他人の不幸を喜ぶ(シャーデンフロイデ)脳科学の実験

この記事は「他人の不幸を喜ぶシャーデンフロイデ脳科学の実験」です

結論は「自分と同じ目標や自分とよく似た人が成功・幸せになると妬みやすい」です

他人の不幸は蜜の味という感情・心理は誰の心にも多かれ少なかれあるのではないでしょうか?

他人の不幸を喜ぶ気持ちを心理学ではシャーデンフロイデと言います。

  • シャーデンフロイデを喚起するのは妬みの感情です。
  • 人間関係で妬みは克服しがたい感情です。
  • 妬みというと女性に多いというイメージがありますが「他人の不幸を喜ぶ感情」は、仕事・人生の岐路では男性のほうが強い側面もあります。

今回の記事では、脳内を測定する実験をもとに妬みや他人の不幸がどのような特徴を持ち、働きをしているかを考察しました。

他人の不幸は蜜の味はどんどん過激になる

他人の不幸は蜜の味という感情を抱くことが日常化してくると、さらに刺激を求め、攻撃的になり、より一層その感情が強くなっていく可能性が高いといえるかもしれません。

週刊誌の記者やワイドショーのレポーターなどの言葉や行動からは、やはり攻撃性が感じられます。

テレビのワイドショーや報道番組、週刊誌などは他人の不幸が良く取り上げられます

どこまで恣意的かはわかりませんが、いったん持ち上げてその後で落とすということもよく見られます。

対象が芸能人であれ、政治家であれ、ある時期までみんなのあこがれのように取り上げて、その後でスキャンダルを暴く視聴率が取れたり、部数が増えたりするのだろうと思います。

こういったやり方はいやらしいなと思いますが、今回の実験から、彼らにとって合理的な、上手いやり方だということが推定されます。

ワイドショーや週刊誌のゴシップ記事をつまらないと思いつつも、つい見てしまう理由が分かります    

他人の不幸を喜ぶ感情(シャーデンフロイデ)の実験

妬みの感情の実験

妬みや他人の不幸を喜ぶといった感情が起こるときの、脳内を計測した実験があります

結論

結論として、まず妬みの感情 他人の不幸を喜ぶ感情があります。

妬みの感情のほうが他人の不幸を喜ぶ感情より持ちやすいという事実。

そして他人の不幸を喜ぶ感情は、自分がより強く妬みを感じる人に対して抱く傾向がある。

嫉妬心の強い人ほど、他人の不幸を喜ぶ傾向があるということです

実験で分かったこと

  • 人は自分と特性や目標がよく似た人で、自分より優れている人嫉む傾向がある
  • 人は自分と特性や目標が違っていて、自分より優れていない人には、嫉まない傾向がある
  • 妬みの感情を抱きやすい人と、抱きにくい人いる
  • 人は妬みの感情のほうが、他人の不幸を喜ぶ感情より強い
  • 他人の不幸を喜ぶ感情は、自分がより強く妬みを感じる人に対して抱く傾向がある
  • 嫉妬心の強い人ほど、他人の不幸を喜ぶ傾向がある
  • 人は繰り返し他人の不幸を喜ぶと、その対象に関係なく常態化して攻撃的になり、その行動を止められなくなる

実験内容

健康大学生19名が被験者です。

学生にはあらかじめ本人が主人公であるシナリオを読んでもらいます

本人は平均的な大学生という設定。

シナリオは本人以外3人の人物 が登場します。

学生A自分と関連が高く、自分より優れている

  • 本人と同性進路や人生の目標趣味共通関連性が高い)。
  • 本人より学業成績、所有する自動車異性からの人気などを多く持っている(自分より優れている)。

A俺より勉強ができて、良い自動車を持っている。おまけに女の子からチヤホヤされる。進路や趣味までよく似ている

学生B自分と関連が低く、自分より優れている

  • 本人と異性進路や人生の目標趣味全く異なる関連性が低い)。
  • 本人より学業成績、所有する自動車異性からの人気などを多く持っている(自分より優れている)。

BはAと同じように勉強もできるし、いい自動車も持っていて男の子から人気がある。けど異性だしそもそも進路や趣味も違う

学生C自分と関連が低く、自分と同じくらい

  • 本人と異性進路や人生の目標趣味が全く異なる(関連性が低い)。
  • 本人と同じくらいの学業成績、所有する自動車異性からの人気など平均的な特性を持っている(自分と同じくらい)。

Cは勉強・自動車も同じくらい。男の子にもててるのかな?俺と同じくらいか。異性だし進路なんかは全然違う

実験

実験は、本人がシナリオを読んだ後、学生A、 B、Cに対する脳活動をfMRIにて計測

その後、学生A、 B、Cに対する妬みの強さ6段階(1=全く感じない、6=非常に強く感じる)で評定してもらいました。

結果

まず妬みの評定です

読者のみなさんに質問です。

学生A(自分と関連が高く、自分より優れている)、学生B(自分と関連が低く、自分より優れている)、学生C(自分と関連が低く、自分と同じくらい)では誰に最も嫉妬心を抱きやすいと予想されますか?

結果は学生A>B>Cの順でした。

俺が一番妬まれてるのか

fMRIで脳活動を計測した結果、脳内の前部帯状回の活動がA>Bで強いことがわかりました。

また評定妬みの強い被験者ほど、前部帯状回の活動が高いという相関関係が観察されました。

前部帯状回は痛みや葛藤の処理にも関わっている場所です。

  • 身体の痛みに関係する前部帯状回が、心の痛みである妬みにも関与しているのは興味深いと実験者によって報告されています
  • つまり自分と特性や目標がよく似た人で、自分より優れている人に嫉む傾向がある。
  • 自分と特性や目標が違っていて、自分より優れていない人には、嫉みにくいという結果ですね

これはよくわかりますね。

「例えば高校野球で甲子園出場を目指していた人の場合で、本人が地方予選で敗退したとします」

  • すると彼にとって甲子園に出場した選手は、妬みの対象になるということです

「女性でアイドルを目指してオーディションを受けているけど、落ちてばかりの人の場合」

  • 彼女はテレビなどで活躍しているアイドルを見ると嫉妬心が起こるということです

「ところが甲子園に出場できなかった高校球児は、アイドルを見てもさほど嫉妬心は起こらない(少なくとも甲子園に出場した選手よりは感じない)」

  • オーディションで落ちてばかりの女性は、甲子園で活躍している球児を見ても嫉むことは少ないということです(テレビで活躍しているアイドルよりは感じない)

恐らく高校球児でもアイドル志望の女性でも自分よりはるかに優れていたり、自分が強く共感できる相手だと嫉妬ではなくあこがれ、強い尊敬の対象になるのだろうと思います。

ですからあこがれと嫉妬は紙一重だということは肝に銘じていたいと思います

そして妬みの評定で高い点数をつけた人は、脳内の活動を観察してもはっきり計測されるということです。

これは妬みの感情を抱きやすい人と、そうでない人がいるということですね 

他人の不幸は蜜の味の実験

そして実験はもう一つ他人の不幸についての計測も行われました

今度は他人に不幸が起こると言うシナリオを読んで、脳活動をfMRIにて計測し、その後、学生に起こった他人の不幸に対して抱いたうれしい気持ちを6段階(1=全く感じない、6=非常に強く感じる)で評定しました。

他人の不幸の内容は、自動車にトラブルが発生する、恋人が浮気をしたなどです。

結果学生A(自分と関連が高く、自分より優れている)に起こった不幸に関しては、中等度のうれしい気持ちが報告されました。

妬んでいる人が失敗するとうれしくなるんだね

一方、学生C(自分と関連が低く、自分と同じくらいに起こった不幸にはうれしい気持ちは報告されませんでした。

関係のない、無関心な人が失敗しても何も感じないのね

それに対応するように、学生Aに起こった不幸に対して、脳内の線条体強い活動をしましたが、学生Cに起こった不幸に対しては活動は認められませんでした。

また、他人の不幸に対するうれしさの強い被験者ほど、線条体の活動が高いという関係も見出されました。

線条体は快楽物質と言われる報酬系のドーパミンが豊富な部位で、運動機能のほか心地よい感情や意志決定などにも関わるとされています。

引用元はこちらです。詳しい内容に興味のある方はどうぞ

他人の不幸を喜ぶとドーパミンが分泌される

気をつけたいのは、他人の不幸を喜ぶと脳内麻薬とも言われるドーパミンが豊富な部位が活動するということです

快楽を経験してドーパミンが一旦分泌されたという記憶は、脳の中の「海馬」という器官に残ります。

海馬は記憶をつかさどる場所です。

繰り返し同じ快楽を経験すると、以前にも増してドーパミンが分泌されるという仕組みがあります

酒にハマる脳の仕組み
この記事では脳の報酬系や悪循環の仕組み・一度依存症になるとなぜ元通りにならないのか?についてまとめました.こういった知識があると理性の力だけで依存をコントロールできないと納得しやすくなります。無駄な抵抗はやめようと思えるのでその意味ではお勧めの内容です

ドーパミンは目標を達成したり、高い評価を得たときにも分泌されます。

恋愛感情ときめきを感じているとき、セックスで興奮しているとき、おいしいものを食べているときにも分泌されます。

ギャンブル、アルコール、オンラインゲームでも分泌されます。

これらは欲求が満たされても、もっと欲しくなる性質があります。

対象に関係なく、常態化して大量に分泌されると過剰な興奮が生じます。

その結果、攻撃的になり、その行動を止められなくなってしまいます

飲みたくて我慢できないときは攻撃的になりがちです

妬みや他人の不幸を喜ぶ感情から少しでも遠ざかり、自分の断酒を守りたいですね

参考記事

嫉妬と独占欲と依存症の関係
この記事は「嫉妬と独占欲と依存症の関係」アルコール依存症本人が異性への独占欲が強いということを自覚している人は少ないと思います。ところが奥さん(夫)の反応は違います。うちの夫が飲んでいたころは嫉妬地獄だったという奥さんは結構多いのです


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました