機能不全家族で毒親に育てられたMの君の物語

この記事は「機能不全家族で毒親に育てられたMの君の物語」です

結論は「アダルトチルドレン・毒親育ちにとって安心して心の傷を癒せる場所が必要」です。

私の断酒仲間M君の話です。

本人了解のもと、記事にさせていただきます。

ただ個人が特定されないよう話の本筋に関係しない部分大きく変更しています(彼の体験談から推測されないくらいに)。

アダルトチルドレン(Adult Children of Alcoholics:ACOA)とは、元々はアルコール依存症の親に育てられた人のことです

通常はもう少し広い意味で、子ども時代に親との関係で心の傷を負った成人を指します。

  • 親の虐待(暴力・暴言・威圧)
  • 親が子供を批判・過干渉・冷淡に接する
  • 親が見栄っ張り、世間体ばかり気にする
  • 親の価値観がお金・職業的地位・高学歴
  • 両親・嫁姑の争いが絶えない
  • 親が病弱・だらしない

こういった家庭に育った子供は、生きづらさを感じます

アダルトチルドレン・毒親育ちの愛情は極端なところがあると思います

誰にも愛情を感じない。ただ表面的には、誰に対しても親しげにふるまうのです

私から見るとM君はその典型でうつからアルコール依存症になり、自殺願望が心の底に強くあったように感じました

M君の幼少期

M君の父は旧公社で働いていて、無口で神経質。子供たちにも厳しい人だったそうです

一方実家が裕福で、ピアノの才能がありました。

当時としては珍しく、海外へ留学までしていたそうです。

お嬢様育ちということもあってか、家事や子育てには関心のないお母さんだったそうです

M君のお母さんは、近所にある実家ピアノを教えていました

そして、お父さんよりもはるかに多い収入を得ていたそうです。

「おふくろはいつも命令ばかりしていた。俺たち子どもだけでなく、親父にもお手伝いさんにも」

M君のお父さんは、黙って酒ばかり飲んでいたそうです。

お母さんを嫌いな理由

M君はお母さんを嫌いでした

彼は昭和35年生まれですが、その世代で男の子がピアノを無理やり習わされるというのは、かなりきつかったそうです。

当時の男の子の間では、野球人気が全盛でした

今のように価値観が多様化していませんでしたから、M君がつらかったのは分かります

ピアノなんか嫌だ!!友達と野球をしたい

M君のお父さんは、酒を飲んでも暴れたりすることはありませんでした

しかし神経質潔癖だったそうです。

いったん小言が始まると気が遠くなるほど続き止めることがなかったそうです。

今思えば親父はいびり酒だったな

M君はピアノに忙しくて、友人もいませんでした

お手伝いさんも、お母さんが口うるさいので、すぐにやめてしまうような状態でした。

M君は子供のころから、親にも祖父母にも素直で従順だったと言っていました

お父さんの死

ところがM君が中学3年生の時、お父さんが亡くなりました。自殺でした

以降M君は、はっきりとお母さんを憎むようになりました

やがてシンナーに手を出すようになりました

もっともM君は、物心ついたころからお母さんを嫌っていたと言います。

俺は偉そうなおふくろが嫌いだった。でも小心者で口うるさい親父も嫌いだった

お母さんは偉そう、お父さんは小心者で口うるさい。つらいね。

M君とお酒

M君は高校卒業後、実家を出て一人暮らしを始めます。

仕事はまじめにするのですが、転職を繰り返します

酒を飲むようになったのは、一人で暮らすようになってからです。

俺の酒は明るく陽気で皆に好かれていたよ

何人かの女性と同棲を繰り返しましたが、仕事と同様続きませんでした

30才を過ぎたころから、膵臓をやられ、肝臓をやられ入退院を繰り返しました

40才頃には、アルコール専門病院の入退院を繰り返すようになりました

感情を押し殺して無理に作っている

私はM君と同じ病院に入院していました。

M君は何度も入院していて経験豊富だったので頼りになりました

断酒を始めたのも同じころだったので、退院しても連絡は取り合っていました。

M君は人当たりが良くて、誰とでもそつなく付き合うタイプです。

私はいつもにこにこしているM君を羨ましいなと思っていたのです

M君はいつも冷静臨機応変なところがありました。

入院中は時々患者同士がけんかをするのですが、彼は状況が悪くても取り乱したりはしませんでした

しかし付き合いが長くなると、一見にこやかに見える彼の表情は、実は感情を押し殺して無理に作っているように見えてきました。

俺は何をしても無駄だと思うことが多い。目立たないのが一番

お母さんの死

M君のお母さんが、数年前に亡くなりました

お母さんはお父さんが自殺して、その後祖父母が相次いで亡くなってから、仕事もうまくいかず経済的に困窮していたそうです

M君もお母さんも、福祉のお世話にならなければ、生活ができなくなっていたのです。

M君はお母さんから「一緒に暮らしてほしい」と言われていたけれど、断っていたそうです

M君はお母さんに、終始冷ややかな態度をとっていました。

私もM君がお母さんのことを吐き捨てるように毒づく話を、聞いたことがあります

お母さんが亡くなった時、M君は周囲の人に何と言ったか?

お母さんは若いころ、美しくて有能で子供たちの自慢の母でした

やがて彼は再び酒に手をつけました。そして入院

ところが病院を脱走してしまい、いったんは行方不明になりました。

その後同じ病院で入院して、先に退院した人のところへ行っています。

彼は人に好かれるというか、憎めないタイプです。かくまってくれる人がいます

私が思うこと

私自身父の飲酒が嫌で、長い間父を憎んでいました

M君も私もアダルトチルドレン・毒親育ちです

しかしM君はお父さんにもお母さんにもおじいさんおばあさんにも心を許せなかったと言っていました。

誰かに甘えた記憶がない

M君はそう言っていました。

私から見てもM君の心はかなり「複雑骨折」しているように見えたのです

誰にも愛情を感じない

冒頭でも書きましたが、アダルトチルドレン・毒親育ちの愛情は極端なところがあると思います。

誰にも愛情を感じない。ただ表面的には、誰に対しても親しげにふるまうのです。

「誰にも愛情を感じない」「誰に対しても親しげにふるまう」タイプのアダルトチルドレンは愛情の継続が難しいようです

また行き過ぎた素直さ過度の従順

親や目上の人に対して素直すぎる良い子の振る舞いの底には、親に対する敵意や嫉み・憎しみなどがあると思います

私自身はM君とこの点では似ているなと以前からずっと思っていました

そして怖いなと思ったのが、M君がお母さんの死に接したときの気持ちです。

お母さんは若いころ、美しくて有能で子供たちの自慢の母だった

そう語ったM君は何を守りたかったのでしょうか? いや、 何を失うことが怖かったのでしょうか?

M君はお母さんの期待にも、お父さんの期待にも応えられなかったことに対して苦しんでいました

M君は自助グループで両親の体験を語るとき、両親への不満や攻撃を口にしました。

しかし、同時に自分のことをとても強く責めていました

親を否定しているのに、親に認められない俺は「ダメ人間」

アダルトチルドレン・毒親育ちには、他人に対して感情を閉ざしている人が多いと思います。

ただ私は自助グループで、同じように感情を閉ざしがちな人たちとは、かなり深い話ができるようになりました

自助グループでなくてもカウンセリングでもよいと思います。

アダルトチルドレンにとって安心して傷を癒せる場所が増えればいいなと思います

参考記事

克服方法はこちら

生きづらさを抱える毒親育ちの私がやった3つのこと
この記事は「生きづらさを抱える毒親育ちの私がやった3つのこと」です結論は「休む⇒共感体験⇒一歩を踏み出す」です漠然とした生きづらさを抱えていませんか?もしその原因が子供のころの親との関係に...
断り方が上手くなると回復は加速する
この記事は「断り方が上手くなると回復は加速する」です結論は「アルコール依存症・アダルトチルドレンは魔法の言葉「ありがとう」で上手に断り、人間関係を良くして回復を目指す」「NO」をうまく言えてますか?...

AC・機能不全家族についてもっと知りたい方はこちら

機能不全家族の回復は生きづらさの正体を知ることから
この記事は「機能不全家族の回復は生きづらさの正体を知ることから」です人間関係で責任を果たせないと悩む、自己中心的と見られる、かたくなさ、人を責める、自分を責める…こういった状態で「うまく行かないな」と感じたことがあります...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました