不安からのイライラは女性に多い

この記事は「不安からのイライラは女性に多い」です

結論は「スキンシップ・ペット、少しでもコミュニケーションの機会を増やす」です

不安障害など、強い不安心の底にある人には特徴があります。

普段は素直でいい子なのに急に烈火のごとく怒りだすという点です

感情面で「自分はこれだけしているのにきちんと認めてもらえなかった」という時のイライラは抑えきれません。

周囲の人には「なんでイライラしているの?」と見えます

しかし、本人はイライラする理由を上手く説明できません

その中で孤独とストレスを感じ、余計にストレスを感じる悪循環に陥ります。

そういった心の中の「もやもや」は幼い時にから十分な愛情を得られなかったという不安からきていることが多いようです。

この記事では不安からの怒り対策についてまとめました。

今までも愛着障害対策を記事にして、今回も最後に載せていますが、今回はスキンシップなどの触れ合いコミュニケーションが必要な理由を書きました。

他にも症状によっては漢方薬などが効果を発揮することもあります。

女性の場合は、更年期などが原因の場合もあるので、内科、神経科、精神科の受診もお勧めします。

不安からのイライラ

不安からのイライラは女性に多いと言われます

男性でも子供のころの愛着障害の強い人にも見られると言われています

アダルトチルドレンの依存症率が高い理由の一つかもしれません

女性で多いのは、恋愛の時に相手に依存しすぎるタイプです

子供のころの、いい子にしていれば褒められる。

例えば成績がよかったり、親に従順であれば可愛がってもらえる、という「条件つきの愛情」です

親の価値観の枠組みがあって、そこから外れると愛してもらえない。

愛情形成が不十分愛着に障害があり、心に傷を負っています。

親への信頼関係が歪なので、他の人への人間観へも「いい子でなければ愛されないのでは?」という疑いがあります

慢性的な愛情不足愛情乞食状態なので人間関係でも満たされません

一人でいると「ほっとします」

しかし、一人でいることや一人でいることにも常に不安を抱いています

ですから人間関係にもなじめず恋愛相手を選ぶときにも簡単に心を開きません

心の底では愛情乞食なので、恋愛すると相手に依存するようになります

不十分だった愛着形成補うために大人になってから愛着できる捜し求め、その人に依存するようになります。

この時「恋愛体質」となり恋愛遍歴を繰り返すか、一人の相手を束縛するかに分かれますが「根っこは同じ」です

愛情を失うことの不安からのイライラ

自分が相手に求めていることに、きちんと応えてもらえなかったときには、烈火のごとく怒ります

普段は、素直で相手にとっていい子なので、その落差に相手も驚きます

「怒り」の矛先は、相手なのですが、同時に自分にも向けられます。

「飲酒」や「薬物」「過食」「自傷行為」など、自分を傷つけることで相手に復讐します

その根っこの部分には「愛情を失うことへの不安」があります。

不安からのイライラを和らげるには

スキンシップ・お喋り・団らん・ペットを飼うなどが手っ取り早く効果が上がります

理由は脳から説明できます

幼児期愛着形成(情緒的な形成)が上手くいくと「愛情ホルモン」と言われる「オキシトシン」の分泌が豊富になります。

逆にネグレクト虐待があると「愛情ホルモン不足」から人間不信になります。

肌と肌のふれ合いが、わが子を幸せにみちびく | 寺岡内科医院
先日、近畿医師会学校医会総会に出席しましたが、奈良医大の小児科の先生から感動するようなお話をいただいたので改めてご紹介させていただきましょう。自閉症、注意欠如/多動症、学習障害を併せて発達障害といいますが、学校現場では全体で7~8%もいるそうで、大学でも大きな問題となっています。

愛情不足の不安の原因の一つは「愛情ホルモン不足」ですが「オキシトシン」が不足するとイライラして、キレやすくなります

オキシトシンの分泌が豊富になれば前頭前野を発達させます。

前頭前野は脳の理性を司る部分で「感情・行動・欲望」をコントロールする働きがあります。

前頭前野の機能が衰えると「感情や欲望の赴くまま」になります

アルコールが入ると真っ先に麻痺する脳の部位が「前頭前野」です

「愛情不足の不安」が高まり「愛情ホルモン」が減少すると「前頭前野」の働きが低下して、イライラが爆発します

前頭前野についてはこちら

アルコールが原因で脳にあらわれる症状
この記事は「アルコールが原因で脳にあらわれる症状」ですアルコールは脳にダメージを与えるというのはご存じですか?脳にダメージって怖いですよね。でも具体的にどういう風にダメージを与えられるのでしょうか?私は...

参考書籍です

   

脳や心は育て・立て直せる

脳も心も育て立て直せます

とは言っても愛着障害のある人は、人とのかかわりが苦手です

スキンシップペットなどが難しい場合は、少しでもコミュニケーションの機会を増やすことだと思います。

私自身は自助グループで救われました

自助グループについてはこちら

自助グループ
このページは「アルコール依存症の自助グループ」です 目次 自助グループ自助グループのメリットとデメリットについてまとめましたAAに興味を持った方へ私の体験を書きました。断酒会での体験です自助グループの...

自助グループがハードルが高い人はTwitterオンラインでのコミュニティから始めてもいいと思います。

同じ悩みや苦しさを持つ人となら共感しあえる経験を積むことができます

自分のできるところから始めて、どこかでリアルな人間同士の関係で癒されていくのがお勧めです。

焦る必要はないと思います

長年にわたって作られた心の癖です

自助グループの人間関係でうまくいかない、カウンセラーが合わない、Twitterで嫌な思いをした。

色々あると思いますが、方法は一つではないので「これがダメならこっち」という風に試していけば自分に合った方法を見つけられると思います

じっくり時間をかけてアダルトチルドレン・毒親育ち・機能不全家族の気持ちと克服する方法についてはこちら。

毒親
このページは「毒親」です 毒親 機能不全家族で毒親に育てられたMの君の物語家族が機能していない、あるいは機能が不全な家庭に育った子供は、生きづらさを感じます。アダルトチルドレン・毒親育ちの愛情は極端なところがあり、M君の場合は...

参考記事

イライラ・怒り
このページは「アルコール依存症の特徴である怒りを和らげたい」です ついイラッとしたり、子供を叱ると止まらない…そういう悩みはないでしょうか? 依存症がスリップする直接の原因は「怒り」からくることが多いようです。 アンガーマネジ...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました