのせいで人が来ない)
  • 俺は○○年やめたから認められて当然

完全にゼロにするのは不可能ですが、自己中心何かのせいにすることが目立って強くなってしまうのは危険です

生きている限りストレスはなくなりませんが、少しでも減らしていくと、断酒継続は楽になると思います。

自己中は危険なシグナル

原因が自分にあることを認めるのは断酒継続のカギです。

原因自分論で断酒継続
私自身が断酒継続ができるようになったのは、原因自分論で考えようと決意し始めたころからです。断酒を継続させながら原因が自分にあると認める習慣スリップのリスクを減らす方法。その回復過程で気をつけたい対策ポイントの「自分を責める」「結果主義」について書きました。

一番大切なのは飲酒をコントロールできない自分を受け入れる事

私が再飲酒しないために大切なのは、依存症になると上手に飲めないことを忘れないだことだと思います

私は飲酒への無力さを認めなかったころは、少しくらいなら飲んでも大丈夫だと思い、再飲酒していました。

でも無力ってネガティブだよね

人は動物としての生命力があるので、根本的には力を持ち、強くなりたいです

酒を飲んでも乱れないというのは、意志や精神力の強さを感じさせます。

私もスマートな酒飲みにあこがれていました。

しかし私は酒に対して本当に弱く、スマートに飲酒できませんでした。

実際に依存症の私たちは、意志や理性の力では自分の飲酒をコントロールできません

私は飲酒をコントロールできないと認めたから、自分には無理な節酒をあきらめることにしました

私は酒を上手に飲めない自分を認め続けたいです

参考記事

断酒
お酒をやめられなくて苦しんでいる最中ではまず「断酒」ですよね。 私も「断酒」という結果を求めてきました。 目次 断酒断酒の効果断酒の方法お酒を飲むと嫌われます断酒と禁酒の違いですスリップ防止断酒に底つきは必要です否認...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました