断酒一週間で起こることさらに継続するために知っておきたいヒント

この記事は「断酒一週間で起こることさらに継続するために知っておきたいヒント」です

アルコールをやめたいですか?

また禁酒1週間を迎えたけどなんだか体調がおかしい。自分はどこかおかしいんじゃないか?

断酒にいつも失敗しているので何とか1週間を突破したい!

そういう方に向けて「断酒の経過」を中心に、この記事を書きました。

  • 飲酒をやめるには動機が大切
  • 1週間までの効果・体調や気持ちの変化。具体的には肝臓・血圧の数値・体重など
  • それぞれの場面での失敗しやすいポイント
  • 最後にさらに断酒・禁酒を継続するヒントをまとめました

断酒・禁酒のきっかけは色々だろうと思います。

断酒を成功させるには、いつまでにどういった状態になり、効果が表れるかということを大まかに知っておくことは必要です。

断酒をしているのに、頭がぼーっとすると不安になります。

イライラやうつな気分、倦怠感、手の震えはいつまで続くのか?

お腹がすき、甘いものを食べたくなってきたが、大丈夫なのか?

私の体験とその間知り合った多くの仲間の姿から経験値を総動員して記事にまとめました

書き切れない部分についてはそれぞれ過去に書いた記事のリンクを張りましたので、参考にしていただければ幸いです

飲酒をやめようと決心するのを底つきと言います

飲酒をやめようと思うようになるには、きっかけがあります

きっかけはそれぞれで「しばらく禁酒する必要があって飲まない」「自分はそれほどひどい飲み方ではないけど、試しに」と思う人もいます。

一方「もうやめなければいけない」。

あるいは何度も断酒しようと思いながら失敗を繰り返し「今度こそ」という人もいます

病院に入院して「仕方なく禁酒状態」という人もいます。

アルコール依存症の場合は、本人が「もうこのままではだめだ。飲んでいるわけにはいかない」と思うことを「底つき」「底つき体験」と言います

いずれにしても色んなきっかけがあって禁酒・断酒をしようとします。

アルコールを飲み続けてきた人にとって「大事な楽しみ」を手放すわけですから大変なのはみな同じです

底つきの説明はこちら

断酒に底つきは必要
このページは「断酒に底つきは必要」です 目次 底つき底つきとは何か? 早く体験するには? についてのヒントです私自身の直接の底つき体験です私が底つきをするまでの体験談です断酒継続は無力から始まります...

断酒と禁酒の違いはこちら

断酒と禁酒の違いとは?
断酒・禁酒・ 節酒の言葉の意味の違いと効果の違い、方法の違い、処方薬の説明も医療機関のブログや本から引用とアルコール依存症である自分の体験(特にアルコール専門病院での入院体験)からまとめて書きました。

断酒・禁酒の効果

断酒・禁酒開始

私は数えきれないくらい断酒に失敗したので、断酒初日も数えきれません

しかし「0と1」では大違いです

順調に初日を迎えられることもありましたが「やっぱり明日からやめよう」と思うことのほうが多くありました

スタートを一度でも経験できたというのはこれからの断酒・禁酒生活の扉が開くことを意味します

  • 順調な時はイライラや不安が小さい時です。
  • あとは吐き気や食欲不振・頭痛が軽い場合も順調です。

一方調子が悪い時は集中力がなく、やる気が出てきません

  • 血圧が高くなり、脈拍も安定しません。
  • 寝汗もかくことが多いです。
  • 離脱症状が強い時は起きていても「ネットリとした汗」が出ます。
  • 手の震えも離脱症状の一つです。

初日を順調に迎えられるかどうかは夜眠れるかどうかだと思います

アルコールが抜けて24時間前後で「早期離脱」の山が来ます。

前夜にどれくらい飲んでいたかによりますが「断酒・禁酒1日目から2日目の山」は眠れるかどうかと離脱症状がどの程度かによると思います

まとめ

  • 「0と1」では大きく違う。
  • 断酒・禁酒の初日は体調が安定して突破できる場合と苦しくてもう飲めない場合がある。
  • アルコールなしで眠れるかどうかがカギ。

連続飲酒・寝汗・離脱症状はこちら

離脱症状
このページ「離脱症状」です 目次 離脱症状具体的な離脱症状1|寝汗具体的な離脱症状2|不眠 離脱症状 アルコール依存症に最も特徴的な症状は離脱症状です 以下の記事で代表的...

早期離脱についてはこちら

アルコール離脱せん妄〜分類(大離脱, 小離脱), 飲酒量, 起きてしまった時の治療, 予防〜
アルコール多飲者が入院した時考えるアルコール離脱せん妄. いざ起きてしまった時, どのように対応するのでしょうか. この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただ

アルコールが抜ける時間についてはこちら

アルコールが抜ける時間を知って運転したい
この記事は「アルコールが抜ける時間を知って運転したい」ですアルコール飲料を飲むとどれくらいで抜けるかご存じですか?おそらくこのことが最も気になるのはドライバーだと思います。ビールをジョッキ1杯だけ飲んで2時間後に「もう大...

不眠についてはこちら

不眠は断酒を妨げる疲れ
このページは「不眠は断酒を妨げる疲れ」です 不眠は断酒を妨げる疲れ アルコール依存症の不眠は辛いアルコール依存症の場合、眠れない夜にお酒に手が出た結果ひどい飲み方になった人が多いです。睡眠に完璧を求めない。再飲酒より眠れない...

断酒・禁酒3日目

順調な場合

順調な場合は、朝の気分がよくなります

アルコールなしでいきなりぐっすり眠れる人は少ないのですが、飲んでいた頃と比べると朝はすがすがしい気分がします

  • コーヒー・お茶・ジュースなどがおいしく感じられます。
  • 炭酸飲料が無性に飲みたくなることもよくありました。
  • 身体も軽く感じられます。
  • タバコを吸っている人からは「無性に吸いたくなる」とよく聞きます。

断酒・禁酒が順調な場合3日目くらいになると「お酒を飲んでもいいことなんか一つもない」「断酒してる自分はかっこいい」と思えたりしました

  • 大量に汗をかいた人は、自分の体臭が気になり始めます。
  • 外出すると風景が美しく感激することもあります。

断酒・禁酒3日目の注意点

そして「順調かな」と思ったりしますが、魔がさすように「飲みたい病」に襲われてあっさり撃沈しやすい頃でもあります

また急に飲酒欲求がやってきて、あっさりアルコールに手が伸びることもあります

特に「アルコールを飲まないと時間がたつのが遅い」と感じる人は多いようです

朝早く目が覚めてしまう場合は特に一日が長いです。

断酒・禁酒3日前後で失敗するケースはとても多くあります。

離脱症状がひどい場合

そして体調が悪いまま断酒・禁酒の初日を超えた人には本格的な離脱症状がやってくることがあります

幻聴や幻覚もアルコールが抜けた翌日から出ることもありますが、3日くらいで2度目のピークが来ます。

私も幻覚や幻聴・悪夢に襲われました

これを「後期離脱」と言います。

私がアルコール専門病院に入院していた頃、隣のベッドの患者さんが突如けいれんを起こして舌を噛み血まみれになりました

あるいは急に興奮して暴れだして「特別室」でしばらく過ごす人もいました

また「自分が誰なのか」わからなくなり、別の精神病棟へ移った患者さんもいました

2週間くらいで戻ってきましたが、その間の記憶がないと言っていました。

3日~1週間くらいまでは幻覚・幻聴・見当識障害が現れることがよくあります。

入院中なら病院スタッフがケアしてくれますが、自宅の場合大変です。

私も自宅で連続飲酒に入ったときは、気がついたら数日が経過していた頃がありました

こちらにアルコール専門病院の入院生活が書いています。

アルコール専門病院の入院期間が3か月という理由
入院期間はアルコール専門病院の場合は2か月半から3か月くらいが多いです。この記事ではアルコール専門病院の入院治療に3か月弱必要な理由と「そもそも入院は強制なのか?」ということについてまとめました。

こちらのマンガには詳細に描かれています。

吾妻ひでお 失踪日記2 アル中病棟
この記事は「吾妻ひでお 失踪日記2 アル中病棟」です吾妻ひでおさんは2019年(令和元年)10月13日亡くなられました。「失踪日記2 アル中病棟」は2013/10/6に発売されたコミックスです6年以...

断酒・禁酒一週間目

断酒・禁酒3日目も達成感はありますが、一週間を迎えた時の達成感はひとしおです

平日も休日も一通り乗り切りました。これも小さな自信になります

アルコールのことを考える時間もうんと減ってきます

断酒・禁酒1週間で肝臓・血圧などの数値は良くなる

時には、断酒後の体調の悪さと違う不調を感じる場合もありました

その場合隠れていた病気・不調が身体に現れる人とメンタルで現れる人がいるようです

肝臓・数値や血圧の数値などは、アルコールが原因の場合は下がり始めているはずです。

特にγーGTPは1週間あれば半分くらいになる人が多いようです。

さらに1週間あればそこからまた半分という風に「半減期」という減り方が一般的です。

体重については人それぞれです。

ダイエット目的の場合はうまくいく可能性は高いと思います。

減らすための方法・考え方はこちらにまとめました

断酒して体重15kg減になった私の考え方 
私は断酒した後少し体重が増えてのですが断酒1年くらいしてから毎年2kgコンスタントに減り15kg減になりました。断酒後のダイエットは酒にハマった原因である脳の報酬系を知って実践するのと、がむしゃらにダイエットやトレーニングをするのとでは結果は全く違ってきます

アルコールが抜けて1週間目は心身ともにターニングポイントなのかもしれません。

ここで断酒・禁酒の1週間が継続できる場合とできない場合は、最初の「底つき」「飲酒をやめる動機」の違いではないかと思います

注意点としてさらに継続できるかどうかも同じく飲酒をやめたい動機の強さ次第のところがあると思います。

アルコールを1週間やめると体調はかなり良くなります。頭もすっきりしてきます。

ですから動機が弱いと「目的達成」「飲んでもまたやめればいいや」という気持ちになりがちです

離脱症状がひどかった人も1週間あればほとんどの場合は一段落します。

その場合は、順調な場合の3日目あたりの心境に近いと思います。

肝臓の数値がよくなるのはこちら

γ-GTP100? 200?1000? 飲みすぎの肝臓数値
γ-GTPだけで肝機能を診断することは不可能ですが、アルコールの飲み過ぎが原因の場合ならお酒をやめれば下がります。効果がある食事やサプリメント、運動もありますが、お酒を飲まないことが前提です。γ-GTPの基準値やどういう状態になるのかを私の体験から まとめました。 

さらに継続するには

先ほども書きましたが継続するには「断酒・禁酒への動機」が大きく関係してくると思います

アルコールが抜けて体調がよくなると最初の断酒の動機が薄れてきます

お勧めの一つは体を動かすことです

有酸素運動や筋トレがいいと思いますが、散歩でもいいと思います。

理由は断酒・禁酒の効果を実感できるからです

同じように断酒日数をカウントするのもモチベーションが上がります

私の経験上特に効果的なのは「飲んだつもり貯金」です

他にもいろいろな方法があると思いますが、具体的に達成感を味わうには「はっきりと目に見えるものを確認する・数える」ほうが断酒・禁酒の初期には有効です

最後に最も効果が期待できる方法の紹介です

断酒・禁酒をしている人の体験談を聞く・読むのはとても効果があります

色々な人のパターン・ケースを知れば知るほど自分に合った方法が見つかります

知らないうちにモチベーションも高まります


アルコール依存症ランキング

1週間以降の効果について書いています

断酒9年半を振り返って感じる断酒の効果ベスト8
断酒したらどんないいことがあると思いますか?私は「断酒はメリットしかない」と言いたいです。私自身の体験で効果が早く出たことから順番に8つ(肝臓・血圧・肌(若く見られる)・お金・ダイエット・脳・人間関係・時間)書きました。
断酒 効果
このページは「断酒の効果」です 断酒の効果、メリットが「いつから?」━「1週間」「1年」などの「期間」から。 「肝臓」「血圧」「脳」など症状から。 「ダイエット」「肌」「むくみ」など具体的に私や断酒仲間たちの体験をもとにまとめ...
断酒
お酒をやめられなくて苦しんでいる最中ではまず「断酒」ですよね。 私も「断酒」という結果を求めてきました。 目次 断酒断酒の効果断酒の方法お酒を飲むと嫌われます断酒と禁酒の違いですスリップ防止断酒に底つきは必要です否認...
タイトルとURLをコピーしました