アルコール専門病院の入院期間が3か月という理由

この記事は「アルコール専門病院の入院期間が3か月という理由」です

アルコール専門病院の入院期間ってどれくらいだと思いますか?

入院期間は専門病院の場合は2か月半から3か月くらいが多いです。

驚かれる方が多いと思います。

一般病棟と比べると長いですよね。

これは行政からの決まりがあるわけではありません。

アルコール依存症の専門病院での約3カ月の入院期間は治療効果を重視しているからです。

もっとも診療報酬の計算が一般病棟とは違います。

この記事ではアルコール専門病院の入院治療に3か月弱必要な理由と「そもそも入院は強制なのか?」ということについてまとめました。

入院期間が3か月の理由

経営上の理由もある

アルコール性の肝臓疾患などで入院して治療が効果を上げ外来受診が可能になれば平均して「19日」くらいで退院になることが多いのです。

14日を過ぎると病院の報酬が減るんだなぁ

そうはいかない患者さんもたくさんいるので平均でも計算されます

これは「平均在院日数」という規定があってこれが診療報酬と深くかかわっています。

病院経営のためには適正な日数を維持したいのですが、患者によってはそうはいきません。

アルコール依存症は精神科の診療報酬計算をされるので、一般病棟より入院期間が長くなります。

アルコール依存症の場合一定の割合以上3カ月を超える人が入院している場合には「精神科急性期治療病棟」が通らなくなり「診療報酬」が下がるという事情があります

詳しい期間などの条件や計算方法についてはこちら

平均在院日数

診療報酬

eヘルスネット

緊急

最も重視されるのは回復のためのプログラムが3か月だから

しかしなぜ3か月なのかというと治療効果を重視すると3か月近いのが望ましいとされるからです。

どうして3か月も必要なんだぁ?

アルコール依存症の治療プログラムを知って頂ければ納得できますよ

千葉

nhk

入院期間で行われるプログラムとは

最初は解毒をする

最初の1~2週間はアルコールで痛んだ身体面の治療が目的です。

解毒プログラムと呼ばれる病院もあり、離脱症状合併症のケアが必要です。

ほとんどの患者は点滴治療を受けます。

食事は人によって普通食を食べられる人糖尿食の人おかゆの人など患者さんの体調によって異なります。

離脱症状についてはこちらで説明しています。

離脱症状があればアルコール依存症
この記事は「離脱症状があればアルコール依存症」です。結論は「寝汗」「手の震え」「不安感やイライラ」「不眠」「幻覚・幻聴」「意識障害」などの症状があれば、アルコール専門病院で診察を受けましょう。

体に起こる症状全般についてはこちらです

アルコール依存症になると引き起こされる身体的症状
アルコール依存症になると様々な身体的症状が出るアルコールを飲むと様々な身体的な症状が出ます。適量ならばアルコールは問題がないという医師もいます。しかし、昔と違い今は食事も運動も健康を増進するいい方法は発見されています。その中で...

閉鎖病棟とは?

特に離脱症状では患者の様子が急変することもあるので閉鎖病棟スタッフがいつでも様子を見守る状態になります。

ナースステーションのすぐ近くにある場合が多いです。

アルコール専門病院の閉鎖病棟は病棟の出入り口が常に施錠され、自由に出入りできない病棟です。

スタッフが解錠をしない限り入院患者出入りできません

精神科の総合病院一部アルコール依存症の患者も受け入れているような場合は個室の場合もあるようです。

入院を繰り返す人の特徴は?

閉鎖病棟での解毒治療が終了したら開放病棟へ移ります。

病院は本人に治療を継続するかどうかの判断をゆだねます。

私の入院した病院はすべてよほど拒絶をしない限り続行でした。

断酒仲間に聞いた話では、最初から解毒目的でも構わないという病院がいくつもあるという話を聞きました。

しかしすぐに戻ってくるそうです。

アルコール専門病院の入退院を繰り返す人で最も多いのが、体だけ回復したら問題ないというタイプの人です。

どんな患者も入院生活は苦痛です。

ですから患者にはこの先の治療プログラムを拒否できる権利はありますが、医師をはじめスタッフは治療継続を勧めます。

私の経験上もこのタイミングで退院するならアルコール専門病院に入院した意味がないと思います。

意味がないと思う理由をこの記事にまとめています。

アルコール専門病院へ行きたがらない人でも納得する5つの理由
この記事は「アルコール専門病院へ行きたがらない人でも納得する5つの理由」ですお酒をやめられない人が病院で治療を受ける時何科を受診しますか?多くの人は内科を受診します。お酒を飲みすぎると肝臓をはじめとする内科疾患を...
アルコール依存症の治療は肝臓を治すことだけではない
この記事は「アルコール依存症の治療は肝臓を治すことだけではない」です。結論は身体の治療だけでは断酒はできない。否認の正体が、苦しさを和らげてくれる杖を手放すのが嫌という感情から来ているから。そして自分の力...

教育(治療)プログラム(開放病棟)

解毒プログラムが終了したら本格的な教育(治療)プログラムになります。

お酒が抜けても不眠などの神経学的な影響が抜けるには1カ月~2カ月程度かかります

教育プログラムは6~10週間くらいです。

ここからは病院によってかなり違います

開放病棟という一般の病棟に移ります。

病院内の決められた範囲での行動が許可されます。

やがて外出・外泊も可能になります。

これも病院によって前半と後半に分かれているところもあります。

前半と後半を分けている理由は患者の変化に応じて各病院がプログラムを工夫しているからです。

前半はアルコール依存症という病気の知識の吸収が中心です

私の経験でも飲んでいた頃の自分を冷静に振り返れることができるようになるには一か月くらいかかりました。

まずは基礎知識を習得して回復のための下地を作ります

後半は退院後の生活に備えるのための準備が入っているということです。

アルコール依存症の本当の意味での治療は退院後です。

退院してからでないと、本当の回復はありません。

そのためにアルコール専門病院では自助グループを勧めます。

プログラムの後半では退院後につながる自助グループに参加する練習を始めます。

こういった知識の吸収と退院後の回復への準備のためにも離脱症状が抜けた後に2カ月程度が必要となります。

eヘルスネット

自助グループ

この漫画には入院生活が詳しくわかりやすく描かれています。

吾妻ひでお 失踪日記2 アル中病棟
この記事は「吾妻ひでお 失踪日記2 アル中病棟」です吾妻ひでおさんが亡くなられました。心からお悔やみ申し上げます。「失踪日記2 アル中病棟」は2013/10/6に発売されたコミックスです。もうすぐ6年経つので読ん...

入院は強制?入院拒否できる?

精神科の入院は大きく「任意入院」と「医療保護入院」と「措置入院」があります。

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」があります。

精神保健福祉法と略して呼ばれています。

その中に入院制度があります。

精神保健福祉法

厚生労働省

①任意入院

任意入院は患者の同意による入院です。

インフォームド・コンセント(患者が医師から十分な情報を得た・伝えられた上で双方の合意)がある入院といいます。

患者の拒否する権利も含まれています

開放病棟で治療を受けることが前提・原則です。

措置入院などの緊急で入院した場合は、離脱症状が落ち着いて閉鎖病棟から開放病棟へ移動するときには任意入院」の手続きをします。

自由なのは日中だよ

本人が同意した場合は閉鎖病棟へ移ることもあるよ

任意入院者が退院を申し出た時は原則退院となるよ

病状悪化等の場合は別です

退院制限

精神保健指定医が診察して入院継続の必要があると認めた場合は「72時間」以内に限り退院制限を行うことができます。

特定医師の診察でも12時間以内は患者の退院制限ができます。

厚生労働省

任意入院

②医療保護入院

自傷他害の恐れはないけれど、強制入院させることが必要と判断される患者の入院です。

アルコール依存症など精神科の治療が必要な患者は、自分で必要な病院を見つけて受診できない場合があります。

同意者

患者本人の同意が得られない場合でも家族のうちいずれかと市町村長同意があれば入院させることができます。

患者に家族がいない場合は都道府県知事の同意により入院させることができます。

もちろん指定医(一名)が診察して「医療・保護のため入院が必要」と認める必要があります。

期間

その場合は4週間に限られます。

特定医師の診察によって12時間に限って入院させることもできます。

アルコール依存症の場合離脱症状からの幻覚などがあります

重症の躁うつ状態もあります

親などが虐待をしている場合は親権停止をして保護する場合もあるよ

医療保護入院

③応急入院

自傷他害の恐れがなく、緊急性のある場合入院期間を限って強制入院可能としたのが応急入院です。

管理者の権限で強制入院できる点で医療保護入院と同じです。

指定医の判断で72時間以内の入院が可能です。

依頼者は家族ではない同居人やケースワーカーでも構いません

緊急なので家族と連絡がつかない場合だね

④措置入院とは

措置入院とは自傷他害の恐れがある患者の入院です。

患者または保護者・扶養義務者の同意がなくても都道府県知事(または政令指定都市の市長)権限と責任において強制入院させることができます。

精神科の指定医(ただの精神科医ではない)2名以上が診断をして入院させるかどうかを決めます。

自傷他害の恐れがある場合などです

この申請窓口は、地域の保健所(保健福祉センター)です

措置入院

⑤緊急措置入院の期間は72時間

緊急の入院が必要と認めたとき手続を簡素にして72時間を限度として強制入院させるのが緊急措置入院です。

精神保健指定医1名の診断で足ります。

自傷他害の恐れがあるときは措置入院または緊急措置入院です

入院形態

費用は?

具体的な入院費用や入院前・退院後の生活をサポートする制度の紹介はこちらです。

アルコール専門病院の入院費用
この記事は「アルコール専門病院の入院費用」ですアルコール専門病院の入院を勧められても入院費が高いんじゃないの?と思うと二の足を踏みますよね。私がTwitterを見ていると入院費用に不安を持っている方がいるのを感じ...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました