酒乱・アルコール依存症夫の家庭内暴力対策と相談窓口

この記事は「酒乱・アルコール依存症夫の家庭内暴力対策と相談窓口」です

アルコール依存症の家族の皆さん、家庭内暴力に困っていませんか?

暴力は殴る・蹴るだけではありません。

無視する・人前で馬鹿にするのも暴力です。

生活費を渡さないのも暴力です。

暴力の対策として(リンクをクリックすると見たい部分へ飛びます)

  1. 対策1|暴力の予兆を知る・危険信号を見つける
  2. 対策2|逃げる
  3. 対策3|夫をあなたに近づけさせない
  4. 対策4|離婚する

について記事をまとめました。

また相談窓口として(リンクをクリックすると見たい部分へ飛びます)

  1. 警察に被害届を出す
  2. 民間
  3. 被害の相談先など

最後に妻や子供は暴力の被害者で、悪いのは暴力をふるう方だと書きました。

この記事がアルコール依存症の家庭内暴力解決のヒント・お手伝いになれば幸いです。

家庭内暴力を受けていることを認める

暴力の定義|殴るだけが暴力ではない

まず「暴力の定義」を知ることが必要です。

殴る・蹴るは、誰しも暴力だと認めますが

リモコンを投げる・押しのける・テーブルをたたくも暴力です。

殴るふり・蹴るふり・リモコンを投げるふりも暴力です。

怒鳴る・高圧的に命令する・無視する・人前で馬鹿にするのも暴力です。

実家の親兄弟との付き合いや友人との付き合いを妨害するのも暴力です。

生活費を渡さないのも暴力です。

携帯やメール・SNSを盗み見するのも暴力です。

酒で酔っている間だけでなく素面の状態であってもこれらの行為は暴力だと言われると依存症者たちは皆絶句します

恐らく大酒飲みで該当がゼロの人は、ほぼいないと推定します。

つまり家族はアルコール依存症の夫から家庭内暴力を受けているという事実を認めることから始まります。

リモコンを投げるふりでも暴力なの?

家庭内暴力の対策

対策1|暴力の予兆を知る・危険信号を見つける

「家庭内暴力の危険信号|アルコール依存症の家族」という記事で暴力が起こる前の予兆について書きました。

よろしければどうぞ。

家庭内暴力の危険信号|酒乱の夫・アルコール依存症
この記事は「家庭内暴力の危険信号|酒乱の夫・アルコール依存症」です 「何で間違えたの?」と間違いを責め立て続ける。 妻が何をやっても気に入らない。 絶対に謝らない。そう言った言葉のやり取りの後突然怒り出す...

対策2|逃げる

肝心なのは家庭内暴力を受けない対策です。

「逃げる準備」について書きたいと思います。

旅行や防災のために必要なグッズを参考にしてそろえるといいと思います。

  • 現金
  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • 運転免許書
  • 健康保険証
  • 携帯電話と充電器
  • 下着
  • 靴下
  • 洋服
  • パジャマ
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • 衣類圧縮袋
  • ビニール/スーパー袋
  • 洗面道具

まだあると思いますが子供の分と合わせて見つからない場所へ隠しておきます

友人や身内に預けるのも一つの方法です。

「母子生活支援施設」「民間の避難シェルター」などあらかじめチェックしておくとよいと思います。

配偶者暴力支援センター | 内閣府男女共同参画局
内閣府男女共同参画局では、配偶者からの暴...

別居方法について弁護士の動画があります。交渉は弁護士が代行してくれます。

離婚③ DV・モラハラ加害者との別居の方法|弁護士 宮崎晃

対策3|夫をあなたに近づけさせない

家庭内暴力の対策で、優先すべきことは安全の確保です。

夫を近づけさせない工夫です。

「また探し出されて暴力をふるわれる」

夫から逃げても恐怖感に襲われます。

裁判所から接近禁止命令をだしてもらう

裁判所から接近禁止命令をだしてもらう方法があります。

  1. 裁判所に訴える。
  2. 裁判所が夫に接近禁止命令を出す。
  3. 夫は半年間、あなたの自宅や勤め先などに近くことを禁止される。

もし発覚したら

  • 100万円以下の罰金。
  • 1年以内の懲役。

これは非常に効力のある命令です

禁止されるのは

  • 物理的な接触。
  • 無言電話。
  • メールで連絡。

「夫から連絡がくるのではないか」という恐怖が軽減します。

接近禁止命令は保護命令の一種!効力と手続き方法まとめ|離婚弁護士ナビ
接近禁止命令は保護命令のうちの1つで、身体的暴力や脅迫をしてくる配偶者又は交際相手が、接近しないようにするための制度です。裁判所に申し立てる必要がありますが、手続きは難しくありません。この記事では、接近禁止命令の基礎知識と申立ての方法を紹介します。

対策4|離婚する

家庭内暴力の最後の対策離婚です。

  • 「暴力をふるってくる夫からは離婚したい」
  • 「離婚を切り出したら暴力を振るわれる」

なかなか離婚を言い出せません。

離婚については「酒乱夫・アルコール依存症の妻のための離婚」という記事でまとめました。

旦那の酒を理由に離婚できるか?
この記事は「離婚の理由が酒」について無料相談ができるサイトや今の悩みに相談に乗ってくれる機関の紹介、弁護士のサイトや動画のリンクを張りながら簡単に、大雑把にまとめています。結論を言えば「離婚できるか」は個々の事情により違います

一人で悩むのをやめて専門家に相談するのがベストです。

特に暴力をふるわれている場合、弁護士などの第三者を入れましょう。

裁判では「婚姻を継続しがたい重大な自由」としてアルコール依存症・DV被害を訴えます。

裁判を起こす前にDV被害の証拠を揃えます

できるだけ多く集めておくほうが有利になる可能性が高くなります。

録音・録画・メールも残しておきましょう。

また、暴力が原因で病院に行った場合は診断書を書いてもらいましょう。

医師に夫のDVによって治療にきたことをと伝えておきましょう。

DVで訴える|離婚・損害賠償・刑事責任を訴えるための方法|離婚弁護士ナビ
DVで訴えるには主に『離婚』『損害賠償(慰謝料)』『刑事責任』の3種類の方法があります。この記事では、それぞれの訴え方について詳しく解説するとともに、DV被害から身を守る方法もあわせて紹介します。

家庭内暴力の相談窓口

警察に被害届を出す

緊急は「110」

やっかいなのは警察が来ると急におとなしくなり帰ると再び暴れだす依存症者は多いです。

「被害届を出す」「上記の施設へ行きたい」と具体的に訴える必要があります。

警察署の生活安全課にはDV専門の職員がいます。

避難シェルターなどを紹介してもらえる可能性もあります。

また被害届を出しておきましょう。

被害届を出せば必ず警察が捜査をしてくれるわけではありません。

しかし後で刑事責任を追及することも可能になります。

民間

被害の相談先など

DV相談ナビについて | 内閣府男女共同参画局
内閣府男女共同参画局のホームページです。...
DV|法テラス
生活保護と福祉一般:福祉事務所一覧
生活保護と福祉一般:福祉事務所一覧について紹介しています。
裁判所|裁判所の管轄区域
DVから身の安全を確保するためにできること
配偶者などからの暴力(DV)に苦しんでいるなら、まずは警察や公的機関に相談し、配偶者から離れて身の安全を確保しましょう。この記事では、DV被害の相談先や、裁判所に保護命令を申し立てる方法について詳しく...

結論|アルコール依存症の家庭内暴力の対策をしよう

それでも何もしないあなたへ

妻や子供は暴力の被害者で、悪いのは暴力をふるう方です。

「アルコール依存症の家庭内暴力の原因」という記事で以下の内容をまとめました。

  • 「アルコール依存症の家庭内暴力の原因家族に対する甘え」
  • 「家族への依存と言い換えてもいい」
  • 「飲酒での怒りはほぼ間違いなく「悪」」

よろしければどうぞ。

アルコール依存症の家族への暴力と原因
この記事は「アルコール依存症の家庭への暴力と原因」ですアルコール依存症の家庭内暴力の原因は家族に対する甘えです。依存と言い換えてもいいと思います。そしてそれを継続させる要因があります。 依存症者は飲酒を継続...

その他の家族についての記事はこちらです。

酒乱 旦那
「酒乱 旦那」の記事一覧です。


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました