アルコールが抜ける時間を知って運転したい

この記事は「アルコールが抜ける時間を知って運転したい」です

アルコール飲料を飲むとどれくらい抜けるかご存じですか?

おそらくこのことが最も気になるのはドライバーだと思います。

ビールをジョッキ1杯だけ飲んで2時間後に「もう大丈夫だ」と言って運転して帰る人もいます。

最近はアルコールチェッカーを使う人もいます

しかし大まかにアルコールが抜ける時間を知っておくことは役に立ちます

そしてどれくらいで飲酒運転になるのか飲酒運転の罰則等も知っておくことで様々なトラブルを回避できます。

最後はアルコール依存症になっている人は断酒していない限り運転すべきではないと思う私の根拠も書きました。

私自身も過去については反省するばかりです。

こういったことを改めて確認して断酒のモチベーションにしていただければ幸いです。

アルコールの分解(消失)速度を計算する

アルコールの分解(消失)速度個人差があります。

ただ一般的によく用いられている計算法があります。

酔いの程度血中アルコール濃度で調べる方法です。

飲酒して吸収されたアルコールが血中に移行した状態の濃度血中アルコール濃度と言います。

下記の「内閣府」の資料を基に算出します

内閣府

① 身体が1時間に分解できるアルコール量を計算

体重(kg) × 0.1 = 1時間に分解できるアルコール量(g)

僕は体重60kgなので、1時間で分解できるアルコール量は6g

私は体重50kgだから5gです

アルコールの処理能力体重によって異なります。

個人差はありますが体重が重い人血液量が多くなります

言い換えれば同じ量のお酒を飲んでも体重の重い人(血液が多い人)ほど血中アルコール濃度低くなります。

日本人成人の血液量は個人差はありますが平均的には体重1kgにつき約80mLあると言われています

② 飲んだ純アルコールの量を計算

[ アルコール度数 ÷ 100 ] x 量(ml)× 0.8(アルコール比重) = 純アルコール量(g)

比重はある物質の密度(単位体積当たり質量)と基準となる標準物質の密度との比です。

アルコールのような液体4℃の水基準にします。

アルコール比重はエタノール0.792g0.8gとして設定します。

ビールロング缶1本(500mL)・5%なら20g

ワイン 1杯120 ml・12%なら12g

焼酎1合180 ml・35%なら約50g

日本酒 1合180 ml・15%なら約22g

こちらから簡単に計算できます。

健康

計算

③ 飲酒量からアルコールが抜ける時間を計算する

②の純アルコール量 ÷ ①の1時間に消化できる量 = 飲んだアルコールの分解(消失)時間

体重60kgで焼酎1合180 ml・35%の純アルコール量約50gだから8.4時間かぁ

私は体重50kgワイン2杯で4.8時間

シムレーション

eヘルスネット

飲酒運転

道路交通法では飲酒運転は「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2種類に分類しています。

酒酔い運転

酒酔い運転はアルコール濃度の検知値には関係なくアルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態」です。

直線の上を歩かせてふらつくかどうか

視覚が健全に働いているか

運動・感覚機能が麻酔されていないか

言動などから判断・認知能力の低下がないか

以上の点が総合的に判断されます

自転車の運転についても違法なのね

違反点数は35点かぁ

酒気帯び運転

酒気帯び運転は血中アルコール濃度呼気(吐き出す息のこと)1リットル中のアルコール濃度一定量に達しているかという基準で判断されます。

酒気帯び運転(0.25mg以上)35点以上適用の違反以外は一律25点

酒気帯び(0.15mg以上0.25mg未満)速度超過(25 km/h以上30(高速40)km/h未満)で15点

酒気帯び運転(0.1mg5以上0.25mg未満)で 13点

自転車は違法だけど原則罰則はないのね

刑事罰

酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

行政処分

酒気帯び運転で呼気1リットル中のアルコール濃度0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満は13点の免停90日

酒気帯び運転で呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上は25点の免許取り消し・ 欠格期間2年

酒酔い運転は35点の免許取り消し・欠格期間3年

運転者だけではなく飲酒していると知っていながら車両を提供した人には運転者と同じ罰則が与えられます。

さらに運転者が飲酒していると知っていながら同乗した人には以下の罰則が定められています。

運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

運転者が酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

警視庁

eヘルスネット

アルコール依存症の飲酒運転は多い

職業ドライバーと交代勤務

職業ドライバーに限りませんが交替で不規則な勤務から「寝酒」の習慣がある人はとても多くいます。

アルコールの怖いところは耐性があるところです。

だんだん強くなる酔わなくなるので早く眠りに就こうとして酒量が増えていきます。

ただでさえシフト勤務がある職場は不規則な勤務で睡眠パターンがくずれやすいのです。

私の経験では不規則な勤務を経験したアルコール依存症者をたくさん知っています

私の体験 アルコール依存症者の飲酒運転は多い

私の知っている限りアルコール依存症の飲酒運転はとても多いです

道路交通法が厳しくなってから自助グループで「飲酒運転をした」という人は昔と比べるとずいぶん減りました。

確かに減っているだろうとは思いますが…

しかし、私はアルコール依存症の人がそういう場面では本当のことを言わないことを経験上身に染みています

言う人もいるけど昔に比べるとずいぶん減ったし、やばい部分は触れなかったりしているね

気心の知れた仲間との場所なら「実は…」ということが増えたかな

単純に計算して体重60kgの男性が日本酒3合を飲んでもアルコールが消失するまで約10時間かかります。

男性日本酒3合だけアルコール依存症にまでなる人はめったにいません

そういう意味では本人が自覚している・自覚していないに関わらず運転している人は飲酒運転の可能性が高くなります

私は酷い時は家で焼酎の720ml1本と会社のロッカーに隠していた酒を一日中飲んでいました。

運転中は飲みながら運転でした

一度も捕まらなかったのはたまたま運が良かったのと飲酒検問がよくある場所へは運転して行かなかったからです。

今思えば恐ろしいことです。申し訳ありません

そして「自分のことを棚に上げて言うのはどうなんだ」とお叱りを受けるでしょうがアルコール依存症は飲酒をコントロールできない病気なので、この病気の人は車両の運転はやめるべきだと思います。

飲酒運転は過失事犯ではなく故意の犯罪類型となっています。

一般の刑法犯と同様で罰則を強化するだけでは犯罪の減少にはなかなか繋がりにくい現実もあるようです。

2007年の久里浜アルコール症センターと神奈川県警の調査では、免許取消処分者の中で飲酒運転検挙歴がある200人のおよそ4割に依存症の疑いがあるというデータが出ています。
このように、常習の飲酒運転の背景には、「アルコール依存症」という病気が隠れている可能性が高いのです。職業運転手の中には、不規則勤務の中で手っ取り早く睡眠をとろうと寝酒をするうちに依存症に陥るケースが見られます。アスクより引用

アスク


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました