第一の否認は依存症の打消し

この記事は「第一の否認は依存症の打消し」です

結論は「第一の否認を乗り越えると断酒1年は近い?」です

否認というのは「アルコール依存症であることを認めない」ですよね!!

否認には「アルコール依存症」という病名をつけられることへ反発もありますが、治療・回復への反発も含まれます

さらに「否認」を第一の否認・第二の否認と分けることもあります。

第一の否認は「私はアルコール依存症なんかじゃない!!」という否認。
第二の否認は「酒さえ飲まなければ問題ないだろう」という否認。

この記事では第一の否認を私の体験をもとに書いてみました

第一の否認はアルコール依存症であることを打ち消したい否認です

言葉の定義ではなく、否認を断酒・回復を妨げる考えとして書きました。

アルコール依存症というレッテルを打ち消したい

初めて医師から「あなたはアルコール依存症です」と言われたのは今から18年前ですが、腹が立った記憶があります

アルコール依存症と言うのはアル中のことだろう? 俺は浮浪者じゃないよ!!

アル中と言うのは意志の弱い、だらしのない人間がなるという先入観が私にもありました。

そしてアル中で入院すると「鉄格子」「電気ショック」というイメージがぼんやりとありそんな治療は受けたくないという反発もありました。

同時にほっとした記憶もあります。

酒を飲んだ自分の狂った・不可解な行動をどう考えればいいかわからずに悩んでいました

侮辱された怒りと自分の奇怪な行動を認められたという変な感情です

最初の否認は「俺はアル中じゃない」と言う自分で作り上げた偏見による否認でした。

一生酒を飲めないという宣告を打ち消したい

アルコール専門病院に入院した時に受け入れられない考えたくさんありました

  • 「アルコール依存症は一滴も酒を飲めない。断酒以外に方法はない」
  • 「何年酒をやめても、一杯の酒で元通りになる」

病院で医師から以上のように宣告されましたが、全く納得できませんでした

一生お酒を飲めないということに対する反発は長く続いた否認です

お酒は呑んでも呑まれるなと言われます

私はスマートな酒飲みに憧れていましたから

治療への否認は自助グループへの反発

自助グループの印象は悪かった

  • 病院で体の治療をする。
  • 断酒の継続には自助グループが必要。
  • 通院と自助グループの両立で酒を飲まない生活を送れる。

この考え方にはさらに反発を覚えました

自助グループにはいい印象を持っていませんでした。

  • 「傷口のなめ合い」
  • 「変な宗教」
  • 「活気がない。断酒老人村だな」

自助グループへの偏見

私の最初に持った自助グループの印象は「人生をあきらめている人たちの集まり」でした

「アルコール依存症は酒さえやめればそれでいい」と老人たちが言っているように聞こえていました。
やっかい者のお爺さんが、閉じ込められて、酒を飲んでいたころの昔話でお互い慰めあっているようなイメージです。
「断酒はしているけど、ただ生きているだけの者同士が、仲良く群れていれば幸せなのだ」と慰めあっていると思っていました。

私は自助グループの雰囲気・考え方に、全く幻滅していました。

私は酒をやめるだけが人生のすべてなんて嫌でした

アルコール依存症になってしまったら、依存症老人村の住民たちと昔話をして、傷口をなめあうことが生き残っていく唯一の運命なのか?

そうであるならば断固拒否したいと憤っていました。

今思えば偏見と言えます。

しかし、私に長くこびりついて離れませんでした。

体験を語ることの意味が分からなかった

しかし、それ以上に私がどうしても納得できなかったのは「なぜ体験を語ることが断酒につながるのか」に関する明確な説明が全くなかったことです

医師が「この手術は○○のリスクはあるが◎◎のメリットがある。考えられる方法の中でベストです」と言うなら私も納得して決断できます。

体験を語ると、なぜ酒が止まるのか?

私は医師だけでなくあらゆる人にこの問いを発し続けましたが、いまだに納得のできる答えは頂いたことがありません。

「やってみればわかる」の一本やりでした

群れるのが嫌い

自助グループが嫌いだった理由は他にもありました。

私は基本的に集団行動が嫌いでした。

人と群れるよりも一人でいる方が好きでした

しかし実際は会社勤めもずっとしていますし、家庭も持っています。

最低限の人間関係は持っていました。

そしてストレスを抱えていました。

独り酒を飲んでストレスから逃れようとしていました。

アルコール依存症の特徴の一つに人間関係のまずさがあると思います

人間関係のストレスや・孤独・疎外感が依存症を推し進めます。

アルコール専門病院や自助グループは人間関係が下手な人ばかりが集まるのでトラブルだらけです。

しかし、今思えばそこには社会復帰の第一歩という意味がありました。

孤独のほうがいいというのも否認の一つです

孤独感・疎外感は依存症には危険です

病院スタッフに八つ当たりをしていた

アルコール専門病院を訪れると病院スタッフに文句を言っている患者さんを見かけます。

私は過去の自分を思い出し、複雑な気持ちになります

感情としてはとてもよくわかります

入院中のストレスに加えて、大好きなお酒を取り上げられて怒りが収まらないようにも見えるからです

冷静さを欠いていたのも、意地になっていたのも酒を手放したくないという心理が心の底にありそれがイライラを加速させていたのかもしれないと今は思います。

治療への否認は色々な理由があるように見えて、根本的には酒を手放したくない気持ちが根底にあっての否認でした

怒りや孤独が断酒を妨げることについては以下の記事でまとめました。

HALTの法則で依存症は回復する
HALTの法則とは依存症の人がアルコールの再飲酒、薬物の再利用を防ぐポイントです。今回はアルコール依存症の事例で説明しましたが、薬物依存症など他の依存症・精神の病気を引き金とする障害・症状からの治療・回復に応用できます。病院・自助グループでも使われます。

結論は「原因自分論」「無力」を認めて断酒する

自分自身の断酒を妨げる壁見えないところに刺さったピンを探すのは大変です。

自分のことはわからなくても他人の姿がよく見えるのはよくあることです。

以下の二つの記事で断酒のポイントを書きました。

断酒9年半の私から見た断酒一年ができる人の特徴
断酒一年の最も大切な意味は安定期に入ったということだと思います。断酒後のイライラなどが減って、断酒していいことのほうが具体的に感じられます。断酒一年を超えている人の特徴、断酒一年半後に起こるかもしれない注意・問題点などを私の体験を基にまとめました。
ノンアルコールビールは断酒の味方? 敵?
ノンアルコールビールはお酒をやめたい人の味方なのか敵なのか。ノンアルコールビールを飲んでも肝臓は悪くなりません。私の最後のスリップは10年前でした。その引き金はノンアルコールビールです。その私の失敗体験を書きました

第一の否認に特に関係する解決策です

  • 酒を飲んだのは自分に原因があることを認めている
  • 酒に無力であることを認めている

私は結局観念して自助グループへ参加するようになり、以上のことが少しずつ腑に落ちてきました

断酒1年を突破できた原動力だったように思います。

節酒ではなく断酒しかないと強く決意できたのは仲間の姿からです。

自分一人では知識はどこまで行っても知識だったように思います。

一人一人個性があるので、私の体験は参考程度に考えてください。

人の体験から自分に合った方法を見つけていくことも回復です

参考記事

否認の本質についての考えをまとめました。

アルコール依存症の回復は肝臓を治すことだけではない
お酒が好きな人は肝臓の治療は受けても依存症の治療・断酒は拒みます。アルコール依存症はコントロール障害です。お酒を上手に飲めません。治療にはアルコール専門病院がお勧めです。依存症になったら仲間と共に回復を目指すことが必要です。
否認
このページは「否認」です 目次 否認否認とはどういう性質なのかという基本的なことをまとめました最初の否認「第一の否認」についてまとめました断酒継続を妨げる「第二の否認」についてまとめました ...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました