「マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)」

この記事は「マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)」です

マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物) (ヤングキングコミックス) は2016/7/11に発売されました。

マンガで分かる心療内科(作画:ソウ 『ヤングキング:少年画報社』 )はシリーズで 2010年から連載がスタートし、現在単行本既刊17巻(通巻)+6巻(番外)です。

ギャグ漫画で分かりやすいのですが、書かれている内容は現役の医師がシナリオを書いているだけに教科書的な入門書です

読みやすさと裏腹に依存症だけでなく、メンタルで悩みのある方にとって知っておきたいことがぎっしり詰まっています

そういう意味で一度は読んでおきたいマンガです

ゆうメンタルクリニックは「上野院」「新宿院」「渋谷院」「秋葉原院」「池袋院」「銀座新橋院」「品川院(12月開院)」と沢山あるので通院経験のある方も多いと思います。

わずか10年少しの間で都内のターミナル駅近くに6クリニックを展開しています。

スタッフが親切で通院しやすいことでも有名なクリニックです

普通心療内科は予約制で下手をすると1か月2か月と待たなければいけない場合もあります。

ところがゆうメンタルクリニックはすぐ診てもらえるということでも評判です。

無料で読める著者自身が運営するサイトもあり、この記事にも載せていますので是非読んでいただきたいと思います

シリーズにはアドラー心理学に関する著作もあります。

作品の概要

まず依存症が「否認の病」であること。今依存症と診断されていなくても「依存は気づかない間にどんどん重くなる病気」を説明しています

そして依存かどうかの判断は「客観的に必要であれば問題なし」「必要でもないのにハマっているのが依存」と書いています。

それでも認めないなら「自分の子供が同じことをしたら応援しますか?」「今すぐ1週間でもいいからやめてみてください」と説得力のあるフレーズが出てきます

ひょっとしたら医師としてのキャリアから出た言葉かもしれません。

ゆうメンタルクリニックより引用

アレン・カーの「禁酒セラピー」から「依存は食虫植物と同じである」という言葉を引用して酒をやめるならできるだけ早いほうがいいということを述べています

年に一度しかお酒を飲まない人でも「それは食虫植物の入り口にいるというだけ」と厳しい意見です。

実際に私自身の経験でも、私の断酒仲間たちの経験からでも「やめたほうがいいかな」と気づいたときにはもう難しくなっているというのは言えると思います。

「ビール1杯」でも苦しくなる人は大勢います。そういう人でも長い年月をかければ少しずつ飲めるようになります

平均寿命がどこまで伸びるかはわかりませんが、高齢者で定年後にアルコール依存症になる人が増えていることから考えると「依存をコントロールできる人はいない」というのは極論とは言えないかもしれません。

ゆうメンタルクリニックより引用

そして「ドパ美」というキャラクターを登場させて「ドーパミンと依存症」の関係を説明しています

「嗜癖でストレスを解消しているのではなく、嗜癖がストレスを生んでいる」ということを「マッチポンプ」という比喩で説明しています。

マッチポンプは「自分でマッチを使い火をつけておいて、自分でポンプを使って水を掛けて消す」という意味です。

つまり自分で酒を飲んで依存症になります。そして酒が切れるとイライラなどのストレスが出ます。

苦しいので酒を飲んでイライラ・ストレスを消します。ところが依存症という病気は必ずまた次の火種を落としていきます。

そうやって自分で種をまき、酒を使って消し続け、どんどん依存症がひどくなるということです

お酒で解消できると思っているストレスは本当はお酒への依存が生み出している。

そしてお酒への依存が次のストレスを生んでいるという厳粛な事実があります。

私の経験からも、お酒でストレスを解消できるというのは錯覚だと思います

ゆうメンタルクリニックより引用

依存症が進行していくとドーパミンの分泌が低下していきます。

お酒に耐性ができるだけでなく、お酒以外のことに楽しみや喜びを感じられなくなります

これを「失楽園仮説」と名づけた医師がいました。

ドーパミンは苦痛を和らげますが、同時に苦痛やストレスに弱くなっていきます。

またお酒をやめられないのは意志や精神力と関係ありません

これは断酒を長く続けている人を見ればわかります。

飲まなくなった後・生きづらさが和らいだ後の人生では、本人の「もともとあった性格」が出てくるので、依存症には意志が強い人も弱い人もいます

つまり依存症への知識が増えてくると「わかっちゃいるけどやめられない」は嘘で「正しい知識を持っていないだけ」ということが分かってくると思います。

ゆうメンタルクリニックより引用

「節酒より断酒のほうが楽」ということを色々な例えで説明しています

「イネイブラー」「距離を取る」「家族のせい・家族の責任ではない」「具体的に話す」など家族が陥りやすい罠についても詳しく書かれています

この本を読めば「とりあえず一日やめてみようかな」「依存していない本当の自分ってどんな風だったっけ」と断酒のモチベーションが上がるのは間違いないと思います

ゆうメンタルクリニックより引用

(本)(Kin)

(単行本)

(電子書籍版)

著者紹介

ゆうき ゆうプロフィール
「マンガで分かる心療内科」「ゆうメンタルクリニック」で有名なゆうきゆうさんのプロフィールです。短眠や脱毛でもよく知られています。作品を紹介したブログ記事のリンクも最後に貼りました。   

著者インタビュー

ゆうき ゆうインタビュー・動画
ゆうき ゆうさんのマンガ、クリニックでの精神科医としての仕事、セクシー心理学などの秘訣が分かるインタビュー・動画を集めました。

この本をお勧めしたい人

  • お酒やたばこが好きな人。
  • お酒やたばこをやめたくてもやめられない人。
  • 依存症という自覚のある人。
  • 断酒・禁酒の入門書を探している人。
  • 依存の仕組みを基礎から理解したい人。

この本が向かない人

  • 意志でやめられると信じ込んでいる人。
  • 依存症は根性がないだけと信じ込んでいる人。
  • 本なんかでやめられるはずがないと思っている人。
  • 漫画としてのクオリティを求めている人。

無料でこちらから作品の一部を読むことができます

マンガで分かる心療内科 | 【上野心療内科・精神科】ゆうメンタルクリニック上野院(駅0分)
マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)- 漫画・無料試し読みなら、電子書籍ストア BookLive!
【試し読み無料】飲酒、喫煙、ネットに薬物…誰しもがいつの間にかなっている依存症とは何か?そして依存症を克服するにはどうしたらいいかをマンガ分かる心療内科シリーズのゆうきゆう&ソウコンビがわかりやすく解説!深刻な依存症も解決できる1冊です!
マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)(試し読み有り)|無料漫画ならマンガBANG!
マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)|飲酒、喫煙、ネットに薬物…誰しもがいつの間にかなっている依存症とは何か?そして依存症を克服するにはどうしたらいいかをマンガ分かる心療内科シリーズのゆうきゆう&ソウコンビがわかりやすく解説!深刻な依存症も解決できる1冊です!}

著者の関連作品

参考記事

マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル)
マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル) (ヤングキングコミックス) は2016/11/28に発売されました。ゆうきゆう&ソウコンビがわかりやすくマンガにしています。この記事では無料でこのコミックの一部を読むことができるサイトのリンクも貼っています。
書籍・マンガ

このページは依存症・毒親・機能不全家族・アダルトチルドレンなどに関係があると管理者が考えた作品の中で素晴らしい作品を紹介しています。


アルコール依存症ランキング


タイトルとURLをコピーしました