アルコール依存症の否認は罪悪感から生まれる

この記事は「アルコール依存症の否認は罪悪感から生まれる」です

結論は「ありのままに受け入れることが依存症者を回復に導く」です

二日酔いの朝に罪悪感を感じたことはありませんか?

ブラックアウトの時はさらに不安罪悪感に襲われます。

主婦キッチン隠れ飲みをしたり、本当はやめたほうがいいのでは?と思いながらもやめられず飲み続けるときにも罪悪感を感じます。

罪悪感を持ち続けるのは心を蝕みますよね。

アルコール依存症の罪悪感は「否認」を生み出します

本当は自分でも疚しい感情があるので否認という心理が働いて認めたくなくなります

しかし依存症者にとって「否認」は回復のカギです

否認を打ち砕くことは断酒・スリップ防止・回復に役立ちます

罪悪感という観点から否認を見ると新しい発見があります

「否認」を生み出す根源罪悪感をチェックすると断酒継続の役に立つと思います

アルコール依存症は罪悪感がないように見える

大酒飲みは病院で嘘をつく

消化器・肝臓内科の先生にとって大酒飲み飲酒量を聞いても正直に答えないことは常識です。

○○さんはどれくらいお酒を飲みますか?

お酒は毎日一合から二合の間です

休肝日は設けていますか?

週に二日はなかなか…。でも意識して飲まない日は作っています

先生は奥さんが付き添いに来ている場合裏を取ります

ご主人さんは先ほど毎日一合から二合くらい飲んでいると言っていましたが、γGTPの数値から見てあり得ないのですが

ええ。うちの主人は一升瓶を二日で3本空にします

その患者さんたちが、聞かれたこと全てについて嘘をつくというのではありません

「飲酒量」を聞かれると、本当のことを言いません

本当のことを言ったら、飲めないじゃないか!!

病院の先生もずっこける

アルコール性肝障害になると合併症を起こしていることも多いのです

例えば肥満・糖尿病・高脂血症などがあると摂取カロリーを減らさなければいけません。

大量に飲酒している場合はアルコールを減らせば、そのカロリー自体も減ります。

食生活も高カロリーのつまみなどを減らせば糖尿病や高脂血症にも良いので医師は「お酒をやめましょう」と提案することが多いのです

しかし酒飲みは素直に首を縦に振りません

先生自身がお酒を飲み酒飲みの気持ちがわかる場合ならともかくお酒を飲まない先生は実体験としては理解できません。

業を煮やした先生は、最後に「摂取カロリーを減らさなければいけない。お酒をやめるか、ご飯をやめるかどちらかにしましょう」と提案をされます。

先生はここまで言えば分かってくれるだろう。酒をやめるというに違いないと思います。

しかし酒飲みは「ご飯をやめます」と答え先生はがっくりとしてしまいます

ご飯をやめる?

大酒飲みが飲酒を優先させることについてはこちら

酒ばかり飲む人はアルコール依存症
お酒は薬物などと同じ依存性物質です。お酒ばかり飲む人の脳には「アルコール=快感」という回路が出来上がります。断酒以外に方法がなくなります。「どこからが危険領域?」「専門の医療機関」「断酒」などの対策についてもまとめました。

アルコール依存症は罪悪感に苛まれる

二日酔いのときは罪悪感を覚える

二日酔いの朝に不安と罪悪感をよく感じます。

特に酔って記憶がなくなるブラックアウトの時には「自分はこんなことをしたのか!」という驚き・不安・罪悪感・自己嫌悪に頭を殴られたような気分になります

過去にあった嫌なことを忘れたくて飲みすぎたのかな?

ストレスがたまりすぎているのかな?

昨夜はすごくハイになっていたわね

  • 普段は絶対に知られてはいけない上司への不満嫌な同僚への悪口本人を目の前に説教をしてしまう。
  • 意味不明に踊ったり変な顔をした自分の姿を撮られていて翌日見せられたり。
  • こんな飲み方はまずいもう酒を飲むのはやめようと思っても夕方になればまた飲みたくなってしまう

お酒をやめようと思うのに、実際やめるとなると何となくさみしさに襲われます。

そういったやめようと思う気持ちやめられない気持ち葛藤罪悪感となります。

記憶をなくすことについてはこちら

記憶が無くなる(ブラックアウト)まで飲むのはアルコール依存症?
お酒を飲んで記憶をなくす(ブラックアウト)には原因があります。一つは飲み方です。もう一つは遺伝です。そして酔って記憶をなくしやすい人はアルコール依存症になりやすいということが分かっています。仕組み・私の体験・対策についてまとめました

自己否定という罪悪感が消えない

もう一つは自己否定という形を取る罪悪感です

  • 「完璧にやらなきゃ」
  • 「正確でないと意味がない」
  • 「誠実でないとだめ」

まるで自分を嫌いになりたいがために、自分のあら捜しをします

少しでもうまくいかないことがあると「ほら、やっぱり俺は価値のない人間だ」と安心します

誰かに分かってもらいたい、認めてほしい、好きになってくれたらいいなという気持ちは強くあるのです

ところが「好きになってもいつか嫌われてしまう」「どうせ報われない」という声がどこかから聞こえてきます

せっかく褒めてもらえたり、話を聞いてもらえても「そんなことはないです」「とんでもないです」否定してしまいます。

期待に添わなければいけないというプレッシャーに襲われてしまいます

素直に「ありがとう」が言えません

自己否定はお酒に依存する根本の原因

  • 自己否定はお酒に依存する根本の原因です
  • 自己否定の気持ちが強い人は、お酒で孤独や不安、劣等感を埋めようとします
  • 強い自己否定は、人を短期間で依存症にします
  • 強い自己否定はせっかくの断酒継続の邪魔をします

断酒継続がうまくいかない人は、一度自分を振り返ってください

強い自己否定の感情がないか?

スリップする時の自分思い出してください

自分が嫌いになったり、何もかも嫌になって「もうどうでもいいや」と思っていなかったか?

アルコール依存症の罪悪感から否認が生まれる理由

否認とは?

アルコール依存症は否認の病気と言われます。以下の記事で詳しく説明しています

アルコール依存症は否認の病気
依存症の人は否認があります。「否認ってアルコール依存症だと認めていないことだろう? 俺は認めているよ」という方にももう一度否認を見直してもらうと断酒継続や生きづらさを減らせるかもしれません。まずは依存症にとっての否認について色々な角度から見てもらえるように書いてみました。
第一の否認は依存症の打消し
否認というのは「アルコール依存症であることを認めない」。さらに第一の否認・第二の否認と分けることもあります。第一の否認はアルコール依存症であることを打ち消したい否認です。私の体験をもとに第一の否認についてまとめました。
第二の否認は酒ではなく自分に原因があるのを受け入れる
この記事は断酒のポイント「アルコール依存症の第二の否認、酒さえ飲まなければ問題ないだろう」です。第二の否認は「原因が自分から発生していることを受け入れる」ことで乗り越えられます。長く継続させるにはキーポイントになります。

原因の一つ「罪悪感」

否認の原因は「責任転嫁したい」「プライドを守りたい」「変化を好まない」などがあると思います。

原因の一つとして「罪悪感」も挙げられます。

心理学的に見て罪悪感を感じるときは「本当はするべき行動をしないとき」「本当はしてはいけないことをやった場合」に感じます

逆に「するべき行動を行った」「してはいけないことをやらなかった」という場合は罪悪感は生まれません

この記事で書いてきたように一つは「やめるべき状況でやめられない罪悪感」「お酒を飲んではいけないのに飲んでしまった罪悪感」があります。

もう一つは「お酒を飲む前から、また断酒後も残り続ける罪悪感」です。

日常生活から生み出される「本当はするべき行動をしない」「本当はしてはいけないことをやってしまう」という罪悪感

こちらは漠然とした自己否定感です。罪悪感は「責任転嫁」と強い関係にあります。

漠然とした自己否定についてはこちら

不安障害を克服するために依存症の私がしたこと
不安障害にはいろいろな症状があります。パニック障害、急に涙が出る。特に夜一人になると不安・孤独の感情に突然襲われて自分が可哀そうという自己憐憫になりお酒や自傷行為に走ることがよくあります。私の体験でアルコール依存症の不安障害に効果があると思った「同じ病気を持った他人を認める方法」についてまとめました。

責任転嫁は罪悪感を伴う

責任転嫁はアルコール依存症だけではなくよくある心の反応です

  1. 夫が不倫をします。
  2. 妻は夫の不倫を責めます。
  3. ところが夫は「お前が普段から○○だから悪いんだ」と自分の不倫を棚上げして、妻のせいにします。

この時が不必要に居丈高な態度に出るのは罪悪感を打ち消したいからです。

本当はしてはいけない不倫をしたことから罪悪感は生まれています

罪悪感があるから必要以上に自分の非を認めないのね

責任が妻にあると次からも堂々と不倫できます

アルコール依存症は問題のすり替え(責任転嫁)が得意

アルコール依存症になると自分の飲酒問題から目をそらそうとします

原因は飲酒です。はっきりしています。

酒を飲まない人は、アルコール依存症になりません

ところが巧妙に論点をずらしていきます

アルコールが原因で肝臓が悪くなった人は、酒をやめればほとんどの場合回復します。

ところが肝臓の数値が正常に戻ると、また飲み始めます

飲酒が原因なのに、肝臓が悪いということへ問題をすり替えます

詳しくはこちら

アルコール依存症の回復は肝臓を治すことだけではない
お酒が好きな人は肝臓の治療は受けても依存症の治療・断酒は拒みます。アルコール依存症はコントロール障害です。お酒を上手に飲めません。治療にはアルコール専門病院がお勧めです。依存症になったら仲間と共に回復を目指すことが必要です。

飲酒をすれば再発するという事実を無視するのがアルコール依存症です。

本当はお酒をやめるべきなのにやめない自分に罪悪感を感じています

飲酒が原因だと認める方法はこちら

断酒を継続させるには原因自分論
断酒にスリップはつきものですが、これはアルコールが脳の病気だから当たり前に起こる症状の一つです。断酒を継続させながら原因が自分にあると認める習慣スリップのリスクを減らす方法。その回復過程で気をつけたい対策ポイントの「自分を責める」「結果主義」について書きました。

正当化することへの対処法はこちら

断酒に失敗していた頃は「少しだけなら飲んでも」と考えていた
断酒を継続の基本は「少しだけなら飲んでも構わない」の克服。スリップの悪魔は「そろそろ飲んでも大丈夫じゃない?」と巧妙に囁く。対策は「アルコールに対して無力」。わかっているつもりでもストレスなどが原因でいつの間にか脇が甘くなりがちです。

罪悪感から生まれた否認を受け入れるためには

解決策|ありのままに受け入れることが依存症者を回復に導く

劣等感や嫌な自分を認めないというのも「否認」です

完璧でありたいと強く思うのも、自分の弱さや弱点の「否認」です

現実をありのままに受け入れることが、依存症者を回復に導きます

自分がアルコールに弱いことを認められるから、危険な状況をうまく避けられるようになります

具体的な方法として「ハードルを高くしない」というのは大切です。

高すぎる目標を設定するのは現実の都合の悪い面を見ていないありのままに受け入れたくない焦りからきています。

ハードルを高くするよりも、継続を優先させましょう

少しだけ頑張る。「110%増」を目指して継続できれば、知らない間に無理せず高いと思っていたハードルを飛び越しています

以上が「罪悪感」から見た否認の克服です

参考記事

劣等感は目標110%で克服する
劣等感には「認められたい願望」「恥をかく恐れ」「自分が劣っているという考え」の三つが潜んでいます。解決策として、昨年と比べて常に110%増の自分になることを心がける方法についても述べました。


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました