寝酒をしても目が覚める理由 中途覚醒

この記事は「寝酒をしても目が覚める理由 中途覚醒」です

眠れないから寝酒をしたのに、途中で目が覚めてしまうということはないですか?

医師の中でもかつては「養生訓」「Jカーブ」を引き合いに出して少量の飲酒は健康に良いという人が多くいました。

アルコールには若干の入眠効果があります。

しかし寝酒睡眠のリズムを壊し睡眠障害になるというのが、今は一般的な考え方です。

病院では非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、メラトニン受容体作動薬という新しいタイプの睡眠薬が処方されています。

睡眠薬を飲まずに眠れるのがいいのは間違いありません。

しかし依存・耐性や離脱症状のリスクアルコールよりはるかに低いのです。

アルコールは安全で睡眠薬は怖い」というの間違いで「アルコールは低品質な睡眠薬」です。

この記事ではアルコールによる中途覚醒・早期覚醒について「抗利尿ホルモン」「アセトアルデヒト」「悪夢障害」「睡眠時無呼吸症候群」「リバウンド効果」からまとめました

寝酒は中途覚醒・早期覚醒をする

アルコールは入眠を助けるけれど睡眠障害になる

アルコールは入眠を助けるけれど、深い眠りに入るのを妨げます

こちらの記事でまとめました。

お酒は入眠を助けるけれど|入眠障害
お酒には寝つきを助ける効果があります。しかしお酒を飲むと睡眠の質は悪くなります。寝る前に多少の「まどろみ」の時間があるのは睡眠のリズムから言って当然のことです。寝酒をやめたほうがいい理由と質のいい睡眠をとるための参考記事もリンクで貼りました。

アルコールを飲んで眠ると抗利尿ホルモン(バソプレッシン)が働かない

若いころから、毎日寝酒をしていましたが、二日酔いで頭がぼーっとしているのに早朝目が覚めて困ったことが何度もあります

夜中に何度も起きてしまうのを中途覚醒、早朝に目が覚めるのを早朝覚醒と言います

アルコールは体の水分を奪いますのどが渇きます

喉は乾くのに、利尿作用があるのでトイレが近くなります

せっかく寝付いても、途中で目が覚めます

これはお酒を飲むと脳下垂体にある抗利尿ホルモン(バソプレッシン)が働かなくなるからだそうです。

普通はバソプレッシンが脳下垂体から放出されて腎臓に働いて利尿を抑えるので一度眠ると7~8時間トイレに行かずに済んでいます。

ところがアルコールは抗利尿ホルモンの分泌を抑えてしまいます

ですから、途中でトイレに行きたくなって、睡眠が妨げられてしまいます

利尿を抑えるホルモン"バソプレシン"の脳の中の新たな作用を発見―神経細胞の破裂を防ぎ、その大きさの維持に重要な役割、 脳浮腫などの治療法開発に期待―
内容 利尿を抑えるホルモンである抗利尿ホルモン“バソプレシン”は、脳から放出され腎臓に働いて、利尿を抑えることが知られています。今回、自然科学研究機構・生理学研究所の岡田泰伸所長と総合研究大学院大学の佐藤かお理
飲酒中に尿の色が変わってきた これって危険な兆候?|ヘルスUP|NIKKEI STYLE
この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください!…

アセトアルデヒドが覚醒度を高める

寝酒をすると睡眠が浅くなります。

睡眠が浅くなる理由は、アルコールが分解される時に発生するアセトアルデヒドが覚醒度を高めるからだそうです

睡眠はレム睡眠ノンレム睡眠という2つの睡眠状態に分けられます。

レム睡眠は浅い睡眠ノンレム睡眠は深い睡眠です。

アセトアルデヒド」がレム睡眠を阻害し浅いノンレム睡眠状態が長く続いてしまいます

詳しくはこちら

アルコールにより睡眠の質が低下 夕方以降の飲酒に注意 | 最近の関連情報・ニュース | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
日本生活習慣病予防協会は、生活習慣病の一次予防を中心に、その成果、診断、治療、リハビリテーションに関する知識の普及啓発、生活習慣病の調査研究を行うことにより、国民の健康の増進に寄与することを目的に活動しています
Reviewing alcohol's effects on normal sleep
Sleep cycles between two states: rapid eye movement (REM) and non-rapid eye movement sleep. A review of all studies involving normal volunteers has clarified ...

レム睡眠とノンレム睡眠はこちらの記事でまとめました。

寝酒で睡眠のリズムが壊れる レム睡眠とノンレム睡眠
寝酒は睡眠のリズムを壊します。眠っている間にレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。アルコールはこのリズムを壊し、睡眠の質を低下させます。浅い眠りが行動障害を起こします。レム睡眠とノンレム睡眠の周期・時間、アセトアルデヒドが原因であることについてまとめました。

悪夢障害

寝酒をすると悪夢をよく見るようになります。

「悪夢障害」と言います

悪夢で目が覚めると不快な感情を伴います。

そのため再び寝つくのに時間がかかります。

詳しくはこちら

「悪夢障害」を知っていますか|ナショジオ|NIKKEI STYLE
閉じ込められる、身動きがとれない愛する人の裏切り死迷う、迷子けが、傷つく歯が抜ける人前で裸になる、露出する試験に落ちる追いかけられる落下するこれらは、ある米国人ブロガーのサイトに載っていた「よく見る悪夢トップ10」だそうである(注)。出典が…

こちらの記事にまとめました。

断酒と悪夢
悪夢が原因の睡眠障害を悪夢障害と言います。中途覚醒・不快な感情を伴う夢・目を覚ましてからも悪夢の内容をはっきり思い出せる・再び寝つくのに時間がかかる・明け方に悪夢を見るなどが特徴です。悪夢障害はうつ病の前兆と診断される場合もあるようです

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

寝酒をすると気道の筋力も低下します。

アルコールは無呼吸発生の原因の一つです。

寝酒でいびきをかくのは気道・のどちんこ(口蓋垂)が支えられず震えているからです

熟睡できない原因は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

私も専門医の検査を受けたことがあります

まず外来受診をしました。

医師に妻から聞いた睡眠の様子を話しました。

そのあと1泊2日入院検査をしました。

仕事帰りに病院に入り早く退院できたので仕事少し遅刻しただけで済みました。

身体にセンサーをつけて眠るだけです

本当は飲酒したらだめですが私はこっそり飲んでいました

詳しくはこちらが参考になります

飲酒はSASを悪化させる
日本人は寝酒習慣のある人が多く、週に1回以上飲酒する人の割合は男性48%、女性18%に及ぶという報告があります。

リバウンド効果

寝酒をすると最初はアルコールが入眠を助けますが、分解されるにつれて身体が通常の状態に戻ろうとし始めます。

これを「リバウンド効果」と言います

酔っぱらって眠ってしまった身体を、元に戻そうとする力がはたらきます。

そのため外からの刺激に反応しやすくなるそうです。

アイマスクなどを使うと少し和らぎます

詳しくはこちら

Are You Suffering From the Rebound Effect?
What to do when the medications you take to manage symptoms cause symptoms to return.
二日酔いの原因は睡眠にあり。お酒を飲んだ夜にぐっすり眠る方法
20代の頃は、遅くまで飲んで帰っても、すぐにぐっすり眠れていたものです。ところが、年を重ねるにつれて飲んだあとの睡眠の質は急速に悪化します。そしてそ...

参考記事

不眠は断酒を妨げる疲れ
このページは「不眠は断酒を妨げる疲れ」です 不眠は断酒を妨げる疲れ アルコール依存症の不眠は辛いアルコール依存症の場合、眠れない夜にお酒に手が出た結果ひどい飲み方になった人が多いです。睡眠に完璧を求めない。再飲酒より眠れない...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました