少しでもお酒をやめたい人へ  

この記事は「少しでもお酒をやめたい人へ」です

結論は「断酒継続ができている人をまねる」です

肝臓の数値が高い!体重を減らしたい!離脱症状で困っている!病気で治療中の患者だから飲酒できない!

お酒をやめたい動機は色々です。

私は断酒9年半です。アルコール依存症と病院で診断されてから18年です。

基本的に断酒には「こうしないとやめられない!」「こうすればやめられる」なんていう方法はありません

それでも

最低限これだけは知っておいた方が、継続しやすいんじゃないかな

と思う部分がやはりあります。

それは意外と見落としがちな「断酒できている人から学び・吸収する」ということです

試行錯誤だった8年間を振り返り断酒継続にとって最も大切な「ストレスマネジメント」「病院との付き合い方」「底つき体験」について書きました。

断酒をしたいと思い始めた方から1年の継続、3年の継続が難しいくらいの人には役に立つと思います。

断酒のきっかけが欲しい」「断酒が難しい」と感じている方にヒントになればと思い書きました。

断酒・回復している人に関心を持つ

断酒している人に関心を持ち、真似をしたいと思える気持ちが強くなるほど、断酒継続は容易になります

お酒に限らず上達・成功の秘訣は真似・参考にすることです。

今断酒継続している人で「自分とフィーリングが合いそうな人」「自分がいいなと思える人」を探すといいと思います

身近にいなければ、ネットでも本でも構いません。

見つけることができたら「自分はこの人のようになりたい」と強くあこがれて、徹底的にコピーするのが早道です

相性があるので「ちょっと違うかな?」と思ったら、変更しても構わないと思います

ただし、気をつけたほうが良いのは、最初のうちは一人に絞ることです

あちこちつまみ食いをしても身につきにくくなってしまいます

真似をする人は変更しても構いませんが、あちこちつまみ食いをしたら身につきません

「ダイエット」など具体的な目標があると断酒継続しやすい

お酒をやめられない人から見れば断酒している人は羨ましい存在です

その人に自分の未来を重ねるとやる気が出ます

「断酒するとこんないいことがある」というのを具体的に知るほどやる気が出ます

例えばこんな感じの情報を仕入れる・断酒している人の話から以下の記事で書かれているような部分に注目すると断酒は楽になります

断酒9年半を振り返って感じる断酒の効果ベスト8
断酒したらどんないいことがあると思いますか?私は「断酒はメリットしかない」と言いたいです。私自身の体験で効果が早く出たことから順番に8つ(肝臓・血圧・肌(若く見られる)・お金・ダイエット・脳・人間関係・時間)書きました。
断酒で肌が若返る
断酒を継続してくると若返ってきます。酒を飲み続けている人は肌を中心に老化しています。効果が表れる「乾燥肌」「むくみ(浮腫)」「ニキビ」「老化・たるみ」についてまとめました。飲み続ければある年齢を境に急に老け始めます。断酒は早い目に。
断酒して体重15kg減になった私の考え方 
私は断酒した後少し体重が増えてのですが断酒1年くらいしてから毎年2kgコンスタントに減り15kg減になりました。断酒後のダイエットは酒にハマった原因である脳の報酬系を知って実践するのと、がむしゃらにダイエットやトレーニングをするのとでは結果は全く違ってきます

断酒がくじけそうなときや、飲みたくなってもういいやと思うことは誰にでもあります

そういう時にも断酒している人はどういう工夫をしているのか?どうやって乗り越えているのかを知ることは継続にとても役立ちます

こちらの記事が役に立ちます

断酒一週間で起こることさらに継続するために知っておきたいヒント
断酒・禁酒には動機が大切。アルコールを抜いて最初の1週間までの効果・体調や気持ち、特に肝臓(γ-GTP)・血圧・体重などの変化。それぞれの場面での失敗しやすいポイントを断酒の経過を中心にまとめました。さらに継続していくためのヒントを最後に書きました。
断酒がくじけそうなときには
私自身のそして私の仲間の成功体験から「飲酒欲求に勝てないときには」「普段から気をつけたいこと」をまとめました。「まず食欲を満たし、ストレスを誰かに喋り、今日一日を乗り越える」「体験を読む、原因は自分にあると考える、 酒に対して無力であることを認める」
満たされていない人は依存する
この記事は「満たされていない人は依存する」です。私は自分自身の体験や自助グループ・断酒仲間などの体験から肉体的な空腹感だけではなくメンタルでも満たされていない・不足感が強いと依存症になりやすいと実感しています。愛情不足と承認欲求の不足についてまとめました。

飲酒でストレスを和らげようとしていた習慣からの回復

断酒継続に大切なのは「ストレスマネジメント」です

飲酒してストレスを解消しても、いつの間にか酒を飲むことによってストレスを招くようになってしまいます。

ストレスを酔って紛らわしたいという気持ちは、酒好きから依存症まで基本的に同じです。

毎日の生活では、イライラしたり、自分を嫌いになったりしがちです

ストレスは心の反応の癖なので、少しずつ矯正していけばお酒に手が伸びるリスクを減らせます

ストレスを緩和する習慣が身についてくると「漠然とした不安」「だるい毎日」から「楽しく、生きていてよかった」と思えることが増えてきます

心の中に酔ってストレスを和らげたいという感情が残っている限り、断酒を妨げる問題は形を変えて次々と表れます

ストレスマネジメント能力が高いほど、断酒継続は容易になります

断酒継続で気を付けるべきポイントをまとめています

HALTの法則で依存症は回復する
HALTの法則とは依存症の人がアルコールの再飲酒、薬物の再利用を防ぐポイントです。今回はアルコール依存症の事例で説明しましたが、薬物依存症など他の依存症・精神の病気を引き金とする障害・症状からの治療・回復に応用できます。病院・自助グループでも使われます。

お酒をやめたい人のための病院と薬

断酒が自分の手に負えない場合は病院と薬を利用します。

ただし、一般の内科はお勧めできません

内科へ行くと肝臓などの悪い症状を治療すると終わりなので、飲める体に戻るだけです。

アルコール問題は精神科です。それも専門医による治療が必要です

断酒を補助してくれる薬もアルコールの専門医が処方します

具体的な病院や薬はこちら

アルコール専門病院
このページは「アルコール専門病院」です 病院についてはこちら アルコール専門病院へ行きたがらない人でも納得する5つの理由この記事は「アルコール専門病院へ行きたがらない人でも納得する5つの理由」ですお酒をやめられない人が病院で治...
断酒薬
このページは「 セリンクロとレグテクトと抗酒剤 アルコール依存症に効くのは?」です 結論「現段階ではどの薬も決定的な力があるとは言えないが、色々な方法と組み合わせて補助的に使用すると一定の効果が見込める」です ア...
アルコール専門病院の入院
このページは「アルコール専門病院の入院」です 入院 アルコール専門病院の入院期間が3か月という理由入院期間はアルコール専門病院の場合は2か月半から3か月くらいが多いです。この記事ではアルコール専門病院の入院治療に3か月弱必要な...

断酒にまず必要なのは「底つき」体験

病院・医療機関でアルコール依存症と診断された場合は「断酒」が唯一の治療法になります。

断酒に必要なのは「底つき」体験です

客観的な事情はどうであれ、飲酒をしている人が「自力ではお酒をやめられない」ことを受け入れるのが「底つき」です

「底つき体験」から断酒が始まる
断酒継続に必要なのはまずは「底つき体験」です。「底つき」は知識として知っているだけでは効果を発揮しません。本当は多くの様々な人の「底つき体験」を知ることが早道ですが、簡単ではありません。「底つき体験」については、ブログの1記事だけでは説明しきれませんが、ガイドラインになるようなものを書きました。

なぜ断酒している人の真似をするのがいいのか?

冒頭で真似をしましょうと書きました

なぜ真似をするのがいいのか? ですが、その前になぜ真似をしたくないないのかという心理に問題があるのかについて説明します

「彼は断酒はしているが、人間としては俺の方が上だ。社会的地位も、人格も。なにより俺は彼ほど酒に溺れていない!!」

この気持ちが残っているうちは「底つき」ができていません

酒の魔力にギブアップしていない。敗北を認めていないのです

AA・断酒会・アルコール専門病院には、様々な人がいます。

その中で断酒継続ができている人にも色々なタイプがいます

確かにあなたは社会的地位もあるかもしれない、人格者かもしれない。彼らほどひどい飲み方はしていないかもしれない。

それは立派なことです

しかしどれほど地位や名誉があり、聖職者として神様につかえているような人格者であったとしても、今飲んだくれているのは事実です

実際お医者さんや神父さんは断酒が容易ではありませんプライドが邪魔をします

断酒したいあなたが敗北を認めるのは、ミーティングや例会に集っている人の財産や人格や教養ではありません

敗北を認めるのは「もうこれ以上お酒を飲んでいては、生きていけない」という決意に対してです

この「敗北を受け入れている態度」と「実際の断酒に結び付けている行動」を真似るのです

お酒にギブアップして、断酒している人のまねをしましょう

関連記事です

断酒を継続させるには原因自分論
断酒にスリップはつきものですが、これはアルコールが脳の病気だから当たり前に起こる症状の一つです。断酒を継続させながら原因が自分にあると認める習慣スリップのリスクを減らす方法。その回復過程で気をつけたい対策ポイントの「自分を責める」「結果主義」について書きました。
断酒に底つきは必要
このページは「断酒に底つきは必要」です 目次 底つき底つきとは何か? 早く体験するには? についてのヒントです私自身の直接の底つき体験です私が底つきをするまでの体験談です断酒継続は無力から始まります...
断酒
お酒をやめられなくて苦しんでいる最中ではまず「断酒」ですよね。 私も「断酒」という結果を求めてきました。 目次 断酒断酒の効果断酒の方法お酒を飲むと嫌われます断酒と禁酒の違いですスリップ防止断酒に底つきは必要です否認...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました