HALTの法則で依存症は回復する

この記事は「HALTの法則で依存症は回復する」です

HALTの法則って聞いたことはありますか?

HALTの法則とは依存症の人が、再飲酒、再利用をしないために守るべき事柄をシンボリックに言い表したものです。

病院でも使われますが、自助グループでより使われる言葉です。

最近では人間関係を円滑にするために、気を付けるべきポイントとしても使われているようです。

Hungry:空腹

Angry:怒り

Lonely:孤独

Tired:疲労

以上の頭文字をとってHALTの法則と言います。

スリップした時を思い返すと、イライラしたり寂しかったりしていませんでしたか?

これらに気を付けることによって、依存状態から逃れ、回復に向かうことができるようになります

今回はアルコール依存症の事例で説明しましたが、薬物依存症、たばこ依存症、摂食障害(過食・拒食症)、買い物依存症、ゲーム依存症、パチンコ依存症、仕事依存症、恋愛依存症、DV(暴力)などあらゆる依存症・精神の病気を引き金とする障害・症状からの治療・回復に応用できます

サマリー:HALTの法則で依存症を知る

HALTの法則でアルコール依存症を知ることができます

  • 大酒飲みは空きっ腹に飲むことを好みます。(hungry)
  • 大酒飲みになると絡み酒、いびり酒、やがて暴言から暴力に発展していきます(angry)。
  • 大酒飲みは一人黙々と飲むようになります(lonely)。
  • 仕事、家事や育児で体が疲れすぎたり、ストレスがたまりすぎると、酒の量は止まらなくなってしまいます(tired)。

Bradford Health Servicesの説明です

HALT: The Dangers of Hunger, Anger, Loneliness, and Tiredness - Bradford Health Services - Drug and Alcohol Rehabilitation Center
The key to maintaining a life in recovery is a combination of self-care and self-awareness. By taking care of ourselves and recognizing certain signs, we can pr...

Hungry:空腹

空腹は断酒の敵

空腹は断酒の敵です

空腹はイライラを感じやすく、疲れやすくもなるのでスリップをしやすくなります

以下の記事で詳しく説明しました

空腹は断酒の敵
「空腹は断酒の敵」です。空腹はイライラを感じやすく、疲れやすくもなるのでスリップをしやすくなります。その理由を闘うホルモン、脳の機能低下、安心ホルモンで説明しました。

Hungry:不足している気持ちが強いと依存症になりやすい

メンタルでも不足感・満たされていない心が強いと依存症になりやすいと思います

空腹の一つです

上記でリンクを張ったBradford Health Servicesも「愛情」「達成」「理解」などのあまり具体的でないものへの飢えについて述べています。

However, when we HALT and assess our situation, we can describe a hunger for less tangible things such as affection, accomplishment, and understanding. Bradford Health Servicesより引用

満たされていない心・不足感についてはこちら

満たされていない人は依存する
この記事は「満たされていない人は依存する」です。私は自分自身の体験や自助グループ・断酒仲間などの体験から肉体的な空腹感だけではなくメンタルでも満たされていない・不足感が強いと依存症になりやすいと実感しています。愛情不足と承認欲求の不足についてまとめました。

Angry:怒り

「イライラ」「怒り」の感情が再飲酒を防ぐ重要ポイントです

「腹が立った」ときに「アルコール以外の方法」で発散できれば、再飲酒のリスクは下がるのではないかなと思います

イライラ防止のための方法をまとめました

イライラ・怒り
このページは「アルコール依存症の特徴である怒りを和らげたい」です ついイラッとしたり、子供を叱ると止まらない…そういう悩みはないでしょうか? 依存症がスリップする直接の原因は「怒り」からくることが多いようです。 アンガーマネジ...

Angry:不安からの怒り

「不安」からの怒りは女性に多く見られます

愛着障害が原因です。こちらにまとめました。

不安からのイライラは女性に多い
この記事では不安からのイライラと対策についてまとめました。「普段は素直でいい子なのに急に烈火のごとく怒りだす」という特徴は愛着障害が原因であることが多いようです。対策としてスキンシップなどの触れ合いやコミュニケーションが必要な理由を書きました。

Lonely:孤独

「孤独」が飲酒を呼び込むのはよくわかります

外で飲む動機で最も多いのは「寂しさを紛らわせる」ことだと思います。

高いお金を払って、飲みながら愚痴や不満の相手をしてもらって「孤独」からほんの一瞬離れようとします

ハーバード大学教授のロバート・ウォールディンガーの研究(What makes a good life? Lessons from the Longest Study on Happiness)で「孤独は毒」と言っています。

What Makes a Good Life? Lessons from the Longest Study on Happiness - Mindful
A Harvard researcher reveals how to build a fulfilling, long life filled with true happiness and satisfaction.

家族や友人などとのつながりの多い人は、少ない人に比べて幸せを感じやすく、健康で、長生きだと主張しています

一方で、孤独を感じている人は、中年期から健康問題を抱え、認知機能も低下しやすく、長生きできなかったそうです

先ほどの怒りに関連して、その原因が家族や職場などの親しい人との間で「愛されていない」「認められていない」「孤独になっている」と、不満な状態からくるものでないかどうかは、大事なポイントだと思います。

また一人酒はアルコール依存症を加速させます。「孤独」を紛らわせるために飲酒をすると、どんどん深みにはまっていきます

孤独を感じている方に役立てばと思ってまとめました。

孤独は断酒を妨げる
このページは「孤独は断酒を妨げる」です 目次 寂しくて酒を飲むと人は余計に孤独になる断酒継続のための孤独・寂しさ対策断酒の敵は言いたいことを我慢するストレスアルコール依存症が飲むようになったきっかけは...

Tired:疲労

適度な運動は心身にとって良いのですが、疲れすぎると心の働きは間違いなく落ちます。

アルコール依存症の人は完全主義・仕事中毒になりやすいので、疲れからストレスがたまり、再飲酒(スリップ)するケースもよく見られます

心も体も、適度な負荷+十分な休息によって、成果や成長が期待できます。

アルコール依存症になると不眠対策も必要です。眠りが悪いと慢性的に疲れてしまします

疲れすぎかどうかをチェックできるサイトです。

その疲れは「休め」のサイン 慢性疲労に陥るメカニズム|ヘルスUP|NIKKEI STYLE
「だるい」「朝、起きられない」「休日にゴロゴロしても休んだ気がせず、疲れが残る」――。こんな状態が続くビジネスパーソンは珍しくない。気になる疲れの正体やその解消法を、疲労研究に25年以上携わる関西福祉科学大学教授・倉恒弘彦さんに聞いた。意外な…

アルコール依存症の不眠対策についてまとめました。

不眠は断酒を妨げる疲れ
このページは「不眠は断酒を妨げる疲れ」です 不眠は断酒を妨げる疲れ アルコール依存症の不眠は辛いアルコール依存症の場合、眠れない夜にお酒に手が出た結果ひどい飲み方になった人が多いです。睡眠に完璧を求めない。再飲酒より眠れない...

依存症・アダルトチルドレンは人間関係からの精神的疲れにも気をつけたいです。

肉体的にも、精神的にも疲れがたまった状態では、感情や欲望をコントロールすることは難しくなってしまいます

アルコール依存症の人間関係克服のヒントをまとめました。

断り方が上手くなると楽になる
依存症・AC・メンタルがつらい人が断れない時は、人から嫌われることを恐れる気持ちが強いことが多い。「ありがとう」をまず伝え、相手に嫌われずに自分の考えを主張する方法についてまとめました。「ありがとう」の習慣で人間関係が好循環し、自己肯定感が高まり、心を楽にします

依存症の人の人間関係の疲れについて書きました。

人間関係で疲れないために
適切な人間関係を作れないと思っているなら機能不全家族・アダルトチルドレンの可能性があります。自分を責めすぎず適切な人とのかかわりを持つために、孤独を癒しながら一歩を踏み出すことで自己肯定感を高める私の提案をまとめました

結論|依存症はHALTの法則を使って回復する

アルコール依存症は飲酒をコントロールできない病気です

依存症になってしまうと、一切お酒は飲めません

断酒のみです。なぜならコントロールして飲めない(節酒できない)からです

ただHaltの法則は依存症だけに当てはまる法則ではありません

とりあえずお酒をやめようと思った方はHALTの法則を味方につけて、チャレンジしていただければ幸いです。

また依存症の人は、HALTの法則を頭において生活するとスリップを避けることができます。

再飲酒のリスクマネジメント・依存症からの回復に「空腹」「怒り」「孤独」「疲れ」━HALTの法則を使っていただければ幸いです。


アルコール依存症ランキング

関連記事です。

断酒 方法
誰にでも同じような効果のある断酒法は存在しないと思っています。しかし最大公約数的に考えて似たようなポイントで成功したり失敗したりしています。できるだけ具体的にいろいろな記事で書いています。
断酒 効果
このページは「断酒の効果」です 断酒の効果、メリットが「いつから?」━「1週間」「1年」などの「期間」から。 「肝臓」「血圧」「脳」など症状から。 「ダイエット」「肌」「むくみ」など具体的に私や断酒仲間たちの体験をもとにまとめ...
タイトルとURLをコピーしました