依存症になっていく脳とドーパミンのメカニズム

この記事は「依存症になっていく脳とドーパミンのメカニズム」です

依存症は脳の病気」「依存症は脳の報酬系回路が狂ってるんだ!!」などと聞いたことはありませんか?

脳の変化を画像などで見ることができるようになって依存症の脳に独特の変化があることが分かってきました。

この記事では脳の報酬系悪循環の仕組み・一度依存症になるとなぜ元通りにならないのか?についてまとめました。

こういった知識があると理性の力だけで依存をコントロールできないと納得しやすくなります。

つまり無駄な抵抗はやめようと思えるのでその意味ではお勧めの内容です。

残念ですが、仕組みはわかりかけているけど効果がある医学的治療はまだ見つかっていません。

こういった知識を得ながら、必要に応じて医療機関と繋がり自助グループやその他の方法で断酒・回復ができればと思います。

脳科学から見た依存症の定義

脳科学から見た依存症の定義

  1. 依存物質(アルコール・薬物など)を摂取するか、ある種の快感高揚感を伴う行為(ギャンブル・セックス・買い物など)を繰り返し行う
  2. その結果、それらの刺激が欲しくなるという我慢できない欲求が生まれる。
  3. そして刺激がもっと欲しいという気持ちが何より優先する。
  4. 刺激がないと心が落ち着かず物質(アルコール・薬物など)の場合は離脱症状が起こる。

お酒などの物質の依存と行為や人間関係への依存があるんだね

どちらも依存する回路が脳の中にゆっくりできるんだ

もっともっとってエスカレートするのね

どんな仕組みかなぁ

依存症 - 脳科学辞典
行動嗜癖 - 脳科学辞典

依存症の脳内メカニズム

脳内報酬系とは?

我々の脳には脳内報酬系という部位があります。

美味しいものを食べると満足するよね

この時快楽物質が脳に出ています

中脳の腹側被蓋野から前脳の側坐核へむかってのびているドーパミン神経細胞がドーパミンを放出します

ドーパミンを受け取った側坐核のニューロンで反応が起きることによって快情動が生じます

要するに食べたり性行為をするとドーパミンという快楽物質が出るんだね

それが快感や喜びになるんだね

ドーパミン - 脳科学辞典

理性・意志・知的活動が活発になるとドーパミンが分泌される

この仕組みのおかげで人類は種の保存ができています。

しかし食欲や性欲だけではありません

宿題が終わって楽しいといった達成感も同じです。

ドーパミン快感の中枢(側坐核)だけではなくて前頭連合野という知的活動の中枢にも刺激が送られます。

前頭連合野は感情のコントロール・論理的な判断・予測・計画の立案を行う部分です。

ワーキング・メモリー(ものごとを考えるときに使う記憶)を使うと前頭連合野(前頭前野)のドーパミン上昇します。

意欲達成感とも関係があります。

やり遂げた達成感からも快楽物質(ドーパミン)が出るんだね

達成感と同時に出るならいい方向に使いたいよね

依存症の原因はドーパミンの異常な分泌

アルコール依存症 - 脳科学辞典

我々にとって具合が悪いのはお酒を飲んで気持ちよかったギャンブルをして気分が高揚した時も、同じように快楽物質(ドーパミン)が出ます。

この時の快感や喜びの感覚を脳が報酬(ごほうび)というふうに認識するとその報酬(ごほうび)を求める回路が脳内にできあがります

依存症の場合は快感を求めて繰り返すうちに報酬の回路が活発に働きどんどん強化されてしまいます。

快楽物質が強制的に分泌されることが繰り返されるのね

だんだん快感・喜びを感じるなどの中枢神経の機能が低下します。

本来なら、報酬は努力して得られた成果です。

しかしお酒や薬物・ギャンブル・買い物・セックスなどは簡単に報酬を得られるので、また次も楽をして報酬を得ようとします。

楽して気持ちいいのは好きだなぁ

そして、この効果はほんの一瞬で消えます。その後はとてもつらくなります。

快感・よろこびは次第に感じにくくなります。

それでもまた同じ体験を得たいという欲求にかられます。

それまで味わった強い快感や喜びを得ようとますます量や頻度が増えていきます

すると、ますます快感・よろこびは感じにくくなり、焦燥感や不安、物足りなさばかりが増していく…という悪循環に陥っていきます。

その結果お酒や薬物などを手に入れようとします。

快感を得た後のまた欲しくなるのがつらいんです

PET(ポジトロンCT)検査によってアルコール・各種薬物・ギャンブルによる違いも測定されています。

脳を調べるとこういった仕組みで依存症になるのがわかるんだね

他の依存症も基本的な仕組みは同じだよ

薬物乱用・依存と脳機能障害
おいしさからやみつきに至る脳内プロセス
J-STAGE

セロトニンの低下が原因でもっと悪循環になる

私たちにとって具合が悪いのが、この一連の快感と連想は長期記憶(海馬)に保存されることです。

ずっと覚えているのかぁ

また、脳の前頭前野では理性的に衝動行動を抑えるセロトニンという神経伝達物質があり、この働きも低下してきます。

日常生活でもドーパミンは分泌されます。

しかしセロトニンなどの抑制性の神経伝達物質が過度な興奮を抑制しています。

依存症はこのバランスが崩れている病気です。

セロトロニンが抑制してるんだね

アルコールが原因の脳萎縮を知ると、お酒をやめるたくなる
アルコールが原因の脳委縮の症状を画像を載せ、実際に診断された自分自身の体験も含めて書きました。なぜ委縮するのか、飲酒量との関係、反対意見、自分自身が回復するためにやった方法を書いています。
アルコールが原因で脳にあらわれる症状
この記事は「アルコールが原因で脳にあらわれる症状」ですアルコールは脳にダメージを与えるというのはご存じですか?脳にダメージって怖いですよね。でも具体的にどういう風にダメージを与えられるのでしょうか?私は...
依存症についてもっと知りたい方へ
依存症についてもっと知りたい方へについて紹介しています。

なぜ一度依存症になると元に戻らないのか?

記憶の形成は以下のようにして行われます。

  1. 脳のシナプスの刺激を送る側の神経を刺激すると伝達が起こります。
  2. そして受け取る側の神経に刺激が伝わります。
  3. 放出側刺激を繰り返し行うと受け取る側反応だんだん大きくなります。
  4. そして一度大きくなった反応は、その後も変わらずずっと大きいままです。

これを長期増強と言います。

長期増強についてはこちら。

記憶固定化 - 脳科学辞典

これは脳のどこでも起こる現象で報酬系にも当てはまります。

勉強・スポーツ・楽器の演奏などほかのことと同じだよ

繰り返すと強化されるんだね

つまりアルコールによって報酬系が活動し快感が生じます。

その体験は報酬系の各神経のシナプスに長期増強・長期抑制を形成します。

こういった脳の反応は薬物でも他のプロセス依存でも過食障害でも基本的には同じです。

脳が一度はまると長く続くんだね

例えばアルコールを飲み続けるとGABAという抑制性の神経伝達物質を放出してドーパミン抑制する神経長期抑制が起こります。

本来抑制する働きがある神経が抑制されるので、放出側は活性化します

その次はドーパミンを受け取る側反応しにくくなってきます。

これを「耐性」と言います。

ここまでくると酒以外に興味がなくなり「人生で最も大切なのは酒」になってしまいます

そして日常生活での様々な出来事に反応しなくなり「うつ状態」になります

神経伝達物質セロトニンは衝動的行動に関係、英研究報告
【6月8日 AFP】意思決定時の攻撃性や衝動性を抑制するうえで、神経伝達物質「セロトニン(serotonin)」が大きな役割を担うことが英国の科学者らの実験で明らかになった。

治療法は?

治療は精神療法と薬物療法の組み合わせ

治療は精神療法と薬物療法の組み合わせによって効果が発揮されると考えられています。

薬による治療は?

物質依存の場合は、病院で処方される薬で治療されます。

アルコール・ニコチン・大麻などにより異なる場合もあります。

処方薬なので医師の指示通り服用してください。

セリンクロとレグテクトと抗酒剤 アルコール依存症に効くのは?
アルコール専門病院で治療経験のある方にはお馴染みの抗酒剤とレグテクト・セリンクロについて書きました。これらは魔法の薬ではありませんが、他の心理・社会的な治療、自助グループへの参加と組み合わせることで最大限の効果を発揮できます。

精神療法は?

自助グループなどの支援、認知行動療法などがあります。

断酒9年半の私から見た断酒一年ができる人の特徴
この記事は「断酒9年半の私から見た断酒一年ができる人の特徴」です結論は「当たり前のこと(原因は自分・無力を認める)で一年の壁を突破しよう」です断酒一年は大変ですよね!!私はアルコール依存症といわれ...
アルコール依存症の治療は肝臓を治すことだけではない
この記事は「アルコール依存症の治療は肝臓を治すことだけではない」です。結論は身体の治療だけでは断酒はできない。否認の正体が、苦しさを和らげてくれる杖を手放すのが嫌という感情から来ているから。そして自分の力...
スリップを繰り返さないためには原因自分論が早道
断酒にスリップはつきものですが、これはアルコールが脳の病気だから当たり前に起こる症状の一つです。断酒を継続させながら原因が自分にあると認める習慣スリップのリスクを減らす方法。その回復過程で気をつけたい対策ポイントの「自分を責める」「結果主義」について書きました。
断酒すると脳萎縮は回復に向かう
この記事は「断酒すると脳萎縮は回復に向かう」ですお酒を飲むと脳は萎縮します。怖いですね!!では萎縮した脳はもうどうにもならないのでしょうか?結論はお酒をやめて脳を使えば、脳は元気に働いてくれます。なぜアルコー...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました