共依存をやめたい時の対策

この記事は「共依存をやめたい時の対策」です

結論は「共依存を認めて自分自身の生きづらさを解消する」です

共依存と言われた。やめたいけど、どうしていいかわからない!!

結婚したら自分のことより夫の世話

夫は大きな子供。それを上手にあやし、言うことを聞かせるのが賢い妻

今もこういった価値観は根強くあるので、共依存をやめたいと思っても克服は難しいですね。

私の経験では共依存関係がより強固になる場合、自分が機能不全家族で育っている特徴を持っていることが多いと思います

共依存は人との関係に依存する病気です。

家庭の夫婦間だけではなく、職場の人間関係、恋愛中のカップルでも共依存の問題は起こります。

ついつい相手の行動をチェックしたり、相手との関係を直接克服したくなります

私は自分自身のメンタル面・ストレスの感情を和らげるのが先決だと思います

自分自身に原因がある問題ととらえなければ、職場で厳しい人間関係にあって転職しても、また似たような状況を招きやすい特徴があります。

具体的な事例とともに、そのための相談先・支援先もまとめました

知らない方には盲点になることばかりです。

彼氏と上手くいかない原因が、子供時代の親子関係にある場合が多くあります。

そして知っている方にももう一度違った角度から見ることによって気づきがあるかもしれません。

自分自身のメンタルヘルスのケアを優先してください。

対策の一番目は共依存のチェックから

共依存という人間関係の病気になっているという自覚から始まる

依存症の治療の場合最も大切なのは、自分が病気であるという自覚です

自覚が大切なのは共依存の場合も同じです

依存症の人は否認をします

同じように共依存の人も病気ではないと否認をします

AAの12のステップでは一番最初が次のように始まります

私達はアルコールに対して無力であり、生きていくことがどうにもならなくなったことを認めた。AAの12のステップより引用

これがそのまま以下のように当てはまります

私達はアルコール(依存症者)に対して無力であり、生きていくことがどうにもならなくなったことを認めた。

さらにこういうことです

私達は共依存という人間関係の病に対して無力であり、生きていくことがどうにもならなくなったことを認めた。

否認についてはこちら

否認
このページは「否認」です 目次 否認否認とはどういう性質なのかという基本的なことをまとめました最初の否認「第一の否認」についてまとめました断酒継続を妨げる「第二の否認」についてまとめました ...

共依存の妻自身が機能不全家族で育っている

私の経験上ですが、アルコール依存症の奥さんに機能不全家族で育った人はとても多くいます

  • 親にアルコールやその他の依存症の問題がある。
  • 親が厳格すぎる。世間体ばかりを気にする。
  • 離婚・死別で片親だった。また仕事ばかりの親で家にいなかった。

こういう場合依存症の夫と結婚しやすくなります

親の姿を見て「自分は理想の家庭を作りたい」「親のようになりたくない」と思います

ところが何かのタイミングで「トラブルメーカー」「ダメ男」に守りの壁を突破されてしまうことがあります。

そうなると第三者から見ると「どうしてあんな相手と?」という人と離れがたい関係を結んでしまいます。

共依存関係によって惹かれ合い、結び付きます。

最も厄介なのは本人が知らないうちに共依存関係を結べそうな相手を選んでいるということです

子供の頃の心の傷をどこかで、誰かを相手に満たしたいと思っています

そして自分の心の傷についての自覚がありません

ですから自分には「心の穴」があり、人間関係で癒したいという気持ちがあることを自覚するのが第一歩です

私は「家族会」で「天使のようにアルコール依存症者に対してけなげに尽くす奥さん」を数多く見ました

「アルコール」に問題がなくても「ギャンブル」「薬物」「暴力」「暴言」「無言の圧力」であったり「仕事での自分の成果しか眼中にない男」であったりします

そういった「嗜癖のある男」「嗜癖」が最優先なので、目的達成のため詐欺やその他の犯罪行為に手を染めることも多々あります。

共依存・アダルトチルドレンは、その犠牲者であると同時に共犯者になってしまいます。

機能不全家族に育つと共依存関係を結びやすくなる

親に十分に愛されなかった傷を癒していない間は「親に甘えたかった感情」に封印しています

でも「十分愛されていないのではないか?」それは「私が悪い子だからではないか?」という心の底に眠っている感情を認めることが、第一歩ではないかと思います

そのくすぶったもやもやを自覚しないACは「共依存」になりやすい傾向があります。

天使のような妻は「私が見捨ててしまったらこの人は…」「子供のために私が我慢すれば…」と第三者から見ると、非の打ち所がないかのような言い訳をします

しかし「私が見捨てたら」というのは明らかに変な言い訳です。

共依存の妻は変な言い訳を自作して、引き受けてしまうのです。

引き受けることによって「依存症者」がアディクション(嗜癖・依存状態)から立ち直るきっかけを奪ってしまいます

また子供にとって迷惑な「共依存」関係無意識のうちに押し付けてしまいます。

世代間連鎖と呼ばれます。

  • 個性の強い子供は引きこもり」「親の思い通りにならないという形で反抗します
  • 母と似たタイプの子は「素直で良い子」のまま自分とよく似た家族関係を作ります

機能不全家族からの克服はこちらです

毒親
このページは「毒親」です 毒親 機能不全家族で育てられたM君の物語家族が機能していない、あるいは機能が不全な家庭に育った子供は、生きづらさを感じます。アダルトチルドレン・毒親育ちの愛情は極端なところがあり、M君の場合はその典型...

アルコール問題の場合の共依存対策

アルコール問題の場合の具体的共依存対処法です

アルコール専門病院

以下の記事でアルコールに問題のある人は専門の医療機関にかかるべきという内容をまとめました。

アルコール専門病院
このページは「アルコール専門病院」です 病院についてはこちら アルコール専門病院へ行きたがらない人でも納得する5つの理由お酒をやめられないという病気は精神科です。「お酒をやめられない」という場合はアルコール専門の医療機関を受診...
アルコール専門病院の入院
このページは「アルコール専門病院の入院」です 入院 アルコール専門病院の入院期間が3か月という理由入院期間はアルコール専門病院の場合は2か月半から3か月くらいが多いです。この記事ではアルコール専門病院の入院治療に3か月弱必要な...

家族教室・家族会・アラノン

アルコールの自助グループで「アラノン」「家族会」があります

「家族だけのミーティング」と「家族だけではない、オープンな例会」という違いがあります(家族会にも家族だけの例会はあります)

またアルコール専門病院には家族教室を開催しているところはたくさんあります。

実際に悩みを解決した人を知ることで、独りで悩んでいた日々からさようならすることができます

以下に相談先をまとめました。

精神科の家族教室は疲れた家族の味方
アルコール問題は専門病院で治療をする必要がありますが、本人は嫌がります。家族だけが「家族教室」に参加方法があります。家族教室の目的は、専門家の知識を得て、同じ経験をした仲間と出会うことから悩みの解決をスタートさせることです。精神科の家族教室はうつ病、薬物などもあります。
自助グループ一覧
この記事では代表的な依存症・メンタルヘルスの自助グループのサイトをまとめまて一覧にしました。最期に私の自助グループに参加し始めた当時の体験記事のリンクも貼らせていただきました。  最近はLineミーティングでの分かち合いもあり、今後色々な形での参加が可能になると思います。

共依存をやめるために知っておきたい基礎知識

ここまで読んで納得できない方にもう一度基本的な考えを整理します

共依存の定義は以下の通りです

依存症者に必要とされることに存在価値を見いだし、ともに依存を維持している周囲の人間の在り様」eヘルスネットより引用

共依存
依存症者に必要とされることに存在価値を見いだし、ともに依存を維持している周囲の人間の在り様。

具体的に共依存とは何か? ですが。

  • 依存症者がお酒を飲むことばかりにとらわれる
  • 家族は依存症者にばかりとらわれる

この関係を一般的に「共依存」と言います

共依存は相手(カップル・親子・夫婦・家族)に必要とされることで自分の存在価値を見いだす精神的な症状

「相手(カップル・親子・夫婦・家族)を世話をすることに依存する」人間関係の依存症です

妻が手を貸す(イネイブリング)と共依存を進行させる

奥さんは被害者であると同時に夫の飲酒に手を貸している共犯者の面があります

これをイネイブリングと言います

厚生労働省は以下のように説明しています。

相手(依存症者)に必要とされることで自分の存在価値を見いだすためにそのような相手が必要であるという、自己喪失の病気であるといえます。eヘルスネットより引用

具体的に厄介な問題は

  • 家族が依存症者の失敗の尻拭いをする。
  • 夫の分まで家族を守ってがんばる。

イネイブリングの状態が続くかぎり、結果として依存症者はお酒を飲み続けることが出来ます

具体的なイネイブリングの対処法はこちら

酒飲みの夫にとってしまう無駄な習慣 イネイブラーになっていませんか?
この記事は「酒飲みの夫にとってしまう無駄な習慣 イネイブラーになっていませんか?」です。奥さんが良かれと思って取っている態度が、酒飲みの夫には逆効果なことがよくあります。夫に対して小言・かばう・尻拭い・世話焼きをやめることで事態を好転できます。

関連記事

酒乱の夫は治らない
最近の遺伝子の研究によると「酒癖が悪くなりやすい遺伝子」は発見されています。解決する方法があります。「夫の断酒(お酒を飲まない)」です。ただ本人が飲むか飲まないかは妻が頑張ってもコントロールできません。専門の医療機関とアルコール問題で悩む家族の方の相談先をまとめました。


アルコール依存症ランキング


タイトルとURLをコピーしました