断酒はいつ始めたらいい?

この記事は「断酒はいつ始めたらいい?」です

結論は「やめようかなと思ったら断酒をお勧めします」です

そろそろお酒をやめようかな?

私も何百回となく「いつかそのうち断酒をしよう」とぼんやり考えていました。

  • 断酒しなければいけないのはいつ?
  • アルコール依存症になったらやめようかな?

ではどこからがアルコール依存症でしょうか?

「主人は酒癖が悪いです!お酒を飲むと物を投げたり暴言を吐いて暴れます!!」

物を投げたり、暴言アルコール依存症でしょうか?

実は「どこからがアルコール依存症なのか」というのは判断が難しいです。

アルコール依存症の専門医でなければ正確な判定は難しいと言えます。

私の経験ではアルコールは依存性物質なので、やめたいと思った時がやめる時だということです。

アルコール依存症のチェックはできる

どこからが依存症かという目安となるチェックはできる

アルコール依存症かどうかの簡単なチェックツールがあります

以下の記事でまとめました。

酒好きと依存症の違いをチェック
「アルコール依存症? まさか!」と思いながらも誰に聞けばいいかわからないのが普通です。この記事ではアルコール依存症の代表的なチェックリストである「AUDIT」「新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」「CAGE」のそれぞれの特徴をまとめました。

チェックリストはあくまで目安

  • アルコール専門病院ではチェックリストを使いますが、あくまで目安です。
  • 各項目によりさらに問診等をして問題点を探し出し、患者とともに治療に役立てます。

「アルコール対策」の進め方

断酒したほうがいいかな?と悩んだら断酒しよう

どこからが依存症かという判定はアルコールの専門医の診察を受けなければわからないと思います

アルコール依存症かどうかはある程度までの判定ならできます。

しかし、まずいのはまだ大丈夫だと自分で思い込み、どんどんひどくなっていくことです。

お酒を飲み始めた頃なら別でしょうが「アルコール依存症かも?」というところまで進んでいる場合簡単にお酒をやめられません

嘘だと思われるなら今日から1か月間禁酒をすればわかると思います。

私は自分の経験からどこからか?と悩むのをやめて早いうちに断酒をするほうが人生にいい影響があると思います

アルコールには耐性がある

アルコールには耐性があります。

  • 飲酒を続けていると、強くなり、量が増えます。
  • だんだん酔わなくなります。

私の経験上途中でマズイと思ってももうやめられません

簡単に引き返せないのがお酒が薬物と同じ依存性を持つという事の意味です。

詳しくはこちら

酒にハマる脳の仕組み
この記事では脳の報酬系や悪循環の仕組み・一度依存症になるとなぜ元通りにならないのか?についてまとめました.こういった知識があると理性の力だけで依存をコントロールできないと納得しやすくなります。無駄な抵抗はやめようと思えるのでその意味ではお勧めの内容です

断酒したら困るのか?

私は断酒したら困る事がたくさんあるに違いないと思いました

人付き合いで困ると思っているのは本人だけ

アルコールが人間関係の潤滑油になっている人はたくさんいます。

親友と本音で語り合うとき、悩みを打ち明ける時にお酒という小道具があれば話が進みます。

しかし、お酒が良い道具なら「なぜ断酒しようかな?」と悩むのでしょうか

おそらくお酒がもたらすメリット以上のデメリットが現れているからではないでしょうか?

  • 私自身断酒してから、お酒を小道具に使っているという人の姿を見て、道具であるはずのお酒に振り回されている人がかなり多いことを知りました。
  • そして内心「ヤバい」と思いながらずるずる飲んでいる人を見て、かつての私と似た雰囲気を感じます。
  • お酒という小道具がないと困ると思っているのは、酒に溺れている人だけです。

関連記事

酒飲みが嫌われる理由を知って断酒する
お酒を飲まないでおこうと思っているのに、お酒を強要されて困ったことはありますか?私自身も断酒してからは「酒飲みが嫌い」です私は。断酒してから「飲みたくないけど色々な理由があって飲み会に参加する人」の気持ちがわかるようになりました。

断酒するほうが絶対に信用される

  • お酒をやめてから築き上げる人間関係は素晴らしくなります。
  • 他人はしっかり見ています。
  • 酒癖の悪い人と素面の人のどちらが信頼できるかなど明らかです。

今思うのは飲んでいた頃は孤独だったという事実です。

他人と飲んでいてもどこか満たされず、家に帰ってから一人で飲み直しました。

飲み続ければ人はどんどん孤独になります

関連記事

寂しくて酒を飲むと人は余計に孤独になる
寂しい時に酒を飲む人はたくさんいます。それがずっと続くといつの間にか依存になっていきます。寂しい酒に逃げるのが依存症の特徴の一つで、特に一人暮らしの女性に増えているようです。依存症になると周囲との壁がさらにでき悪循環に陥ります。同じ悩み・病気の人との共感が酒の代わりに寂しさを癒すことについて書きました。

断酒をするといいことが増える

断酒はいいことが増える

  • 健康も回復するし、ムダ金も使いません。
  • 時間もできます。

酒に振り回される人生より、断酒をして酒に使っていたエネルギーを他の生産的なことに向けるほうが幸せな人生を送れます。

関連記事です

断酒して早く効果が出たベスト8
断酒したらどんないいことがあると思いますか?私は「断酒はメリットしかない」と言いたいです。私自身の体験で効果が早く出たことから順番に8つ(肝臓・血圧・肌(若く見られる)・お金・ダイエット・脳・人間関係・時間)書きました。

私は断酒して10年半が経ちました。

断酒をするといいことが増えるのは間違いありません。

もちろん断酒したからと言って夢のような人生に変わったわけではありません。

  • 大金持ちになったわけでもなく、出世したわけでもなく、異性にモテて困るという事もありません。
  • 悲しいこと・辛いこと・思い通りにならない事・嫌いな人・満たされない欲望など、相変わらず逆風は吹いています。

しかし、酒に振り回される人生から脱出できました

断酒することで、酒だけではなく、自分が人生を作り上げているという感覚がだんだん強くなっています。

飲んでいた頃はバカにされるのが嫌でしたが、今は自分の欠点や弱点も受け入れようと思うようになりました。

やはり断酒をするといいことが増えると確信しています。


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました