γ-GTP100? 200?1000? 飲みすぎの肝臓数値

この記事は「γ-GTP100? 200?1000?  飲みすぎの肝臓数値」です

γ(ガンマ)-GTPが高いと言われたことはありますか?

γ-GTPの数値が高いというのは、100とか200とか1000とかです。

初めての健康診断で血液検査の結果γ-GTPが100だとびっくりしますよね。

そもそもアルコールを飲む習慣があってγ-GTPの数値が高いなら「飲みすぎ」の可能性は高いです。

病院ではγ-GTPの数値が高い場合しばらくお酒は飲まないように」と言われると思います。

γ-GTPだけで肝機能を診断することは危険です。

ただ私の経験上、アルコールの飲み過ぎが原因の場合で、他の数値がそれほど高くないなら断酒をすれば下がります。

断酒期間は人によってまちまちですが、1週間もすれば変化が現れます。

γ-GTPは断酒の効果が表れやすく肝機能の数値の中では最も早く下がります

効果がある食事やサプリメント、運動など色々と方法はありますが、お酒を飲まないことが前提です。

飲みながら下げようとすると、やがて本格的な肝炎や内臓の病気になります。

根本的に症状を改善するには、血液検査でγ-GTPが基準値を超えた段階でお酒をあきらめることをお勧めします。

今回の記事では私の体験を基にして、お酒を飲む方がγ-GTPに知っておいたほうがいい情報を私自身の体験を踏まえてまとめました。

γ-GTPはお酒を飲みすぎると高くなる

γ-GTPは飲み過ぎの肝臓の数値

お酒の飲みすぎで肝臓が悪くなるとγ(ガンマ)-GTPという酵素の値が高くなります

飲みすぎが原因で肝臓が悪くなる場合、敏感に反応するのがγ(ガンマ)-GTPという酵素の値です。

アルコール性肝障害の敏感なマーカーと呼ばれます。

医師が「お酒をかなり飲みますか? 数値が高いですよ」という場合は、ほとんどがγ-GTPです

γ-GTPについての専門的な解説についてはこちらに厚生労働省の記事があります

γ-GTPの正常値は

γ-GTPの正常値は男性50(IU)以下女性32以下です。

私自身や断酒仲間の経験ではγ-GTPの値が100以下であれば節酒あるいは禁酒することですぐに正常値にもどります

アルコール依存症の私の体験談

アルコール依存症の専門病院に入院すると「俺はγ-GTP1000だった。1500だった。2000だった。4000だった」と自慢する人と「俺はγ-GTP200しかない。依存症ではない。間違って入院してしまった。すぐ退院するべきだ」と自分の飲酒を否定する人に分かれます。

私の体験ですがγ-GTPが100を超えてくると、他の肝臓の数値も上がってきました

アルコールが原因の肝臓トラブルではAST( GOT)・ALT(GPT)の数値に比べるとにγ-GTPの値は一般的には高くなります

私自身も他のアルコール依存症の話からも数値が300を超えると、身体に自覚症状が出ることが多いようです。だるさなどもありました

γ-GTP自体は増えても肝臓に悪い影響をおよぼすことはないそうです。

しかし、γ-GTPが上昇するまで肝臓がダメージを負っているなら医師による総合的な判断が必要です。

40~50才の方なら、毎日晩酌をしていればγ-GTPの数値が100前後の人はかなりいます

若いころほど飲めなくなったな、と思ったら気を付けたほうが良いかもしれません。

一方休肝日を作れない、守れなかったり、何かにつけて言い訳して飲むのであれば危険信号です。

いずれにしても血液検査で基準値を超えていれば治療を受けることをお勧めします。

私は若いころから大酒を飲んでいましたが、20歳代ではγ-GTPの数値は正常値でした

しかし大酒でなくても飲み続けていると、30歳代後半くらいから40歳代になると、健康診断で肝機能障害と指摘され始めることが多くなります。

私は初めてアルコール専門病院へ入院する直前はγ-GTPの数値が1000の大台を超えていました

別に入院する基準はγ-GTPの数値がどれくらいという目安はありません。他の数値の総合的判断により決まりますし、病院によりけりです

いずれにしてもアルコール依存症になるまで飲んでいる人は、みなγ-GTPはおなじみです。

お酒を飲む人にとってγ-GTPについての基礎知識は必須です。

そしてアルコール専門病院入院中には、患者に講義があります。

総合的な判断が必要です。自分で判断せず医師の指導に従いましょう

γ-GTPは飲まなければ下がりやすい

γ-GTPの数値はアルコールに短期的に反応するので、私は飲酒を一週間もやめれば下がり始めました

頑張って一か月・二か月とアルコールを断って、病院で再び検査をすると思いのほか数値がよくなっていて、お医者さんから「ほどほどに」などとお墨付きをもらって意気揚々と飲み始める人も多いだろうと思います。

私も検査の前などは数日間の「節酒」をしたことがありました

やがてそれすらできなくなってしまいましたが…

飲みすぎが原因の場合、お酒をやめれば数値は下がるよ

医療サイト(newton-doctor)によるγ-GTPの基礎的な内容についてはこちら

医療サイト(career-tasu)によるγ-GTPの基礎的な内容についてはこちら

γ-GTPの上昇は血液検査で発見される

職場での健康診断はたいてい、年一回実施されていると思います

アルコールを大量に飲んでいると、30歳代後半くらいから40歳代になると健康診断肝機能消化器系等の障害と指摘され始めることが出てきます。

生活習慣病(高血圧症、高脂血症、糖尿病)肝臓腎臓疾患は会社の健康診断で分かることが多いです。

基本的な血液検査尿検査で発見される病気は多いそうです。

健康診断の説明についてはこちら

前夜に酒を飲んでしまった

前夜に飲酒しても大量飲酒でない限り、前夜の飲酒で急激にγ-GTPの数値が上がることはないです 

アルコールの場合は、日本酒1合なら約3時間で肝臓で代謝されます。

当然飲まないほうが良いに決まっていますが、ある程度なら前夜に飲んでもγ-GTPの検査数値には少ししか関係はありません。

アルコールが抜ける時間についてはこちら。

酒が抜けるまでの時間を知りたい
お酒の種類と肝臓が処理する速度は関係がありません。処理能力は体重が○○kgに対して飲んだ純アルコール量が▽▽mlであるかで計算します。最近はアルコールチェッカーを使う人もいます。しかし大まかにアルコールが分解されて抜ける時間を知っておくことは役に立ちます

γ-GTPが高くなった時がお酒をやめる時

γ-GTPは飲み過ぎの最初のサインです。

私自身飲みながらγ-GTPを下げようと悪戦苦闘しました

しかし、すべて失敗に終わりました

アルコールは違法薬物などと同じ依存性があります。

アルコール飲料が合法なのは、依存性が弱いからでも健康被害が少ないからでもありません。

慣習政治的な要因からです。

昔は少量ならお酒は健康にいいという医師もいましたが、今は少数になっています。

はっきり言えば、自分がお酒を飲む医師は飲んでもいいと考えていますが、飲まない医師は毒だと考えています。

お酒をやめるには早ければ早いほど楽です。

それは繰り返しになりますが、アルコールに依存性があるからです。

現にγ-GTPの数値が基準値を超えているのに、お酒をやめたくないと思っているなら、もうアルコールの依存性に毒されています。

私は自分自身の痛い体験から言ってγ-GTPが基準値を超えた段階でお酒をやめることをお勧めします

参考記事

断酒すると肝臓は回復する
断酒をすると効果を感じられるのは肝臓の数値です。アルコールが原因で起こった肝機能障害は断酒をすれば基本的には回復します。お酒の飲みすぎと言えば何と言っても肝臓です。アルコールが原因の場合脂肪肝から肝硬変へと進みます


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました