アルコール依存症は歯が悪いのに放りっぱなし

この記事は「アルコール依存症は歯が悪いのに放りっぱなし」です

結論は「放りっぱなしにしないで歯周病・虫歯は歯科でチェックしよう」です

アルコール依存症の人で断酒しているのに家族などに口臭が強いといわれたことはありませんか?

アルコールに依存している人には歯周病虫歯歯が欠けている人が多いのです。

歯が痛いと飲酒してごまかす人や歯をケアする習慣のない人がとても多いようです。

歯は全身の健康にとても大切です

アルコール依存症の人は糖尿病メタボリックシンドロームの症状を持つ人が多くいます。

糖尿病やメタボリックシンドロームの治療には歯の健康が大切です

また食道胃腸にダメージを負っています。

歯の治療をしないで放りっぱなしにしていると危険です

解決するためにはまず歯医者さんに行きましょう。

そして自分でも口の中をケアすることで歯周病虫歯の進行を食い止められます。

アルコール依存症の人が気を付けるべきお酒に関する口の中の事情に絞ってまとめました。

アルコール依存症は歯に問題がある

私がアルコール専門病院に入院したとき歯の治療を受けている人が多いので驚きました。

私も入院当初は歯ぐきから出血していました

入院前から歯医者さんに通院していたの?」と聞くと「入院してから」という人もかなりいました。

アルコールは菌を殺すから、虫歯には効くはずだろ?

歯が欠けていたり総入れ歯(総義歯)の人もたくさんいました

アルコール依存症の口の中はこんなにひどい

  • アルコール依存症の虫歯の発生率が3倍です。
  • 普通高齢者に特有な場所に虫歯ができます。
  • 前歯の損傷、口唇の傷が多いです。
  • プラーク(歯垢)、歯石が増加します。
  • 多くの人が歯周病です。
  • 義歯が汚れたままです。
  • 口臭を自覚していません。
  • 歯の着色が見られます。
  • 歯がなかったり、欠けているので咀しゃく機能が衰えています。
  • 歯科の局所麻酔が効きづらい傾向があります。
  • 口腔、食道ガン発生率が激増します。

以上のようにアルコール依存症の人の口の中は最悪の状態です

でも歯医者嫌いは多いです

積極的に歯の健康を考えるのではなく誰かに強く言われてしぶしぶ病院に行ったという話をよく聞きます。

定期的歯科医院に行ってチェックしている人は私の周囲でも少数派です。

アルコールと歯科疾患の詳しい説明はこちら

アルコールと歯科疾患
ほどほどの量のお酒が口腔機能に影響を与えることは少ないと思われます。しかしアルコールの過剰摂取を継続すると次第に身体機能が低下してきます。それに伴い口腔衛生の低下や唾液分泌の異常などが起こりやすくなります。その結果として口腔環境が悪化し歯科疾患に罹りやすくなり食機能の低下が懸念されます。

アルコール依存症の歯が悪い理由

アルコール依存症の歯が悪いのは口の中がひどいから

上記でも書きましたがアルコール依存症者は虫歯の発生率が3倍だと言われています。

平均う蝕(歯が欠損する状態)歯数は6歯で一般平均の3倍だそうです

虫歯の予防には口の中ケアする習慣を持つことが一番大切です。

栄養状態が悪いから口の中がひどい

アルコール依存症は飲酒を優先するので食事量が減ったり栄養が偏ったりしがちです

たとえば歯周病にはコラーゲンが必要なのでタンパク質、ビタミンC、鉄の摂取が必要です。

また虫歯カルシウム・リン・マグネシウム不足が原因になります。

栄養不足について詳しくはこちら

歯科医が伝えるべき食事・栄養療法|千葉県白井市の歯医者なら、しろいファミリー歯科
歯科医が伝えるべき食事・栄養療法、千葉県白井市のしろいファミリー歯科は、北総線の白井駅から徒歩1分です。むし歯治療や歯周病予防をはじめ、インプラントや審美歯科を扱っています。レーザー治療などで痛みの少ない無痛治療を行っています。
虫歯予防のための栄養素 | おおたき歯科
食物繊維(食べかすが付着しにくくなり、虫歯を予防) 食物繊維を多く含む食品は歯や顎を充分に動かして噛むので、食べかすが付着しにくく、歯の表面を清潔に保つことができます。また、よく噛む事で歯肉の血行をよくするマッサージ効果も認められています。 カルシウム(丈夫な歯を作る) カルシウムはリンやマグネシ

お酒を飲むと口の中が乾燥するから口の中がひどい

私の経験でもアルコールを飲むと喉が渇きます

口の中が、ねばねば、ヒリヒリ

アルコールには利尿作用があります。またアルコールを分解するときにが必要です。

そういった理由からお酒を飲むと水分が不足します。

当然の口の中も水分不足になります。そうすると雑菌が繁殖しやすい環境になります

唾液の量が少なくなるので口臭も発生しやすくなります。

口の乾燥について詳しくはこちら

口の中が乾燥する
口の中が乾燥する 高齢化により唾液の分泌量が低下することにより口が乾燥することがあります。これは心配ありません。ストレスによっても唾液が出にくくなることがありますがその場合はストレスがなくなれば症状も回復します。急激に唾液が出なくなり、痛み
歯の健康にとって、お水による水分補給がとても大切な理由
お茶やコーヒー、ジュースなどで必要な水分を補おうとすると、歯と口の健康を損なう原因を作ってしまう可能性があります。歯の健康と水分補給は深く関わっていると言っても間違いではありません。特に赤ちゃんの場合は歯が弱いことも多いので、飲み物に関してはかなり慎重に管理する必要があります。ここでは、歯の健康と水分補給の関係について...

租借回数が減るから口の中がひどい

私はアルコール専門病院に入院中仲間の患者さんたちで噛まずに食べている人が多いので驚きました

断酒後自助グループなどでも食べるのが早い人が多く飲み込むように食事を終える人が結構います。

噛まないと自分の唾液で口の中をキレイにする自浄作用も低下します

それらが原因で身体機能・免疫力回復力低下します。

唾液噛めば噛むほど分泌量も多くなります。

唾液に含まれる免疫物質細菌を減少させます。

結果口の中が清潔になり虫歯や歯周病の予防につながります

咀嚼について詳しくはこちら

咀嚼の効用 | 歯科なんでも事典で調べよう | い~でんたるへるす| 日本アイ・ビー・エム健康保険組合
“よく噛む”ことの大きな意味|咀嚼|口腔ケア|発育期

酒を飲むほど「歯周病」リスクは高くなる

ブラジルの調査では「飲んでいる女性」は「飲まない女性」に比べ歯周病リスクが3.8倍という驚きの報告があります

アルコールそのものが原因かどうかはわからない

ただアルコールが歯周病を進行させるメカニズムは、明確になっていないそうです

ラットを使った実験では、歯を支える歯槽骨が著しく吸収し、骨の周囲に活性酸素が作られ、体の抗酸化力が下がっていることも分かったそうです。

つまりアルコールは歯周病のリスクを高めるだけでなく歯周病の進行とともに体を酸化させる恐れもあるということです

今後人間にどういった影響があるのかが明らかになってくるかもしれません。

詳しくはこちら

歯周病とお酒の関係🍺
今回は歯周病とお酒(アルコール)の関係性についてです。   歯周病の発症、進行に関係があるといわれて...

タバコを吸う人が歯周病にかかるリスクはタバコを吸わない人と比べて最大8倍にもなるとの報告もあります

喫煙により歯茎の血流が悪くなり、さらに「ヤニ」に歯垢がつきやすくなるために、バイオフィルムと呼ばれる強固な歯周病菌ができるためです。

煙草を吸いながら酒を飲むというのは「歯周病への道」を、まっしぐらに進んでいるのかもしれません

アルコール依存症者には愛煙家も多いので気を付けたいものです。

詳しくはこちら

タバコと歯周病 | 歯科なんでも事典で調べよう | い~でんたるへるす| 日本アイ・ビー・エム健康保険組合
日本臨床歯周病学会 | 歯周病と煙草の関係
日本臨床歯周病学会、歯周病と煙草の関係。

アセトアルデヒドが分解されないと飲酒中の口臭は防げない

アルコールを飲んだ時の悪臭はアセトアルデヒドが主な原因です。

ですからお酒が分解されない限り防ぎようがありません

またアセトアルデヒドは舌苔の原因になり、舌苔が口臭の原因にもなります。

詳しくはこちら

舌表面の汚れはアセトアルデヒドの発生源 - 国立大学法人 岡山大学
岡山大学の公式サイト。

結論|放りっぱなしにしないで歯周病・虫歯は歯科でチェックしよう

歯周病、虫歯などは歯科でチェックを受けましょう

歯周病とメタボリックシンドロームは関係があるそうです。

噛む力が落ちるのとインスリンの働きが悪くなり、糖尿病を悪化させるといわれています。

【歯の健康】 全身の健康は歯の健康から | 健診・保健指導のご案内 | 全国健康保険協会
アルコールとメタボリックシンドローム
メタボリックシンドロームに関わる高血圧・高脂血症(脂質異常症)・高血糖には、お酒の飲みすぎが関与している場合が多数見られます。そのためメタボリックシンドロームの予防および治療には、「節度ある適度な飲酒」として成人男子では1日平均2ドリンク(純アルコールで20g/日本酒換算約1合)程度までとし、さらに週に2日間の休肝日を...

あとは毎日の歯みがきです

入れ歯の方はお手入れをきちんとしましょう。

お酒を飲むとそのまま寝てしまいます。

そのまま寝る習慣が残っているなら歯のことを考えて改めたほうが良いと思います

目が覚めたときに歯磨きをする人は多いと思います。

寝ているときは、唾液の分泌量が減ります

目が覚めると口の中がペタペタしているね

口の中のバクテリア水分量が少なくなると、活発に活動し始めます。

そして臭いのもとになるガスが口のなかに充満します。

起床時が最も口臭が強くなる時間帯と言われる理由です

また断酒後のストレスによる自律神経のトラブル糖尿病・腎不全といった病気、こういった要因が口臭に関係しています。

口臭予防|総合南東北病院 広報誌こんにちわ
福島県郡山市 一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院は最先端の医療を提供して行きます。がん(ガン、癌)検診・治療、PET検査、陽子線治療から脳腫瘍ガンマナイフなど。
口臭の治療・予防
口臭には生理的口臭と病的口臭がありますが、その原因はほとんどが舌苔(ぜったい:舌の表面につく白い苔状のもの)です。したがって舌の清掃による舌苔の除去が最も有効な予防法です。また何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、歯周病が原因の可能性がありますので歯科医院での専門的な検査・治療が必要です。

よく噛んで食べるためには健康な歯が必要です

歯の健康はアルコールで痛めつけた全身の健康維持病気の予防にもつながります。

私は子供のころから歯が丈夫歯医者さんのお世話になったことは、一度もありませんでした。

しかし断酒をしてしばらくしてから口臭が気になりはじめ歯垢除去をしてもらいました

それ以降定期的に歯医者さん通いをしています。

断酒してから、気になるところは、随分変わりました。

参考記事

症状
アルコールを飲むと様々な身体的な症状が出ます 適量ならばアルコールは問題がないという医師もいます。 しかし、今は食事も運動も健康を増進するためのいい方法は発見され、多様な商品・サービスが提供されています ...
断酒
お酒をやめられなくて苦しんでいる最中ではまず「断酒」ですよね。 私も「断酒」という結果を求めてきました。 目次 断酒断酒の効果断酒の方法お酒を飲むと嫌われます断酒と禁酒の違いですスリップ防止断酒に底つきは必要です否認...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました