断酒と不眠

この記事は「断酒と不眠」です

不眠が原因でお酒を飲み、アルコールに依存する人はとても多くいます。

飲酒をすると最初は寝つきが良くする効果もあるのですが、アルコールには睡眠を浅くして、途中で覚醒させる作用があります。

断酒後も睡眠薬は副作用があるから嫌だという人が私と一緒に専門病院に入院していた患者さんにいましたが、間違った考えです。

もちろん自然に眠れるのがいいので、薬の力を借りないほうがいいのですが、寝酒よりはずっとマシです。

私自身はアルコールによる様々な睡眠の障害を経験しました。

この記事は睡眠に関する症状・治療・不眠を克服した生活方法について書いた物をまとめました。

私自身の経験を基にして様々な医療機関の専門ページのリンクも貼ってエビデンスを保証しています。

どうしても眠れない夜には酒より病院の薬

アルコールには耐性があります。

繰り返して飲んでいるうちに、酔いを味わえなくなってきます。

アルコールには耐性があるので、量を増やさないと寝付けなくなっていきます。

おまけにお酒を飲み続けると、やがて離脱症状に見舞われます。

イライラしたり、手が震えたりですが、不眠もまた離脱症状です。

離脱症状は怖いよ

つまり眠れない時にお酒を飲むのは、たちの悪い睡眠薬を飲むようなものです。

私は断酒と同時に断薬もしました。

ですから本当は睡眠薬の類は飲まないほうが良いと思うのです。

しかし最近では、効果の早さ切れ味の良さが売りの薬があるようです。

作用時間が短くて、翌日に眠気が残りにくい薬です。

お酒と比べると遥かにましだと思うので、どうしても眠れない時は、病院で処方してもらう方が良いと思います。

対策

眠れないのは孤独でつらい

慢性的な不眠で悩んでいる人はつらいです

そしてそのつらさを誰かに訴えてもうまく伝わりません

単なる睡眠不足くらいにしか理解してもらえないことが多いのです。

眠れないと訴えても「俺も○○時間しか寝ない時はあるよ。でも大丈夫。だから君も大丈夫だよ」などという返事が返ってきます

寝付くまで何時間もかかってやがて新聞配達のバイクの音が聞こえ夜がしらじらと明ける日もある。

一時期のことならよいのですが3か月・6か月と続くこともあります。

それでも「眠れなくて死ぬ人はいない」などと言われますます孤独になります

「眠れない」のはうつ病の症状であることも多いです。

前触れとして不眠がまず来ることもあるしうつ病になって眠れなくなることもあります。

アルコール依存症の不眠治療

不眠治療として医師から処方されるのは睡眠薬です。

離脱の時はベンゾジアゼピン系

特にアルコール依存症の場合は離脱症状が激しい場合はベンゾジアゼピン系の抗不安薬・睡眠薬が用いられます

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬・睡眠薬は離脱症状や不安・不眠などの併発症状を軽減させるためのものです。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の解説|日経メディカル処方薬事典
ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果・作用機序や副作用、一般的な商品や特徴を解説しています。「処方薬事典」は日経メディカルが運営する医療・医薬関係者向け医薬品検索データベースです。

寝酒よりは病院の薬

眠れない時にお酒を飲むのはたちの悪い睡眠薬を飲むようなものです

私は断酒と同時に断薬もしました。

ですから本当は睡眠薬の類は飲まないほうが良いと思うのです。

しかし最近では効果の早さ切れ味の良さが売りの薬があるようです。

作用時間が短くて、翌日に眠気が残りにくい薬です。

お酒と比べると遥かにましだと思うのでどうしても眠れない時は病院で処方してもらう方が良いと思います

対策は睡眠には完璧を求めない

健康ブームは良いとは思いますが「睡眠にも完璧・完全を求めない」のが快眠のカギだとも言えると思います

「○○時に寝る」「○○時間は寝る」というのは目安にしてもよいと思います。

しかし「ねばならない」と思い込んでアルコールを多用するのは考え物です。

不眠は本当につらいです。

しかし、どん底を超えたら「考えすぎない」という意味の適度な「遊び」があった方が良いのではと思います。

もちろん今苦しんでいる方は睡眠専門の医療機関は増えているので受診されることをお勧めしたいと思います

再飲酒よりは眠れないほうがマシ

決まった時間に起きて、決まった時間に朝食をとるのが良いと言われても実行に移せる人ばかりではありません

夜はブルーライトをカットする。スマホ・PC・テレビは見ない。

そうかもしれませんが、じゃあいつ見たらいいのですか? となります。

アルコールをやめてすぐに寝つきが良くなる人のほうが少ないのは確かです

せっかく断酒したのに不眠から再飲酒する人を数多く見てきましたし、私も長らくそうでした

最後はあきらめる

それでもどうしても眠れないこともあります。

最後はあきらめるしかないのかなと今は思います

断酒するのに自助努力は必要だと思いますが、時にはあきらめも必要かなと思います。

今自分が眠れないのは、自分が悪いわけでも、誰かが悪いわけでもない。眠れないのだって自分の個性の一つだ。あきらめよう

私はそう思いながら病院の集中治療室のベッドの上で、両手両足を縛られたまま、天井だけを見つめていた経験があります。

苦しい最中の人には「そんな馬鹿な」と言われるだろうと思います。

私もそう思いましたから。

  • しかし眠れないということ自体で十分苦しんでいます。
  • これ以上自分を責めるのはやめましょう。
  • 今眠れないのは何かの意味があって自分に起こっている現象です。
  • 静かに受け入れましょう。
  • 過ぎ去った時に眠れなかったことの意味が分かるかもしれません。

私はお陰様で眠れない苦しみからは開放されました。

今はブログを書こうと思っても、起きていられない自分が少し残念です。

参考記事

不眠は断酒を妨げる疲れ
このページは「不眠は断酒を妨げる疲れ」です 不眠は断酒を妨げる疲れ 404 NOT FOUND | 依存症からの回復 Vega0323alc-recovery.com お酒を飲むとなぜ眠くなる?お酒を飲むと眠くなる大きな...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました