断酒後もイライラする理由は?

この記事は「断酒後もイライラする理由は?」です

断酒をしても続くイライラをコントロールするのは難しいですね

アルコールが身体から抜けて離脱症状の時にはイライラします。

断酒であれ禁酒であれ、この時のイライラはアルコールに依存している人に現れる症状です。

ストレスの原因は「怒り」「イライラ」がとても多いです。

私も「チクショウ」「もうどうでもいいや!!」怒った瞬間糸が切れたようにお酒に手が出ました

「怒り」を減らせば、心が穏やかになりストレスが減ります。

飲酒への誘惑も減ります。

特にメンタルヘルス・依存症で悩んでいる人はイライラが自分に向かって生きているのが嫌になります。

そうは言っても難しい。

そこでイライラする理由を「思うようにならない」「認めてもらえない」脳の働きから説明しました。

効果のある対処法についてはこのブログ記事の最後にリンクを張りました。

イライラする理由

離脱症状

お酒をやめると離脱症状が現れてイライラします。

離脱症状
このページ「離脱症状」です 目次 離脱症状具体的な離脱症状1|寝汗具体的な離脱症状2|不眠 離脱症状 アルコール依存症に最も特徴的な症状は離脱症状です 以下の記事で代表的...

なぜ怒りがこみあげてくるのか?

なぜ怒りがこみあげてくるのかです

自分の思うようにならないから

多いのは期待はずれや予定外、想定外の出来事です

  • 自分がこれくらいの結果が出るだろうと思っていたのに期待外れ
  • 当てにしていたのにガッカリ!!
  • 思いもしない出来事で、時間通りに進まなかった。

アルコール依存症の人は上手くいかない・思い通りにならない現実にストレスを感じ、酔って解消させようとします。

の力で現実逃避を繰り返しているうちに「人生は思い通りにならない」ということが繰り返しインプットされ心の習慣になっています。

「期待してもどうせうまくいかない」という考えの底には「濡れ手に粟」を求める気持ちが潜んでいます

妄想のような過剰な期待と現実のギャップがどんどん開き、アルコール依存症の人のイライラを暴走させます

いけないと思いながらも、八つ当たりなどをしがちです

自分を認めてもらえないから

対人関係において生まれるものですが「自分を認めてもらえない」というのも厳しいです

特に自分自身や大切にしている人・物事です

  • 自分の価値観、ポリシー。
  • 自分が大切にしている物事。
  • 値打ちがある、大切にしたい、守っていきたい物事。

これらを否定されると、その相手に好意を抱き続けるのは難しくなります

それまでいい人だなと思っていても、自分の大切な人を馬鹿にされると嫌になります

良い人だなっと思っていたのに両親を馬鹿にされたら?

絶対結婚しない!!

また不当な評価をされる。偏見・えこひいきなどの扱われ方をすれば、すっかり嫌気がさしてきます。

営業などで自分の方がたくさん売っているのに無視される。または嫉妬される。

上司が個人的な好き嫌いから、自分より売っていない人を持ち上げる。馬鹿やろぉ~!!

脳の働きから見たイライラする理由

ノルアドレナリンを知ってイラっとした時は、その場を離れる

怒りを感じるとき脳内ノルアドレナリンという神経伝達物質が分泌されて脳が興奮します。

イラっとなり攻撃的になる理由は、脳内でノルアドレナリンが過剰に分泌させるからです

ノルアドレナリンは筋肉に酸素や栄養を送るので、血圧や心拍数が上昇します

同時に筋肉に作用するアドレナリンも分泌されます。

アドレナリンもノルアドレナリンも持続効果が短いという特徴があります

つまりイラっとしてもしばらく時間を置けば治まります

深呼吸が効果的なのは血圧心拍数を下げるからです。

取り合えずその場を離れて気持ちを落ち着かせるのが、泥沼にはまらない方法です

ノルアドレナリンについてはこちら

ノルアドレナリン - 脳科学辞典

アドレナリンについてはこちら

アドレナリン - 脳科学辞典

前頭前野の機能が衰えると怒りが持続する

その場の怒りが治まっても怒りが続く場合アルコール依存症は脳の前頭前野の機能低下も原因の一つです。

お酒を飲んで最初に麻痺するのは脳の前頭前野です

前頭前野は脳の最も人間らしい部分理性・思考・意欲・意志などを司る場所です。

イラっとしても前頭前野が働くと怒りの感情を抑えてくれます

酒が原因の脳委縮も前頭前野からです

意思決定の場所なので、前頭前野が衰えると余計に酒量もコントロールできません

  • 前頭前野が衰えると相手の気持ちも理解できなくなります
  • 共感力が衰えます
  • 頑固になり、人の言うことに耳を貸さなくなります

アルコール依存症がどんどん孤独になる原因の一つです

アルコールだけでなく、ギャンブルゲームスマホなども前頭前野の働きを低下させることが分かっています。

依存症はドーパミンによる報酬系の回路が暴走することによって起こりますが、前頭前野が衰えると抑制する力が落ちます

まず断酒をして前頭前野の働きを回復させる必要があります

人との共感力を上げて冷静にイライラの原因を考えることは前頭前野の働きをよくします

脳とドーパミンはこちら

依存症になっていく脳とドーパミンのメカニズム
この記事では脳の報酬系や悪循環の仕組み・一度依存症になるとなぜ元通りにならないのか?についてまとめました.こういった知識があると理性の力だけで依存をコントロールできないと納得しやすくなります。無駄な抵抗はやめようと思えるのでその意味ではお勧めの内容です

孤独についてはこちら

断酒を続けるための孤独・寂しさ対策
断酒継続するため、依存症の人のためのコミュニティ参加は最初のうちは特に大切です。安定してきたら、コミュニティを分散することをお勧めします。仕事+趣味+断酒などです。これをすることで、1か所失敗してもまだ他があるので、フォローが効きます
寂しくて酒を飲むと人は余計に孤独になる
寂しい時に酒を飲む人はたくさんいます。それがずっと続くといつの間にか依存になっていきます。寂しい酒に逃げるのが依存症の特徴の一つで、特に一人暮らしの女性に増えているようです。依存症になると周囲との壁がさらにでき悪循環に陥ります。同じ悩み・病気の人との共感が酒の代わりに寂しさを癒すことについて書きました。

前頭前野についてはこちら

前頭前野 - 脳科学辞典

アルコールで脳が委縮するのはこちら

アルコールが原因の脳萎縮を知ると、お酒をやめるたくなる
アルコールが原因の脳委縮の症状を画像を載せ、実際に診断された自分自身の体験も含めて書きました。なぜ委縮するのか、飲酒量との関係、反対意見、自分自身が回復するためにやった方法を書いています。

前頭前野からダメージを受けることについてはこちら

アルコールが原因で脳にあらわれる症状
脳の障害は脳委縮だけではありません。そして専門病院では高齢者の認知症治療が行われています。アルコール依存症の人は認知症が早く進むそうです。他にもウェルニッケ脳症・コルサコフ症候群、高血圧からの脳卒中、脳のどの部位に悪影響があるのかをまとめました。

脳委縮からの回復法はこちら

断酒すると脳萎縮は回復し頭が冴える
お酒を飲むと脳は萎縮します。しかし、断酒して脳を使えば、元気に働いてくれます。脳はネットワークの質と量で決まる。壊れたネットワーク。脳の可塑性とは。頭が冴えるように私が挑戦した方法もまとめました。

不安からの怒りはセロトニンが原因

アルコール依存症には不安妬みの感情を持つ人が多くいます。

不安から怒りに変わることは多くあります。

アルコール依存症にはうつ病や不安障害の人がたくさんいます

治療薬としてセロトニンを増やす作用がある抗うつ剤がよく使われます。

セロトニンが多く分泌されるとリラックスして満ち足りた感情になります

逆にセロトニンが減ると、不安を感じ前頭前野の働きが低下します

セロトニンの作用を促進する働きがあるたんぱく質をセロトニントランスポーターと言います。

セロトニントランスポーターの濃度が低い人の特徴は、真面目でおとなしく、他人を信頼しやすいタイプ

そういったタイプの人がうつ病・不安障害になりやすく、アルコール依存症の中に数多くいます

セロトニンを増やすにはリズミカルな運動日光を浴びるオキシトシンを増やすのが効果的です。

オキシトシンは人との触れ合い、特にスキンシップで多く分泌されます。

セロトニンについてはこちら。増やす方法も書かれています。

セロトニンの増加が心身に及ぼす効果 | 医療法人社団 平成医会
セロトニンは、ストレスに対して効能のある脳内物質です。セロトニンの不足は、メンタルヘルス不調の原因になることがあります。ここでは、セロトニンの分泌を促す方法をいくつか取り上げています。これらの方法は、メンタル不調を防ぐことに役立ちます。

セロトニントランスポーターについてはこちら

SERT
The 5-HTTLPR polymorphism in South African healthy populations: a global comparison
The serotonin transporter promoter length polymorphism (5-hydroxytryptamine transporter length polymorphism, 5-HTTLPR) in serotonin transporter gene has been im...

オキシトシンはこちら

オキシトシン治療で表情が豊かに?―自閉スペクトラム症の改善効果とその経時変化― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

不安障害についてはこちら

不安障害を克服するために依存症の私がしたこと
不安障害にはいろいろな症状があります。パニック障害、急に涙が出る。特に夜一人になると不安・孤独の感情に突然襲われて自分が可哀そうという自己憐憫になりお酒や自傷行為に走ることがよくあります。私の体験でアルコール依存症の不安障害に効果があると思った「同じ病気を持った他人を認める方法」についてまとめました。

妬みについてはこちら

嫉妬と独占欲と依存症の関係
この記事は「嫉妬と独占欲と依存症の関係」アルコール依存症本人が異性への独占欲が強いということを自覚している人は少ないと思います。ところが奥さん(夫)の反応は違います。うちの夫が飲んでいたころは嫉妬地獄だったという奥さんは結構多いのです

参考記事

イライラ・怒り
このページは「アルコール依存症の特徴である怒りを和らげたい」です ついイラッとしたり、子供を叱ると止まらない…そういう悩みはないでしょうか? 依存症がスリップする直接の原因は「怒り」からくることが多いようです。 アンガーマネジ...
断酒 スリップ
スリップの原因を明らかにし、防止に役立つものを集めました。自分の実体験(苦闘の8年間と断酒の9年半)や数多くの仲間の姿をもとにして書いています。


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました