不安障害を克服するために依存症の私がしたこと

この記事は「不安障害を克服するために依存症の私がしたこと」です

結論は「断酒をしながら自己肯定感を高める」です

午後から夕方、そして夜が近づくと強い不安や恐怖に襲われたことはありませんか?

また急に物悲しくなり音楽風景を見て涙が止まらなくなったことはないですか?

私は飲み始めの頃夕方が近づいてくると気分が落ち着かなくなり、それが嫌でお酒を隠れて飲むようになっていきました。

アルコール依存症と不安障害うつなどの症状は併発しやすいことが分かっています。

私も不安障害という診断名が付いたことがあります

アルコール依存症になると度重なる失敗やお酒をやめようと思ってもやめられないことに不安罪悪感を感じます。

不安障害にはいろいろな症状があります

パニック障害があります

不安障害になると急に涙が出ることがあります

特に夜一人になると不安・孤独の感情に突然襲われて自分が可哀そうという自己憐憫になりお酒自傷行為に走ることがよくあります。

強い不安と罪悪感の理由の一つにはお酒を飲みすぎたことによる体調の悪さからくる気分の低下があります。

しかし私の場合大きい要因は不安と罪悪感から自己憐憫に陥る悪循環でした。

悪循環を克服するにはまず断酒が必要でした。

そして断酒しながら自己憐憫からの脱出をするために自己肯定感を高めると、漠然とした不安・罪悪感は減っていきました

この記事は私の体験からアルコール依存症不安障害に効果があると思った「同じ病気を持った他人を認める方法」についてまとめました。

なぜ不安と罪悪感の虜になると自己憐憫にハマるのか

アルコール依存症になると飲まずにいられないから飲みます

私も飲んだ理由などは本当はどうでもいいことばかりでした

強いて言えば「飲まなければ不安だから。落ち着かない」という理由で飲みました。

依存状態になっていることが問題なのにその事実を直視せず「○○だから飲む」と言います。

漠然とした不安に罪悪感がプラスすると今度は疚しさを正当化したくなって他人の同情をひきたくなってきます

同情して欲しくなる感情がアルコール依存症に特有の自己憐憫です。

  • 上司がひどい人間だから
  • 妻がうるさいから
  • こんな不幸なことがあったから

だから私は可哀そうです。お酒を飲んでも許されますよね!!

そう言って自分の不幸を理由に不安罪悪感他人からの同情・承認埋めようとします。

周囲の人々はついつい依存症者の「自分を悲劇のヒーローに仕立てた妄想」にのせられます。

そして「いつかは酒をやめるんじゃないか」と甘く見逃します。

このときに周囲の人が同情しすぎると、本人とっては「免罪符」が与えられたことになり飲酒は一層ひどくなります。

理解をしてあげるのはいいのですが、同情のし過ぎは自己憐憫が余計ひどくなります

自己憐憫についてはこちら

自己憐憫は依存症と家族の生きづらさの原因
自己憐憫(自分を可哀想だと思う、自分を憐れだと思う)は依存症回復の重要ワードです。自己憐憫がどういうもので、どこが依存症に悪さをするのか。謙虚さと卑屈の違いを書きました。知ることと、認めることで生きづらさを解消するヒントになります。

アルコール依存症と不安障害には高い併発関係がある

不安障害は不安・恐怖が異常に強くなり精神的な苦しさを生み生活にも支障をきたすような疾患です

アルコール依存症不安障害併発関係は高いといわれていますが、そのメカニズムは詳しくわかっていません。

厚生労働省の詳しくはこちら

酒におぼれてくると不安・自己憐憫と罪悪感の虜になる

酒に溺れてくるとまともな生活を送れなくなってきます。

私もブラックアウトを繰り返して色々なものを無くしたり人の信用を無くしました。

酷い二日酔いで仕事を休むことも増えました

酒代も多額になっていきます

私は心の底では何とかして酒をやめなければと思うのですが自分ではやめられませんでした

そして不安・自己憐憫と罪悪感の虜になります。

セロトニン不足の二日酔いの頭ではまともに反省ができない

二日酔いの頭でする反省はたいてい単なる自己嫌悪です

飲みすぎの翌朝は体内でカリウムセロトニンが不足します。

これらが不足すると脳内で神経伝達がスムーズにできなくなり落ち込んだ気分になります。

二日酔いに独特の欝な気分になるので反省というより自己嫌悪・自己憐憫になりがちです

冷静に反省するには理性的原因を探る必要があるのですが、なぜかアルコールが抜けて体が回復してくるとまた性懲りもなく飲みたくなるのが依存症の脳の回路です。

詳しくはこちら

酒にハマる脳の仕組み
この記事では脳の報酬系や悪循環の仕組み・一度依存症になるとなぜ元通りにならないのか?についてまとめました.こういった知識があると理性の力だけで依存をコントロールできないと納得しやすくなります。無駄な抵抗はやめようと思えるのでその意味ではお勧めの内容です

kmjジャーナルの記事です

厚生労働省の記事です

jstageの記事です

対策は断酒をしながら自己肯定感を高める

まずは断酒

私の体験上まずは断酒が大切だと思います。

飲んでいる間は不安を解消することはできませんでした

アルコール依存症は不安障害うつ病併発しやすいのですがお酒を飲む不安になりうつ状態になるので原因を突き止めるのが困難になります。

不安障害やうつ状態から飲酒がひどくなったのか、飲酒が原因で不安障害やうつ病になったのかを見極めることが必要です

飲酒によって不安とうつ状態が増しますから

自己肯定感を高めることが必要

私は自分を不安・罪悪感・自己憐憫から脱出させるには自己肯定感を高めることが大切だと思います。

自己肯定感が高まると不安薄れていきました

自分自身の体験から依存症の場合は同じ病気を持った他人を認めるのが確実な方法だと思います

具体的な方法はこちらにまとめました

毒親育ちを克服するために行った私の体験
「親のようになりたくない」と思い「自分は結婚しないほうがいいのではないか?」と悩みを抱えている人はたくさんいます。私の克服体験を書きました。今悩んでいる方だけでなく「毒親育ちであることを受け入れなければいけないのか?」という方にも。

依存症の人が陥りがちなポジティブ思考への逃避

世の中に自己肯定感を高める方法ポジティブになる方法はたくさんあります。

私も断酒がうまくいかない時には、漠然とした不安から少しでも元気になりたいと思い、いろいろと試してみました。

ところがポジティブ思考は良いと思い、その気になって続けるのですが、ずっとは続きませんでした。

効果はあるのですがそれを上回る試練がやってきたときに乗り越えられませんでした

取り組み方が悪いのだろうと思っていると自己評価が低いため結局「自分はダメだから続かないんだ。世の中にはポジティブ思考でうまくいく人もいるが自分にはできない」そう思い、続きませんでした

そうしてまた新しいメソッドを見かけると「今度こそは」と思いチャレンジしましたが結局は同じでした。

確かに断酒してからは自分を励ますのは大事だということを実感し、納得できるようになりました

しかし今でも「何があっても明るい面だけ見るのだ」「良いことしかやってこない」というのはやはり無理があると思います。

コップの水が半分残っているときに「まだ半分ある」と思うのは勇気が出ます。

しかし現実には「半分は半分」なので、いつも「まだ半分ある」というのは自分をごまかしていることにもなります。

体が悲鳴を上げているのに、まだ大丈夫と言って飲み続けてきました

ギャンブル依存症の人も、まだ何とかなるといってやめません

依存症の人は現実逃避の癖が心にしみついているので、安易なポジティブ思考は形を変えた現実逃避になりがちです

チェックポイントは急に気分が落ち込む瞬間がないかどうかです

無理な前向き思考に疲れたときにスリップしやすくなります

関連記事

「白黒思考」をやめたい
「白黒思考」は依存症をはじめ心の病に苦しむ人に多い特徴の一つです。「白か黒か思考」は基本的にはみなが持っています。子供の頃は「正義の味方」「悪者」の世界で過ごします。原因があってこの考え方を手放しにくくなっているのです。「この世に完全な人はいない」「過程を楽しむ」などで解決するヒントを書きました。

自分を鼓舞するときは現実を正直に受け止めるバランスが大切

私は自分自身の体験からバランスが大切だと思うようになりました。

自分が沈んでいるときは「まだ水は半分ある」と言って自分を鼓舞する

自分が行き過ぎて自信過剰になっているときは謙虚に現実を受け止めて間違いを反省し、次につなげることが必要だと思います

アクセルとブレーキの使い分けが重要です

失敗したときに「大したことはない。大丈夫」というだけでなく「失敗から何を学び、それを次にどうつなげるのか」という視点がなければ、私はやがて現実の大波に襲われたときにおぼれてしまうだろうと思います。

断酒継続の中で少しずつ現実を受け入れるようになり、そう思うようになりました

自分と同じ病気を持った他人を認めることは自己肯定感につながる

そのために有効なのは同じ病気を持った他人を認めることでした

人は都合の悪いことは認めたくありません

依存症になればなおさらです。

私は自分が酒におぼれるようになった原因を簡単には見つけられませんでした

長年にわたってごまかし言い訳を並べながら飲み続けて依存症になったわけですから。

しかし、人は自分の間違いは直視できなくても他人の姿なら受け入れやすいのです

他人の酔った時の失敗談を聞いて、最初は自分と比較して罪悪感をごまかそうとしますが、どこかの地点で共感が始まります。

そうだ俺もあんな飲み方をしていた

つらい気持ちは私も同じだわ

そういった共感から他人の姿認められるようになると自分の過去の悪事認められるようになります

さらに同じ依存症でありながら断酒をし回復をしている人を見て希望を抱きました

その希望が自分自身をも断酒継続回復に向かわせて病気を持ちながら欠点を抱えながらそれでも生きることがうれしいんだという健全な自己肯定感育むことができるようになりました。

そうなると罪悪感は次第に懸命な反省へと変わり自己憐憫の罠に陥らなくなっていきました。

私も断酒しながら社会的にも個人的にも活躍している人を見習いたいと思っています

関連記事

断酒
お酒をやめられなくて苦しんでいる最中ではまず「断酒」ですよね。 私も「断酒」という結果を求めてきました。 目次 断酒断酒の効果断酒の方法お酒を飲むと嫌われます断酒と禁酒の違いですスリップ防止断酒に底つきは必要です否認...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました