空腹は断酒の敵

この記事は「空腹は断酒の敵」です

結論は「空腹はイライラを感じやすく、疲れやすくもなるのでスリップをしやすくなります」です

お腹が空いているとお酒がおいしく感じますか?

私は飲酒が習慣になるにつれ、食事よりお酒のウエイトが高くなりました。

やがて空腹のほうがお酒は旨くなりました。

ですから逆に適度に食欲が満たされているのが断酒継続のキーポイントになったと今は強く実感しています。

私は空腹とともに断酒を妨げているものとして「疲れすぎ」と「イライラ」があると思います。

空腹にイライラ・疲れがプラスされると、断酒の敵になると思います

断酒・禁酒と同時にダイエットを始める人も結構います。

生活でも新しいチャレンジをしたくなって運動を始めるのはいいことだと思います。

ただ焦りは禁物です。

私は自分の体験から、家庭でも職場でも飲酒欲求が出たときは、無理なダイエットは避けて、空腹から逃れるのがいい方法だと思います。

できれば普段から必要以上に空腹になるのは避けたほうが無難だと思います。

アルコールに依存するタイプの人はせっかちというか、結果を早く出したくなり焦って無理をすることが多いので、ダイエットや運動の効果を上げるには焦り過ぎないことが大切ではないかと思っています。

空腹は断酒の敵という理由

空腹に疲れとイライラが重なると断酒の敵になる

私は飲酒していた頃空きっ腹にお酒を一気に流し込むような飲み方をしていました

食べずにお酒を飲むと早く回ってすぐに酔えました。

逆にお腹が満たされていると酔うのに時間がかかります。

断酒をしたくても上手くできなかった頃は「お腹がいっぱいだとお酒がまずくなるから断酒効果があるのだ」と思っていました。

しかし、お酒がまずくなるという理由だけではありません。

空腹と疲れ、イライラは強い関係があると思います。

  • 私達は空腹になると疲れます。
  • また空腹になるとイライラします。

何故か疲れすぎたり、イライラすると断酒しようと思っても「まあいいか!」と思って再飲酒していました

空腹になると怒りの原因となる神経伝達物質が分泌される

ある日脳の仕組みを知ってなるほどと納得できるようになりました。

脳神経細胞のエネルギー源はブドウ糖と酸素です

ブドウ糖が不足(低血糖)すると脳の働きが悪くなります

空腹(低血糖)になるとイライラの原因となる脳内物質(ノルアドレナリン・アドレナリン)が最初に分泌されます

ノルアドレナリンはやる気・怒り・興奮を感じさせる神経伝達物質「闘うホルモン」と言われています。

アドレナリンは筋肉を増強するので闘いという意味では有利です。

空腹になると戦闘状態になるというのは、人間が動物である以上当然だと思います

脳と酸素とブドウ糖について詳しくはこちら

脳の活動に「酸素」と「糖」はどのように関わっているのか? | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン
前回は、脳の仕組みから見た「認知症」発症のプロセスを取り上げました。今回は、脳の活動に「酸素」と「糖」がどのように関わっているのか等を見ていきます。

低血糖とノルアドレナリン・アドレナリンの分泌についてはこちら

低血糖症|血糖値の変動とその影響
マリヤ・クリニック 千葉県千葉市稲毛区 ...

ノルアドレナリン・アドレナリンについてはこちら

ノルアドレナリンとアドレナリン受容体 ~交感神経を中心に~ [ストレスと自律神経の科学]

空腹になると脳の計画通りに行動することやストレス、感情、欲望をコントロールする部分(前頭前野・前頭連合野)の働きが低下します。

ちなみにお酒を飲んで最初に麻痺するのも前頭前野です

闘うホルモンによるストレスを抑制する脳の働きが低下するので、空腹になるとイライラもコントロールできなくなります

ストレスと前頭前野についてはこちら

ストレスと脳
東邦大学理学部 生物学科の生物学の新知識です。鳥島におけるアホウドリ繁殖集団の再確立の紹介です。

血糖値が下がると前頭前野に悪影響を与えることについてはこちら。

キレる人は、なぜキレるのか? 脳科学から見る「3つの原因」 (3/3)
他人の言動に過剰反応、物に当たる、大声で怒鳴る――。すぐキレる人はなぜ、感情をコントロールできないのか。脳科学の観点から解説する。

ブドウ糖を取ると安心ホルモンが働く

疲れたときに甘いものを食べるとホッとします。

お酒を飲みたい気持ちだけではなくて、食事をとった後は幸せな気持ちになります。

糖分を摂ると気持ちが落ち着くのはセロトニンという神経伝達物質にも原因があります。

セロトニンが脳内に分泌されると精神が安定し、感情がコントロールされやすくなります

抗うつ薬でSSRIはセロトニンを増やす働きがあります。

つまり適切な食事で空腹が満たされていると「安心ホルモン」が「闘うホルモン」を抑えてくれます

私は空腹がお酒を美味しくしていた理由を脳内のイライラを増やす物質、安心させる物質からも納得できました。

空腹だと早く酔えるというのも大きな理由ですが、疲れすぎやイライラも飲酒量を加速させていた原因でした。

つまり、断酒するときは適切な食事をとることが必要だということです。

私は断酒を始めたばかりの頃は、きちんと食事をとることを心がけました。

今振り返っても、適切な食事は断酒を助けてくれたと思います

ブドウ糖とトリプトファンはこちら

脳の栄養〜ブドウ糖(砂糖)とトリプトファンを中心として〜|農畜産業振興機構
独立行政法人農畜産業振興機構は、農畜産業及びその関連産業の健全な発展と国民消費生活の安定のために価格安定業務,補助事業,情報収集提供事業を実施しています。

セロトニンとトリプトファンはこちら

心の安定――セロトニンの不思議|総合南東北病院 広報誌こんにちわ
福島県郡山市 一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院は最先端の医療を提供して行きます。がん(ガン、癌)検診・治療、PET検査、陽子線治療から脳腫瘍ガンマナイフなど。

断酒に空腹はお勧めできない

規則正しい食事は依存症の人にとっては必須

アルコール依存症のチェックをするテストに「新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」があります。

テストの質問の中に直接飲酒に関係ないものが一つあります。

「食事は1曰3回、ほぼ規則的にとっている」です

つまり規則正しい食事をとっているかどうかは依存症と高い相関関係があるとこのテストを作った機関も考えているということです

「新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」などアルコール依存症のスクリーニングテストをまとめたのはこちらです。

酒好きと依存症の違いをチェック
「アルコール依存症? まさか!」と思いながらも誰に聞けばいいかわからないのが普通です。この記事ではアルコール依存症の代表的なチェックリストである「AUDIT」「新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」「CAGE」のそれぞれの特徴をまとめました。

結論は空腹は断酒の敵

  • 空腹になるとまず闘うホルモンが分泌されてイライラしやすくなります
  • 脳の働きが低下するので、イライラを我慢できなくなります
  • 適切な食事は安心ホルモンが分泌されやすくなり、イライラを抑制するだけでなく満ち足りた気分になります

つまり空腹はイライラを感じやすく、疲れやすくもなるのでスリップをしやすくなります

参考記事

断酒
お酒をやめられなくて苦しんでいる最中ではまず「断酒」ですよね。 私も「断酒」という結果を求めてきました。 目次 断酒断酒の効果断酒の方法お酒を飲むと嫌われます断酒と禁酒の違いですスリップ防止断酒に底つきは必要です否認...


アルコール依存症ランキング


タイトルとURLをコピーしました