断り方が上手くなると楽になる

この記事は「断り方が上手くなると楽になる」です

結論は「依存症・AC・メンタルがつらい人は魔法の言葉「ありがとう」で上手に断り、人間関係を楽にする」です

「NO」をうまく言えてますか?

仕事などのビジネスの場面で上司の要求を断り切れず、さりとて転職もできずに一人で悩む…。

特に依存症・AC・メンタルがつらい人うまく断れない時は、相手から嫌われることを恐れる気持ちが強いことが多いようです。

断れない・頼めないそして何ごとも抱え込みストレスを感じ続けます

「上手く断れない、意志表示できない」のを解決する方法が魔法の言葉「ありがとう」です

「ありがとう」をまず伝え、相手に嫌われずに自分の考えを主張する方法についてまとめました。

「ありがとう」の習慣は人間関係を好循環させ、自己肯定感が高め、心を楽にします

私は自己啓発本が好きでいろいろ読みました。どれも言っていることはもっともです

ただメンタルが苦しい人・自己肯定感が低い人は単にポジティブワードを多用しても潜在意識が拒否してしまいます

魔法の言葉「ありがとう」回復を目指している私の体験を書きました。

依存症・AC・メンタルがつらい人は断り下手な人が多い

アダルトチルドレン・機能不全家族の概要についてはこちら

機能不全家族の回復は生きづらさの正体を知ることから
この記事は「機能不全家族の回復は生きづらさの正体を知ることから」です人間関係で責任を果たせないと悩む、自己中心的と見られる、かたくなさ、人を責める、自分を責める…こういった状態で「うまく行かないな」と感じたことがあります...

現状の問題点|悪循環の中でどんどん人間関係に疲れていく

  • 出たくない人からの電話、疲れる
  • 人の言葉の裏の意味を読んでしまう
  • 必要のない商品なのに勧められると面倒になって購入した
  • 本当は行きたくない場所なのに「みんなで行かなきゃ楽しくないよ!」と言われ行ってしまった
  • ルームシェアを誘われた、最悪!
  • 「私のことはほっといて」と言いたいのに、どんどん相手のペースにはまった
  • 好きかどうか自分でもよくわからない相手とデートを

依存症・AC・メンタルがつらい人には一人が楽だが寂しいという人が大勢います。

人間関係に疲れた、独りになりたい

独りは楽だけど、時折とっても寂しくなってしまうの

  1. どうして自分は人とうまく付き合えないんだと思い自分を責めます。
  2. そしてお酒に手が出たり、他の嗜癖に溺れていきます。
  3. その結果さらに孤独になるという悪循環を繰り返しがちです。

人間関係で疲れたときに「孤独を癒す・自己肯定感を高める」対策を記事にしました

毒親育ちが人間関係で疲れないために
適切な人間関係を作れないと思っているなら機能不全家族・アダルトチルドレンの可能性があります。自分を責めすぎず適切な人とのかかわりを持つために、孤独を癒しながら一歩を踏み出すことで自己肯定感を高める私の提案をまとめました

依存症・AC・メンタルがつらい人が上手に断るためには魔法の言葉「ありがとう」を使う

ありがとうをまず伝える

「ありがとう」とまず伝え、その後「断わります」

依存症・AC・メンタルがつらい人の中にはリーダーシップを発揮して、面倒見の良いタイプがいます。

誰かに慕われたり、頼られると邪険にできません。

ところが本人のキャパを超えると、いきなり放棄してしまいます。

会社などでも部下の数が一定数を超えると、突如ダウンして出社拒否になります

仕事の重さ、プレッシャーに耐えきれなくなって結局逃げてしまいます。

頼られるのはうれしいのですが、相手の好意を損ねて嫌われるのが怖くなってしまいます。

そんな時魔法の言葉「ありがとう」を使います

「ありがとう」の具体例

  • 「頼りにしてもらってうれしいです!ありがとう。○○さんが大変なのはよくわかります。ぜひお手伝いしたいのですが…」
  • 「うわー!!私なんかでいいんですか? ありがとうございます。○○さんのお役に立てると嬉しいです。せっかく声を掛けていただいたのですが…」
  • 「誘ってくれてありがとう!!最近忙しかったのでうれしいです。参加したい気持ちはあるんだけど…私の分も楽しんできて」

効果がある理由は「ありがとうは魔法の言葉」だから

感謝は相手を肯定する

感謝は「愛を与える行為」です。相手を肯定する行為です

あなたが「ありがとう」と誰かから感謝されたら純粋にうれしくありませんか?

  • 嫌な相手からでも「ありがとう」を言われたら「そんなに悪い人じゃないかも…」と相手を見る目が変わります。
  • 今まで関心のなかった相手から「ありがとう」を言われたら、気になる存在に変わります。
  • 少し好意を持っている人に「ありがとう」を言われると、相手のことが大好きになります。

それは「ありがとう」が私たちを肯定しているからです

同じように「ありがとう」によって肯定された相手は満たされます

注意点|「それって偽善者じゃないの?」という心の声

でもいきなり「ありがとう」なんて嘘っぽい。

「相手も自分もだましてるんじゃないの」という心の声が聞こえてきます

「偽善者ぶっている」という批判が来そうで二の足を踏んでしまいます

人の感情は行為や言葉の積み重ねで強くなる

人の感情は行為や言葉の積み重ねで強くなります

依存症・AC・メンタルがつらい人は、これまで事あるごとに「自分はダメだ」繰り返し頭の中へ刻み込んできました

本当は何でもないことを「自分はダメ人間」に結び付ける癖が自己肯定感を低くしてきました

そこでを行います。

ポジティブな言葉にはがあります。

ポジティブな言葉には人を酔わせる力があるので断酒を始めたばかりの人は急に肯定的な言葉を使いたがります

しかし例えば「俺ってストロングだぜ」と繰り返しても、本当は心の底で自分はストロングと思っていない。

潜在意識で「嘘だ」と思うので拒否してしまいます

潜在意識は正直なので浮ついた言葉では働きません。

  • 断酒を始めて体調がよくなっても、心の癖は簡単に治りません。
  • 無理やりポジティブな言葉を使っても、心の底で反発していては効果はありません。

ありがとうを繰り返すと無理なく自己肯定感が高くなる

魔法の言葉「ありがとう」は違います

まずこちらが与えるからです。

自分が「ありがとう」を言うと相手から好意が返ってきます。

その相手からの好意私たちの自己肯定感を高めてくれます

自分が発した言葉相手が喜んでいる姿によって、自分が満たされます

そこには嘘やごまかしはありません

この共感のやり取りの中で心の底【潜在意識】から自己肯定感がじわっと高まっていきます

繰り返しているうちに人間関係が目に見えてよくなります

「ありがとう」を繰り返しているうちに笑顔も声のトーンも「ありがとうという言葉」に相応しく変わってきます

ありがとうは自分にも相手にも良い習慣だから断る恐怖を乗り越えられる

これは習慣です。

自分にも相手にも両方にとって良い習慣です

人をだましたり、おとしいれたりする偽善行為ではありません

繰り返していくうちに自然「ありがとう」が出てきます。

もし私たちが誰かに断わられたとしても「ありがとう」と言ってくれた相手に酷く悪い印象は持たないはずです。

そして「ありがとう」によって良くなった人間関係は私たちの自己肯定感を高めてくれます

依存症・AC・メンタルがつらい人の心を楽にさせます

自己肯定感と対人調査の調査

調査結果1|断り下手は自己肯定感が低く・人間関係も苦手

自己肯定感対人関係の調査があります。

大学生の非主張性とその規定因との関連

  • 断るのが下手な人はメンタルヘルス面でマイナス(自己肯定感が低い、対人不安が強い)。
  • 人間関係のスキルもマイナス(社会的スキルが低い)。

調査結果2|断り方は練習すればうまくなる

以下の記事は上手な断わり方認知行動療法の研究です。

上手な断わり方は適切なプログラムによって効果があることが分かります。

児童の抑うつ症状に対する学級規模の認知行動療法のプログラムの有効性

つまり上手な断り方は方法を身につければ段々上手くできるようになる

その結果自己肯定感の低さ・対人不安を改善できる

人間関係も良くなっていく

結論|依存症・AC・メンタルがつらい人は魔法の言葉「ありがとう」で上手に断り、人間関係を楽にする

依存症・AC・メンタルがつらい人の心の底には絶えず不足感があります

それは子供のころに親から十分愛されなかった記憶からくる感情かもしれません

また他人から誤解されたり、不当な扱いを受けて本来自分が受けるはずだった評価を貰えなかった悔しい感情かもしれません。

その不足感を満たすために、私たちはお酒や色々な嗜癖に手を出し、メンタルを病んでしまいました

たとえアルコール依存症者が断酒をしても、足りない感情を満たしたいという思いは消えません。

不思議なのは魔法の言葉「ありがとう」の力です

相手に与えているはずなのに、いつの間にか自分が満たされているのが分かります。

この習慣を始めるとお酒では得られなかった「自分を認める」ことが無理なく自然にできるようになります。

自分を認める力がついてくると回復は加速してきます。

依存症・AC・メンタルがつらい人は魔法の言葉「ありがとう」で上手に断り、人間関係を良くして心を楽にしましょう

参考記事

満たされていない人は依存する
この記事は「満たされていない人は依存する」です。私は自分自身の体験や自助グループ・断酒仲間などの体験から肉体的な空腹感だけではなくメンタルでも満たされていない・不足感が強いと依存症になりやすいと実感しています。愛情不足と承認欲求の不足についてまとめました。
毒親
このページは「毒親」です 毒親 機能不全家族で育てられたM君の物語家族が機能していない、あるいは機能が不全な家庭に育った子供は、生きづらさを感じます。アダルトチルドレン・毒親育ちの愛情は極端なところがあり、M君の場合はその典型...
イライラ・怒り
このページは「アルコール依存症の特徴である怒りを和らげたい」です ついイラッとしたり、子供を叱ると止まらない…そういう悩みはないでしょうか? 依存症がスリップする直接の原因は「怒り」からくることが多いようです。 アンガーマネジ...
孤独は断酒を妨げる
このページは「孤独は断酒を妨げる」です 目次 寂しくて酒を飲むと人は余計に孤独になる断酒継続のための孤独・寂しさ対策断酒の敵は言いたいことを我慢するストレスアルコール依存症が飲むようになったきっかけは...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました