お酒を飲むとなぜ眠くなる?

この記事は「お酒を飲むとなぜ眠くなる?」です

お酒を飲むと眠くなりますよね。

しかし、逆に目が覚めてしまうこともあります。

一般にお酒には入眠効果があるけれど睡眠の質を悪くする働きがあるからです。

そもそもお酒を飲むとなぜ眠くなるのでしょうか?

眠くなる理由はお酒に強くても弱くても同じです。

大きな理由である脳内のGABAA受容体・体の内部の温度(深部体温)の低下・低血糖・睡眠物質(アデノシン)についてまとめました。

特にGABA受容体とアデノシンはアルコール依存とも関係があります

不眠寝酒で解消しようとする人は多いですし、私もそうでした。

しかし睡眠の仕組みを知れば知るほどアルコールは睡眠にとって良くないことが分かってきました。

この記事だけですべてを説明しきれませんが「不眠に寝酒は害だ」ということをいろいろな角度から記事にしています。

断酒のモチベーションになれば幸いです。

脳からの指令

アルコールは血液に入って循環してに到達すると活動を低下させます。

アルコールが脳幹の背側部分網様体)を麻痺させ大脳皮質の活動を低下するからです。

理性をコントロールする大脳皮質の働きが弱まると、普段は抑制されている本能や感情をつかさどる大脳辺縁系の活動が活発になります。

アルコールによって麻痺した考えることがうまくできず身体も思うように動かせなくなってしまいます。

ですから「眠ってしまえ」という指示を出しやすいということです。

飲食店や道、駅などで寝てしまう人がいます。

「眠ってしまえ」という指示を出しやすいのね!

脳内のGABAA受容体が眠くなる原因

アルコールを飲むと最初は緊張がほぐれてリラックスします。

エタノール(アルコール飲料の酔いのもとになる成分)に緊張を緩和させる作用があるからです。

アルコールの血中濃度低濃度であれば抑制がとれます。

やがて中枢神経を麻痺させます。

集中力が低下し少し眠くなります

これは脳内のGABA受容体が原因です

動物実験で GABAA受容体がアルコールによる中枢神経抑制作用に重要な役割を果たすことがわかってきました。

GABA は中枢神経系の主要な抑制性神経伝達物質でGABA受容体にはイオンチャネル型GABAA受容体代謝型GABAB受容体があります。

GABAがこの受容体に結合すると興奮性神経伝達であるグルタミン酸系抑制(特にNMDA受容体の抑制)して眠くなります

アルコールは『GABAA受容体』に結合してリラックス効果と入眠をもたらします

しかし、GABAA受容体は酒量を増やし依存の原因となります。

依存になる脳の仕組みはこちら。

依存症になっていく脳とドーパミンのメカニズム
この記事は「依存症になっていく脳とドーパミンのメカニズム」です「依存症は脳の病気」「依存症は脳の報酬系回路が狂ってるんだ!!」などと聞いたことはありませんか?脳の変化を画像などで見ることができるようになって依存症の脳...

眠くなる仕組みはこちら。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsbpjjpp/21/1/21_39/_pdf/-char/ja
アルコールの作用
アルコールは少量なら気持ちをリラックスさせたり会話を増やしたりする効果がありますが、大量になると麻酔薬のような効果をもたらし、運動機能を麻痺させたり意識障害の原因になります。その他、少量のアルコールは循環器疾患の予防になったりHDLコレステロールを増加させたりします。

眠い時の体温は手足はポカポカで体の中が冷たくなる

また適量のアルコールは血行を良くします。少しポカポカします。

手足がポカポカすると眠くなります

しかし飲みすぎると血中のアルコール濃度上昇して血管が収縮します。

そして体の内部の温度(深部体温)が下がり眠くなります。

体全体より

  • 手足などの体温が高い時
  • 深部体温(体の内部の温度)が低い時

に眠りやすくなります

体は手足などの特定の部位からに逃がすことで内部の温度を下げます

そして体全体の代謝を下げ引き続き脳の温度も下がって眠りに入ります

脳の温度を下げて疲労を回復させるのが睡眠です

睡眠と体温の詳しい説明はこちら。

睡眠と体温|体温と生活リズム|テルモ体温研究所
テルモ体温研究所は体温をキーワードに新しい健康生活を提案していきます

低血糖を引き起こす

またアルコールは低血糖を引き起こします。

脳のブドウ糖が不足します

脳はブドウ糖がエネルギー源なので、血糖値の低さに特に敏感に反応します

脳のブドウ糖が不足するのは肝臓でのアルコールエタノール)の代謝糖代謝より優先されるからです。

アルコールが優先かぁ

本来肝臓グリコーゲンになり貯蔵されます。

そしてグルコースが作られ血液中に放出されるのですが、この働きが抑制されるのです。

特に空腹が長く続いているときは低血糖になりやすいと言われています。

低血糖の典型的な症状として眼のかすみや眠気はよく知られています

以前、アルコール専門病院に入院していた時、他の患者が飲んだ後翌朝インスリンを注射すると急に血糖が下がると言っていました。

依存症者は変な実験をしたがるようです。真似をしないでください。

アルコールと糖尿病についてはこちら。

Request Rejected

アルコールで睡眠物質の濃度が高くなるから

睡眠時間の調整には睡眠物質(アデノシン)が関わっています。

アデノシンは目覚めていた時間の長さに応じて睡眠を調整しています。

ずっと起きているとアデノシンの濃度が上がります

そして脳と脊髄にあるアデノシン受容体結合一定レベルに達すると眠気がやってきます。

脳はアデノシンに目を光らせているんだね

そもそも睡眠中は覚醒を維持する神経伝達物質(ノルアドレナリン、セロトニン、ヒスタミン、アセチルコリン、オレキシンなど)を生み出す神経細胞抑制されています。

アデノシンは脳を強力に目覚め(覚醒)させる神経伝達物質であるヒスタミンが放出するのを抑えます。

アレルギー鼻炎の治療薬である抗ヒスタミン薬を服用すると眠くなるのは脳内のヒスタミンの作用が抑えられるからです。

アルコールを飲むとやはりアデノシンの濃度が上がります

お酒を飲むとアデノシンの濃度が高くなるんだね

だから眠くなるんだ!!

脳内のアデノシンに変化の兆しがあるときはアルコール依存睡眠障害の両方が関係するという調査結果もあるようです。

アルコールによってアデノシンの力が不自然に高まると睡眠の調整(恒常性)が狂い、身体はそれを元に戻そうとします。

寝る間際に飲酒すると、通常のレム睡眠よりさらに眠りの浅い「リバウンド効果によるレム睡眠」がやってくるので、身体はそうした異常事態を何とか収めようとするようです。

脳との関係から解き明かす睡眠の謎とメカニズム

自然に近い眠りを誘う新たな不眠症治療薬の可能性 〜睡眠誘発物質アデノシンのシグナル伝達経路への新アプローチ〜 | ニュース・広報 | IIIS 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
睡眠覚醒機構の解明を目指し、基礎から臨床までを網羅する世界トップレベルの睡眠医科学研究拠点。国際統合睡眠医科学研究機構

参考記事です

アルコール依存症の不眠の症状
お酒を飲むとなぜ眠くなるのか?「お酒を飲むとなぜ眠くなるのか?」という記事をまとめました。よろしければどうぞ。お酒が睡眠に悪い理由お酒は入眠を助けるけれど…「お酒は入眠を助けるけれど」という記事でまとめました。よろしけれ...
お酒で睡眠のリズムが壊れる|レム睡眠とノンレム睡眠
レム睡眠とノンレム睡眠睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠という2つの睡眠状態に分けられます。レム睡眠は浅い睡眠、ノンレム睡眠は深い睡眠です。アルコールはこの睡眠のリズムを壊します。脳波のリズムを調べると、普段はベータ(...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました