アルコール性肝硬変の症状に関する基礎知識

この記事は「アルコール性肝硬変の症状に関する基礎知識」です

肝硬変というとどういうイメージをお持ちですか?

もはやどうしようもない?

移植で治るのかしら?

肝硬変は原因により将来的な状態・見込みが異なります

アルコール性肝硬変の場合断酒すれば予後は良好になる場合が多いようです。

断酒した上でそれぞれの症状適切な治療がなされます。

絶対に断酒してください。あとはお医者さんと相談です

そもそも肝臓の病気は症状の名前がややこしく、イメージしずらいですよね。

脂肪肝、肝硬変、肝不全、肝臓がんなど。

アルコール性肝硬変と診断されたら酒飲みにとっての末期症状といえます。

純粋にアルコ-ルのが原因の肝硬変は全体の10~15%程度とされています。

この記事では肝硬変って何? という方にこの症状の概略をまとめました。

治療法を専門的に書いた記事ではありませんので現在治療中の方は医師の指示に従ってください。

肝硬変とは?

肝硬変はアルコール性肝臓病の最終段階

アルコール性肝臓病の最終段階が肝硬変です

肝臓の病気が長い期間進行した結果肝臓が線維化して肝臓が硬くなり肝機能が低下した状態です。

厚生労働省は「日本酒で約7合を毎日10年以上飲み続けた場合約20%に、また15年以上飲み続けた場合では約50%に生ずる」と報告しています。

一般的に「肝硬変はもう治らない」と思われています。

しかし、アルコールが原因の場合は断酒継続で肝臓の機能が回復する場合も多くあります。

あきらめないでね

アルコールと肝臓病
アルコールの飲みすぎにより肝臓病がおこります。はじめは脂肪肝で、飲みすぎれば誰にでも起こります。飲み続けているとアルコール性肝炎になり、死亡することもあり得ます。さらに飲み続けると肝硬変という最終段階に入ります。ここまで来ると治すことが困難になります。そうならないような飲み方、またアルコール性肝臓病の早期発見が大切です...
肝硬変・肝不全|東京慈恵会医科大学 肝胆膵外科
肝硬変・肝不全の説明。東京慈恵会医科大学病院での治療・生体肝移植について、成績の紹介。

肝硬変とは肝臓がカチカチに硬くなってしまうこと

肝硬変とは簡単に言えば肝臓がカチカチに硬くなってしまうことです

肝臓は本来柔らかい臓器です。圧迫や衝撃にも弱いです。焼肉のレバーです。

肝硬変になると腹水・黄疸・吐血などの症状が出ます。

表面がゴツゴツと硬くなり、凹凸状になるのね

肝硬変ガイド|患者さんとご家族のためのガイド|日本消化器病学会ガイドライン
肝硬変 (かんこうへん) | 社会福祉法人 恩賜財団 済生会
肝臓の病気にはさまざまなものがありますが、どの病気も治癒しないまま経過が長引き、慢性状態で進行すると、最終的に肝硬変へと進展します。炎症が長期にわたって続き、肝細胞の破壊と肝臓の繊維化が起こる結果、肝表面がゴツゴツと硬くなり、凹凸状の様相を呈します(凹凸不整)。この状態が肝硬変です。

肝臓が線維化する

肝臓に再生能力がありますが、限界があります。

炎症で肝細胞が破壊され続けると修復が追い付かなくなります

破壊と修復を繰り返すうちに線維化し肝臓がカチカチに硬くなります

修復するときにできる線維(コラーゲン)というタンパク質が増加します。

本来は、合成(産生)と分解を繰り返しながら一定のバランスを維持していますが、そのバランスが崩れて肝臓全体に広がり線維化となります。

肝生検が必要になることもあります。

肝生検とは腹部に検針を刺し肝臓の組織の一部を採取する検査です。

ちなみに私は肝生検の時高熱が出ました

顕微鏡を使うと、肝臓の細胞が線維によって周囲を取り囲まれているように見えるそうです。

線維化が進むと肝臓自体も少し小さくなります。

硬く、小さくなった肝臓は本来の機能を果たせなくなってしまいます。

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/04-%E8%82%9D%E8%87%93%E3%81%A8%E8%83%86%E5%9A%A2%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E8%82%9D%E8%87%93%E3%81%AE%E7%B7%9A%E7%B6%AD%E5%8C%96%E3%81%A8%E8%82%9D%E7%A1%AC%E5%A4%89/%E8%82%9D%E8%87%93%E3%81%AE%E7%B7%9A%E7%B6%AD%E5%8C%96

肝硬変の怖い合併症

合併症を起こすのは?

肝臓が固くなると門脈という血液を肝臓に運ぶ血管から血液が入りにくくなります

そして門脈内の圧力が異常に高くなる門脈圧亢進症という状態になります。

これが合併症を引き起こします。

肝臓の機能が衰えると老廃物の処理は腎臓が代わりに引き受けるので急性腎不全を起こす場合もあるんだね

肝硬変の合併症とその治療
 肝硬変とは、肝臓が炎症と修復を繰り返すうちに徐々に硬くなった状態です。記事1『肝硬変の原因・症状』では、肝硬変の原因と症状についてご説明しました。肝硬変が進行すると、さまざまな合併症が起こる可能性があります。本記事では、肝硬変の合併...

食道・胃静脈瘤

肝硬変になると血液が肝臓に流入しづらくなり血液の流れが悪くなります

肝臓へ流れるはずの血液が逆流し、その血液が肝臓を迂回して流れるようになります。

食道静脈がバイパスになることが多いです。

そこに大量の血液が流入すると血管壁に圧力がかかりこぶのように膨らみます

静脈瘤です

このこぶ(静脈瘤)が破裂すると大出血を起こします。

血液の混ざった黒色便あるいは吐血が起こると破裂の可能性があり命にかかわることもあります。

特に食道に出来た静脈瘤は食道の内側ぼこぼこ凹凸をつくり、硬い物を食べたり、少しの刺激で傷つき消化管内で出血を起こす場合があります。

胃カメラで検査します

食道胃静脈瘤 - 肝臓の病気にかかると出現する症状 | よくわかる肝臓の病気「疾肝啓発」
肝硬変になると血液が肝臓に流入しづらくなり、血液の流れが悪くなります。すると、本来肝臓に流入するはずの血液が違うルートに流れるようになります。ここでは、食道胃静脈瘤について解説しています。

肝性脳症

肝性脳症とは、肝臓の働きが低下して本来脳には届かないような物質が脳に入り込むことにより脳神経機能が低下してさまざまな意識障害が出ることです。

肝臓は腸管内の細菌によって作られるアンモニア無毒化する機能があります。

肝硬変になると肝機能が低下します。有害物質の解毒ができなくなり血液中にアンモニアが増えます

門脈圧亢進症によって血液が肝臓を迂回して別の静脈を通るようになります。

つまり血液が肝臓を通らなくなるので解毒もされません。

機能低下でアンモニアが増える+血液が肝臓を通らない

なので、アンモニアはどんどん増えます。

多量のアンモニアが脳の中枢神経に達すると障害が起きます。

私は仕事中PCのモニターを見ていたら、画面がぐるぐる回り始めました

PCが壊れたのかと思い、立ち上がると世の中全てがぐるぐる回っていて「なんだこれは」と思ったら意識をなくしました

救急車で運ばれ入院しましたが、原因は肝臓がアンモニアを解毒しなかったからと言われました

  • 昼夜逆転
  • 判断力の低下(人や場所を間違えるなど)
  • 羽ばたき振戦(手の甲を自分に向けて手の関節を曲げると、関節や指先が羽ばたくように揺れ動く状態)
  • 錯乱状態や混迷
  • 意識がなくなる
肝性脳症について
肝性脳症とは、肝臓の機能が低下した結果、意識障害などの症状が起こる状態を指します。 肝臓は、体にとって不要な物質を解毒する作用を持っているため、肝臓の機能が低下すると体内に不要な物質が蓄積します。肝性脳症は、こうした不要な物質が...
肝性脳症の症状 - 肝臓の病気にかかると出現する症状 | よくわかる肝臓の病気「疾肝啓発」
「肝性脳症」を発症すると、「意識障害」、「異常行動」、「はばたき振戦」などの神経症状が現れます。ここでは肝性脳症の症状について解説しています。

腹水

肝硬変になると腹部に体液が異常に溜まって腹水となりお腹が張ってくることがあります

門脈の圧力が高まると血しょう(血液の液体成分)が血管外の漏れ出ます。

リンパ液もリンパ管から漏れ出るようになります。

肝機能が低下して、血液中の水分を維持するアルブミン(小さなタンパク質)の合成が減り低たんぱく血しょうになります。

血しょう・リンパ液が漏れる(門脈圧亢進症)のにタンパク質の合成能力が低下(低たんぱく血しょう)が加わって腹水がたまります

肝硬変の腹水は淡黄色で、細菌や多数の細胞はみられません。

合併症のない肝硬変腹水の場合安静を保ち、食事は塩分を抑えた薄味の味付けとして、余分な食塩摂取を控えます

浮腫・腹水 - 肝臓の病気にかかると出現する症状 | よくわかる肝臓の病気「疾肝啓発」
肝硬変になると血液が肝臓に流入しづらくなり、血液の流れが悪くなります。それにより血液の成分が血管外へ染みだしてきます。ここでは、浮腫・腹水について解説しています。
肝硬変ガイド|患者さんとご家族のためのガイド|日本消化器病学会ガイドライン

黄疸

黄疸を発症すると皮膚や目が黄色に変色します

病院で医師が黄疸があるかどうかは眼球結膜(眼球の白い部分)を診ます。

肝硬変で肝機能が低下するとビリルビンという色素が血液中に増加します。

その結果、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着して黄疸を起こします。

私の体験では黄疸が出たときは、全身が強い倦怠・疲労を感じました

また皮膚のかゆくなり、 発熱して、尿の色が濃くなりました

黄疸 - 肝臓の病気にかかると出現する症状 | よくわかる肝臓の病気「疾肝啓発」
肝臓の機能が低下すると、ビリルビンと呼ばれる黄色い色素が代謝できずに血中で増加します。ここでは、合併症のひとつ、黄疸について解説しています。

黄疸(おうだん) ~病気のサインです~

対策は断酒

アルコール性肝障害の治療は断酒です

これは脂肪肝であっても肝硬変であっても同じです。

長期的には専門病院のプログラム自助グループなどが効果的ですが、今肝臓が危険な状態では医師の指示に従いましょう。

アルコールを飲むと不快な症状が出る薬飲酒欲求を低減させる薬もあります。

お勧めはアルコール専門病院ですが、肝臓の治療を優先する場合はそうはいかないこともあると思います。

病院の先生に「こういった薬があるのですが」と相談するのも一つの方法だと思います。

断酒薬
このページは「 セリンクロとレグテクトと抗酒剤 アルコール依存症に効くのは?」です 結論「現段階ではどの薬も決定的な力があるとは言えないが、色々な方法と組み合わせて補助的に使用すると一定の効果が見込める」です ア...
アルコール専門病院
このページは「アルコール専門病院」です 病院についてはこちら アルコール専門病院へ行きたがらない人でも納得する5つの理由この記事は「アルコール専門病院へ行きたがらない人でも納得する5つの理由」ですお酒をやめられない人が病院で治...

肝硬変にふさわしい食事は低蛋白食血清アルブミン値を上げる栄養療法が有効だそうです。

脳症を防ぐための低蛋白食や便秘を防ぐために野菜や海草類などの食物繊維を多く含む食事、腹水や浮腫を防ぐ塩分制限食などがあります。

基本はバランスの良い食事だよ

肝硬変の栄養療法

昔は、肝臓の病気は安静が第一でした。

最近は筋力を低下させないことが重要と考えられています。

筋肉はアンモニアの解毒やエネルギーの産生など肝臓と似た働きもしています。

あまり安静にしすぎると、筋肉がすぐに落ちてしまうので、ウォーキングなどの軽い運動をして筋肉組織を健康に保つことも効果的です

自分でできる肝硬変の在宅療法|大塚製薬
肝硬変の原因や症状についての情報や、肝硬変時に留意すべき栄養摂取について解説します。「肝硬変の栄養療法の考えかた」、「自分でできる肝硬変の在宅療法」のページです。

参考記事

断酒 肝臓
このページは「断酒すると肝臓は回復する」です 断酒をすると効果を感じられるのは肝臓の数値です。 アルコールが原因で起こった肝機能障害は断酒をすれば基本的には回復します。 お酒の飲みすぎと言えば何と言っても肝臓です ...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました