酒乱夫の暴力危険信号を知って身を守る

この記事は「酒乱夫の暴力危険信号を知って身を守る」です

  • 些細な間違いを責め立て続ける。
  • 妻が何をやっても気に入らない。
  • 絶対に謝らない。
  • わずかな言葉のやり取りの後、突然怒り出す。

そういった経験はありませんか?

酒乱とアルコール依存症は違いますが、その距離は遠くありません。

依存症になると自分に原因があることを認めなくなるので、何でも他人のせいにし、やがて暴力に発展することはよくあります。

家族には暴力をふるっても外の人には愛想が良く、優しいのがアルコール依存症の特徴です

それが原因となりDV虐待は発見が遅れがちです。

アルコール依存症は精神科で治療される病気です。

治療を受けて断酒をすれば回復する可能性のある病気です。

しかし、病気に対する偏見があるので「俺を精神障碍者だというのか!」「俺はアル中ではない」などと言って暴れる人もいます。

妻は相談できる人を見つけたり、協力者と関係を作れず独りで悩んでしまいます

またせっかく断酒をしてもパチンコなどに依存が変わる人は、飲酒していた時と同じ問題を起こすことがよくあります。

暴力・DVには引き金になる信号があります

「危険信号」を見つけることができれば、対応策を立てることも可能です。

酔った夫の暴力から身を守るのも大切なことの一つです。

今離婚を考えている関係にあっても暴力対策は必要です。慰謝料の請求などで弁護士に相談している場合も暴力の危機はあるので、法律の専門家の知識で暴力を受けない解決を知る必要があります。

お酒に酔った相手の危険信号を見つけて暴力から身を守りましょう。

危険信号を見つけ出すことは可能

アルコール依存症者の家族は夫の暴力が突然爆発するように考えがちです

特に喧嘩が絶えなかったりその中で頻繁に暴力が振るわれていれば事態を冷静に把握することは困難です。

第三者から見ればよくあるパターンでも当事者には中々わかりません

何が起こっているのかを把握するには距離が必要です。

少し時間を確保し冷静になって思い出すことが必要になります。

客観的に見ることができれば暴力に先行する「危険信号」を見つけ出すことが可能になります

爆発のシグナル

例を挙げます。

「状況」 夫は深夜帰宅。酔っている。

どうしていつも連絡をくれないの? どうせ夕食も食べないんでしょう。また無駄になるじゃない

仕事だよ。疲れてるんだ。お前に何がわかるんだ

そんな言い訳は聞きあきたわ。電話くらい子供でもできるわ。あなたの親はどんなしつけをしたのかしら

何だと。うるせーんだよ!

明日学校へ行かなきゃいけないのよ。あなたは自分の子供がいじめられていても平気なのね。同級生の父親は皆相談に乗ってくれるわ

あなたは人でなしよ。毎日酒ばっかり飲んで。結婚したのが間違いね

うるせーって言ってるだろ。聞こえないのか!

もういいわ。酒ばっかり飲んでいる人でなしにはもううんざりよ

この野郎。思い知らせてやる!

この例では「お前に何がわかるんだ」「うるせーんだよ」「聞こえないのか」などが危険信号です。

危険信号|こんな言葉の後に暴力が

暴力がふるわれる前に発される言葉の例を挙げてみました

  • 「いちいち聞くなよ」
  • 「疲れてるんだ」
  • 「時間がなかったんだよ」
  • 「お前は何も知らないんだ」
  • 「俺は大変なんだ」
  • 「あ~!気分悪い」
  • 「仕方がなかったんだ」
  • 「もう喋るな」
  • 「お前の仕事だろう」
  • 「静かにしてくれないか」
  • 「あいつ(同僚)とは違うんだよ」
  • 「ほっといてくれ」
  • 「お前バカじゃない」
  • 「イライラしてきた」
  • 「いい加減にしろよ」
  • 「誰の稼ぎで生活していると思っているんだ」
  • 「ウザイ」
  • 「家から出ていけ」
  • 「親の話はするな」
  • 「死ね」
  • 「またその話か」
  • 「そんな事自分で考えろよ」
  • 「うるさい、黙れ」

いかがですか?

もちろん人によって違うと思いますが、似たような「言葉」の後に物が飛んだり、テーブルをたたいたり、殴ってり、蹴ったりと実際の暴力行為があったのではないでしょうか

危険信号|こんな表情・しぐさの後に暴力が

言葉だけではありません

  • 眉間に縦しわを寄せる
  • 顎を引き、上目遣いになる
  • 眼光が鋭くなり、睨みつける
  • 目を細める
  • 視線を一方向に向けたまま動かさない
  • わざと視線を合わせない
  • 顔が左右不対象に引きつる
  • こぶしを握る
  • 声が大きくなる
  • 部屋をうろうろ歩き回る

これらのサインを知ることで暴力を回避することは可能です

自分も興奮してしまうと飲酒している人の言葉・行動を冷静な目で見るのは難しいですよね

暴力が生じる前にあらかじめ危険信号を確認できていればいざというときに柔軟に反応することができます

結論|これからの生活のために

「怒り」は短時間で状況を支配してしまいます

「危険信号」が出た時点で話題を変えたり穏やかにその場所を立ち去れば「暴力」は回避できます

アルコール依存症者の理不尽な態度に降参しなさい」と勧められているように感じるかもしれません。

受け入れがたく思えてきますよね。

しかし実際は逆です。

自分と子供の身を守り、これからの生活をあなたが望む方向へ改善するための方法です

根本的な対策については以下の記事が参考になります

アルコール依存症の家庭内暴力と解決策
アルコール依存症の家庭内暴力の原因は家族に対する甘えです。共依存という関係を持って暴力が継続されます。ですから解決策として第三者の介入が必要になります。暴力が継続する原因と解決策を書きました
酒乱・アルコール依存症夫の家庭内暴力対策と相談窓口
「酒乱・アルコール依存症夫の家庭内暴力対策と相談窓口」です。暴力対策と相談窓口を専門家の記事・動画リンクを張って分かりやすくまとめました
酒乱 夫
このページは「酒乱の夫」です。夫のアルコール問題で悩んでいる妻に役立つ記事をまとめました。酒癖の悪い夫、肝臓を治療中の夫、アルコール依存症の夫を持つ家族が対象です


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました