アルコール依存症の不眠の症状

この記事は「アルコール依存症の不眠の症状」です

不眠が原因でお酒を飲み、アルコールに依存する人はとても多くいます。

飲酒をすると最初は寝つきが良くする効果もあるのですが、アルコールには睡眠を浅くして、途中で覚醒させる作用があります。

断酒後も睡眠薬は副作用があるから嫌だという人が私と一緒に専門病院に入院していた患者さんにいましたが、間違った考えです。

私自身はアルコールによる様々な睡眠の障害を経験しました。

この記事は睡眠に関する症状・治療・不眠を克服した生活方法について書いた物をまとめました。

私自身の経験を基にして様々な医療機関の専門ページのリンクも貼ってエビデンスを保証しています。

お酒を飲むとなぜ眠くなるのか?

お酒を飲むとなぜ眠くなるのか?」という記事をまとめました。

お酒を飲むとなぜ眠くなる?
お酒を飲むと眠くなる大きな理由である脳内のGABAA受容体・体の内部の温度(深部体温)の低下・低血糖・睡眠物質(アデノシン)についてまとめました。特にGABA受容体とアデノシンはアルコール依存とも関係があります。睡眠の仕組みを知るほど酒睡眠に良くない事が分かってきました。

お酒が睡眠に悪い理由

お酒は入眠を助けるけれど…

お酒は入眠を助けるけれど」という記事でまとめました。

お酒は入眠を助けるけれど|入眠障害
お酒には寝つきを助ける効果があります。しかしお酒を飲むと睡眠の質は悪くなります。寝る前に多少の「まどろみ」の時間があるのは睡眠のリズムから言って当然のことです。寝酒をやめたほうがいい理由と質のいい睡眠をとるための参考記事もリンクで貼りました。

酒を飲むと眠りは浅くなる

お酒を飲むと眠りが浅くなる理由」という記事にまとめました。

寝酒をしても目が覚める理由 中途覚醒
この記事では寝酒のアルコールによる中途覚醒・早期覚醒について「抗利尿ホルモン」「アセトアルデヒト」「悪夢障害」「睡眠時無呼吸症候群」「リバウンド効果」からまとめました。

お酒で睡眠のリズムが壊れる

お酒で睡眠のリズムが壊れる|レム睡眠とノンレム睡眠」という記事でまとめました。

寝酒で睡眠のリズムが壊れる レム睡眠とノンレム睡眠
寝酒は睡眠のリズムを壊します。眠っている間にレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。アルコールはこのリズムを壊し、睡眠の質を低下させます。浅い眠りが行動障害を起こします。レム睡眠とノンレム睡眠の周期・時間、アセトアルデヒドが原因であることについてまとめました。

不眠の種類・原因は?

不眠の種類

不眠にも種類があります。

なかなか眠れない「入眠困難」。

何度も目が覚める「中途覚醒」。

眠りが浅く熟睡感がない「熟睡障害」などです。

不眠の原因

不眠の原因」という記事をまとめました。

断酒後の不眠は5つの原因を知って対策する
私は自分自身や断酒仲間の経験から「依存症の人だけでなくお酒を飲んでいる人はまず断酒が先決」だと思います。不眠の原因はたくさんあり、不眠対策もたくさんあります。しかし飲酒の影響を除かなければ不眠対策は空回りします。不眠の代表的な5つのタイプとタイプ別の不眠対策サイトのリンクを貼りました。

寝酒はアルコール依存症への誘い水

寝酒が悪い理由

寝酒はアルコール依存症への誘い水」という記事を書きました。

寝酒はアルコール依存症への誘い水
寝酒からアルコール依存症になる人は多くいます。寝酒は「睡眠のリズムを乱す」「離脱症状」「睡眠時無呼吸症候群」「眠りの高齢化」「悪夢」について、寝酒から依存症になった私の体験をもとにまとめました。

お酒を飲んで悪夢にうなされていませんか?

酒をやめて変わった悪夢の内容」という記事を書きました。

断酒と悪夢
悪夢が原因の睡眠障害を悪夢障害と言います。中途覚醒・不快な感情を伴う夢・目を覚ましてからも悪夢の内容をはっきり思い出せる・再び寝つくのに時間がかかる・明け方に悪夢を見るなどが特徴です。悪夢障害はうつ病の前兆と診断される場合もあるようです

どうしても眠れない夜には酒より病院の薬

アルコールには耐性があります。

繰り返して飲んでいるうちに、酔いを味わえなくなってきます。

アルコールには耐性があるので、量を増やさないと寝付けなくなっていきます。

おまけにお酒を飲み続けると、やがて離脱症状に見舞われます。

イライラしたり、手が震えたりですが、不眠もまた離脱症状です。

離脱症状は怖いよ

離脱症状は断酒を妨げる
この記事は「離脱症状は断酒を妨げる」です。結論は断酒を妨げるのは早期離脱、後期離脱です。「断酒・禁酒1日目から2日目の山」は眠れるかどうかと離脱症状がどの程度かによると思います。離脱症状がひどかった人も1週間あればほとんどの場合は一段落します。

つまり眠れない時にお酒を飲むのは、たちの悪い睡眠薬を飲むようなものです。

私は断酒と同時に断薬もしました。

ですから本当は睡眠薬の類は飲まないほうが良いと思うのです。

しかし最近では、効果の早さ切れ味の良さが売りの薬があるようです。

作用時間が短くて、翌日に眠気が残りにくい薬です。

お酒と比べると遥かにましだと思うので、どうしても眠れない時は、病院で処方してもらう方が良いと思います。

対策

「アルコール依存症の不眠は辛い|症状・治療・対策」という記事で対策を中心に書きました。

アルコール依存症の不眠は辛い
アルコール依存症の場合、眠れない夜にお酒に手が出た結果ひどい飲み方になった人が多いです。睡眠に完璧を求めない。再飲酒より眠れないほうがマシ。最後はあきらめる。

参考記事

不眠は断酒を妨げる疲れ
このページは「不眠は断酒を妨げる疲れ」です 不眠は断酒を妨げる疲れ アルコール依存症の不眠は辛いアルコール依存症の場合、眠れない夜にお酒に手が出た結果ひどい飲み方になった人が多いです。睡眠に完璧を求めない。再飲酒より眠れない...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました