アル中ワンダーランド アルコール依存症の人が読みたいマンガ

この記事は「アル中ワンダーランド アルコール依存症の人が読みたいマンガ」です

アル中ワンダーランド」は著者のまんしゅうきつこ(現在はまんきつ)さん自身のアル中体験を元にしたエッセイ漫画です。

女性の何気ない日常生活で著者がお酒が原因でダメになっていく様子や、人との微妙なズレ・ネガティブ感情がアルコール依存症へと進ませていく心の中の風景が描かれています。

私は最初この作品を見たとき正直言って「絵が苦手だ」と思いました。

しかし、著者のまんきつさんは正直に恥を晒しています

しかも笑いに昇華しています。

それがこの作品の長所だと思います。

発売が2015年4月なのですが、内容が内容なので古さは感じません

作品の概要

Womantypeより引用

本人は笑って楽しんでほしいと思って描いたそうですが、飲んでいた頃はしんどかったそうです。

私がお酒にはまったワケ」とマンガブログを始めたことがきっかけで飲酒は酷くなりました。

マン臭きつ子」というペンネームも反響が大きくて仕事は増えます身内から苦情を受け「まんしゅうきつこ」とひらがな表記に変更します。

ブログのネタがない

私の生真面目さが邪魔をしている

ぶっ壊れろ、と思いお酒を飲みます

最初は気分転換のはずがはまってしまいます。

記憶は無くすものの「お酒を飲めば今を乗り越えられる。そう思った」と飲酒地獄はまります

Woman typeより引用

インタビューでは当時の心境を語っています。

「もう書きたくないし、辞めちゃおうとも思ったんですけど、すでに書籍化の話が決まっていました。それに、ひどいコメントを送ってくる人たちをギャフンと言わせるためにも、「書き続けなければ」って思ったんです。ああいう人達って心を折って筆を折らせることが目的なので、ひどい反響があればあるほど、絶対に続けてやろうって思った。

そこに立ち向かうために、飲み始めたのがお酒です。お酒を飲んで、全員ぶっ殺してやろうと思っていました。書いたやつ一人一人を待ち伏せしてやろうとか、家に押しかけて火つけてやろうとか考えていて、「私が刑務所に入ったらごめんね」って母にも伝えていました。実際にはやらなかったけど、まぁ、そういう妄想をする時期ってみんなありますよね……(笑)?Woman typeより引用

その後はトークイベントおっぱいを出す醜態出版社の新年会では社長のスピーチの最中にベタな合いの手を入れ続けるなど失敗続き

いつも「気がつけば朝」とブラックアウトの常習化。

近所の人には「キチ〇イ」呼ばわりをされます。

1日中お酒を飲むようになり酩酊状態習慣となります。

水代わりに酒を飲む

目的もなく適当な駅で下車し、ベンチに座り電車を乗り降りする乗客をただ眺める

そして自分の葬儀の様子を妄想微笑みます。

みりん消毒用のアルコールも飲みます。

Womantypeより引用

やがて夫と離れ実家に戻り依存症の治療を受け始めます。

アルコール依存症と診断されながらも「完全に誤審だな」と思います。

しかし薬を飲み続けやがて断酒会に繋がります。

「私は完全にお酒をやめた」

「いろんな人に迷惑かけたなぁ。みんなへの恩返しのためにもこれから頑張るぞ」

「それから人生長楽しもう、あたしの人生。まだ39だしなんだってできる」

作品の最後に中川淳一郎氏・小田嶋隆しとの鼎談が掲載されています。

私の感想

私の感想としては「アル中」あるあるですね。

しかもなるべくしてなった依存症お酒に近づいてはいけない典型的なタイプに見えます。

今断酒継続に励んでいる人はうなずく箇所が至るところにあると思います。

またこの漫画を読んで思い当たる節があれば「お酒を飲んではいけない人」ということになると思います。

酔っておっぱいを出したことも自分で不細工だと思っている方(左)わざわざ出すところは自虐的な依存症の人でなければ理解しがたい感覚だと思います。

著者紹介

「まんきつ」さんは1975年2月2日生まれ。日本大学芸術学部卒業です。

この作品発売時は「まんしゅうきつこ」でしたが、2019年2月に筆名を「まんきつ」に改名しました。

江川達也氏のアシスタントを1年間勤め『東京大学物語』の背景などを担当した経験があります。

その後OLから結婚を経て、ブログ『まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど』を2012年5月に開設して話題になります。

オリモノわんだーらんど
過去の面白かったこと   ツイッター@kitsukomz LINEクリエイターズスタンプ 

Twitter

この本をお勧めしたい人

  • アルコール依存症の人。
  • 大酒飲みの人。
  • 普段飲まないけど飲んだら記憶をなくす人。
  • 女性の依存症・メンタル疾患で悩んでいる人。
  • 作者のファン。

この本が向かない人

  • アルコール依存症に理解がない人。
  • アルコール依存症はこういう風にしなければ回復しないと思っている人。
  • 著者の絵が嫌いな人。
  • アルコール依存症の本格的な内容を期待している人。

(単行本)             (Kindle)

こちらから作品の一部を読むことができます(無料)

アル中ワンダーランド(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア
アル中ワンダーランド 1巻|ブログ『オリモノわんだーらんど』で注目を集めた漫画家まんしゅうきつこは、その陰で酒浸りの日々を送り、気づけばアル中に……。可笑しくも切ないアル中の日常を漫画化!
アル中ワンダーランド - 漫画無料試し読み | BookLive!コミック
ブログ『オリモノわんだーらんど』で注目を集めた漫画家まんしゅうきつこは、その陰で酒浸りの日々を送り、気づけばアル中に……。可笑しくも切ないアル中の日常を漫画化!
アル中ワンダーランド | 無料・試し読みなら!Amebaマンガ (旧 読書のお時間です)
【無料・試し読みあり】ブログ『オリモノわんだーらんど』で注目を集めた漫画家まんしゅうきつこは、その陰で酒浸りの日々を送り、気づけばアル中に……。可笑しくも切ないアル中の日常を漫画化! | 映画化・実写化・アニメ化で話題のマンガ、人気漫画など、毎日無料で楽しめる作品を配信中。Amebaマンガ (旧 読書のお時間です)

著者インタビュー

壮絶体験記がヒット中! まんしゅうきつこインタビュー「私は“アル中ギャグ”をやりたかったんです」 | ガジェット通信 GetNews
壮絶体験記がヒット中! まんしゅうきつこインタビュー「私は“アル中ギャグ”をやりたかったんです」
「落ち込んだときは、サウナでラリってムエタイで強くなれ」元アル中、まんしゅうきつこがお酒の代わりに見つけた逃げ場 - Woman type[ウーマンタイプ]|女の転職type
かつてアルコール中毒に苦しんだ、漫画家のまんしゅうきつこさん。お酒を飲み始めた最初のきっかけはストレス。飲酒量はどんどん増え、幻覚や被害妄想、記憶障害と、症状は悪化。今ではすっかり負のオーラも消え、笑顔も穏やかだが、どん底の時期からどう立ち直ったのだろう。今では「お酒は完全に断った」という彼女が新しく見つけた癒しの場と...
まんしゅうきつこさん(4)つらい体験笑いに変える 人と自分を励ます創作 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)
アルコール依存症体験漫画がヒット中の漫画家まんしゅうきつこさん 画像の拡大 『アル中ワンダーランド』を見せながら語るまんしゅうきつこさん  治療に入る直前、映画コラムの仕事をしている週刊誌の担当編集者、高石智一さんと一緒に飲みながら、「私、

著者の関連作品

(単行本)(Kindle)(単行本)(Kindle)(単行本)(Kindle)(単行本)

他にもこんな作品を紹介しています。

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。依存症・ACが読みたいマンガ
この記事は「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。依存症・ACが読みたいマンガ」ですこの本は2018年07月07日に発売されたのですでに読んでいる方は多いと思います。発売当初は「Twitterで累計50万以上リツ...
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ AC・摂食障害の人が読みたいマンガ
この記事は「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」です3年以上前の作品なので知ってる人には「何をいまさら」ですが知らない人もいるのではないか思います。最初に断っておきますが風俗のレポートではありません。親との葛藤...
失踪日記2 アル中病棟|アルコール依存症の人が読みたいマンガ
この記事は「失踪日記2 アル中病棟|アルコール依存症の人が読みたいマンガ 」です吾妻ひでおさんが亡くなられました。心からお悔やみ申し上げます。「失踪日記2 アル中病棟」は2013/10/6に発売されたコミックスです。...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました