お酒の適量

この記事はお酒の適量です

お酒の適量ってどれくらいだと思いますか?

二日酔いにならなければ大丈夫でしょうか?

お酒の適量は一般には20gと言われることが多いです。

ビールロング(500缶ml)1本、日本酒1合くらいです

依存症になるまで飲んできた人にとっては、少なすぎる量ですね。

20g男性の数値です。女性1/2~2/3。また体重によっても違います。

ちなみにお酒の度数は関係ありません。

お酒の種類も関係ないので、焼酎・ワイン・日本酒・ウイスキーにかかわらず純アルコール量で適量を計算します。

最近は20gの適量の数値がどんどん下がっています

お酒は脳にとって、にとっては少量でも悪影響を及ぼします。

アルコールほんの少し飲むだけで、身体に悪影響を及ぼす実験結果が出ています

アルコールは怖い、飲酒はNGということを再認識すると、お酒をやめるモチベーションになります

また断酒後の健康管理に役に立つかもしれません。

アルコール  お酒  ml  飲酒  適量

厚生労働省はお酒の適量を1日20g

アルコールの「適量」でよく言われるのが1日平均純アルコールで約20g程度です

こちらに詳しく載っています。

適量ってどのくらい?
お酒の種類によってアルコール度数はかなり違います。サントリー「DRINKSMART」では、自分に合ったお酒の飲み方を紹介します。

この数字の根拠を説明します

  • 厚生労働省という中央省庁(役所・国の行政機関)があります。
  • 「公衆衛生」に関する任務と担当していて「生活習慣病対策」の活動も管轄しています。
  • 「健康日本21」という健康寿命を伸ばし生活の質の向上を目指す目的の「国民健康づくり運動」があります。

健康日本21 Jカーブ効果が適量の根拠

健康日本21(アルコール)|厚生労働省
健康日本21(アルコール)について紹介しています。

「アルコール分野」では「節度ある適度な飲酒」の知識の普及として適量が1日平均純アルコールで約20g程度であるとされています

40歳~79歳の男女約11万人を9年~11年追跡した研究の成果だそうです。

1日20g前後は、がん・心血管疾患および総死亡(外傷やその他の外因による死亡を除く)で非飲酒者よりリスクが低いことが示されています。

1日20g飲んでいる人はアルコールを飲まない人よりも大雑把に言って健康であるという調査結果が出たと書いています

これを「Jカーブ」と呼び、欧米でも飲酒量と総死亡についてJカーブ関係が示唆されているそうです。

飲酒とJカーブ
既存の疫学研究から、飲酒量と健康リスクとの関係は様々なパターンをとることが示唆されています。高血圧や脳出血は正比例関係を示すといわれていますが、非飲酒者に比べて少量飲酒者のリスクがむしろ低く、飲酒量が増えればリスクが高くなるというJカーブパターンをとるものもあります。総死亡数・虚血性心疾患・脳梗塞・2型糖尿病などでこの...

お酒の適量の計算

純アルコール量は、グラム(g)で表わされます。

以下の計算式で算出します。

酒の量(ml) × アルコール度数/100 ×0.8(アルコールの比重)= 純アルコール量(g)

比重とはある物質の質量それと同体積をもつ標準物質の質量との比のことです。

ビール中ビン1本(5%、500ml)」では

500ml × 5/100(=5%) × 0.8 =20gとなります。

「日本酒1合」「チュウハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」などがだいたいこれくらいです

  • お酒を適量飲むとアルコールがLDL(悪玉)コレステロールの増加を抑え、HDL(善玉)コレステロールが増加する。
  • 血液が血管の中で詰まりにくくなるので、心筋梗塞や狭心症など虚血性心臓病を予防する効果が確かめられています。

女性の適量は少量

女性は男性に比べてアルコール分解速度が遅い

アルコールの分解速度個人差が非常に大きいということをまず記しています。

その上で分解速度の平均値男性で1時間9g程度女性で6.5g程度となっています。

純アルコール量20gが分解されるのに、平均値では男性では2.2時間程度女性では3時間程度かかるそうです。

女性は飲酒による臓器障害を起こしやすいので、男性の1/2~2/3程度が適当と考えられるとの「目安」を示しています

女性の飲酒と健康
女性の飲酒は近年一般的になってきましたが、女性の飲酒には「1. 血中アルコール濃度が高くなりやすい」「2. 乳がんや胎児性アルコール症候群などの女性特有の疾患のリスクを増大させる」「3. 早期に肝硬変やアルコール依存症になり易いなど」特有の飲酒リスクがあります。

適量を超えリスクを高める飲酒量

健康日本21ですが「第1次」が2000年に始まり2012年に終了。

2013年度からは「第2次」が始まりました。

「第2次」では「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」を定義しています。

  • リスクある飲酒量は1日当たりの純アルコール摂取量を男性で40g以上、女性で20g以上に定めています
  • 40gは先ほど説明した20gの倍ですからビール中ビン2本・日本酒2合くらいです

ただ絶対視されるものではなくあくまで目安です。

どんな研究でも限られた条件の下で実施されています

例えば「Jカーブ」ですが、効果が認められているのは先進国の中年男女だけと指摘されています。

少量飲酒であっても高血圧・脂質異常症・脳出血・乳がん(40歳以上)などは飲酒量に比例してリスクは直線的に上がると言われています。

高齢者の飲酒はリスク

高齢者の場合はリスクがより高くなるそうです

  • アルコールを分解するスピードが遅い
  • 体内の水分量が少ない

以上の理由で血中アルコール濃度が高くなりやすいわけです。

加えて持病を抱えている人が多く飲酒時の転倒リスクも高まります

転倒が原因で骨折して寝たきり生活になってしまい認知症が進むケースも少なくありません

お酒の適量は嘘?

ケンブリッジの研究では適量はもっと少ない量

英ケンブリッジ大学の研究では「適量」がこれまで以上に少ない量になり政府当局に再考を促すかもしれないと発表されました

安全な量は週当たり約100g(1日約14g)

14gって350mlのビール一つだけ!

40歳の人が当たり112g1日16g)以上を飲み続けると平均余命は1.6年短くなり、週当たり196g1日28g)以上では2.7年短くなっていたそうです。

アルコールは1日1杯でもリスク? 「適量」に再定義の必要性
アルコールの消費量はどの程度までが安全なのか──。その境界線についてはこれまで、情報が混乱してきた。だが、先ごろ発表された研究結果によると、「安全な」アルコール消費量の上限は、少なくとも米国ではこれまで考えられてきた以上に少ない量になるよう

オックスフォードは少量でも脳に悪影響を与えると発表

英国のオックスフォード大学は少量でも飲酒が脳に悪影響を与えるという研究報告を出しています

長期間継続的に飲酒していた人は

  • 適量であっても全く飲まない人
  • ほぼ飲まない人

と比べて脳に異常が出てくることがわかったと発表しています。

アルコールを飲むと飲酒量に相関して海馬は萎縮します

つまりアルコールを飲めば飲むほど記憶力が低下するリスクが高くなるとオックスフォード大学は発表しています

Even moderate drinking linked to a decline in brain health | University of Oxford
Alcohol consumption, even at moderate levels, is associated with increased risk of adverse brain outcomes and steeper decline in cognitive (mental) skills, acco...

「Jカーブ」効果の研究には落とし穴がある

「Jカーブ」の研究には落とし穴があったと主張しています

体力が弱って病気の人は飲酒ができない!

病気で飲酒ができない人々も含めてグラフにするともともと病気の人非飲酒者群に含まれてしまう

このような原因と結果が逆転してしまう現象を取り除いて分析してみるとJ型の形は消失正の相関を示す直線となったそうです。

「酒は百薬の長」は本当? 実は条件付きだった|健康・医療|NIKKEI STYLE
お酒は一般に、「適量の摂取なら健康にいい」といわれている。左党の多くにとって、これがお酒を飲む際の安心材料の一つとなっている。しかし、これは本当なのだろうか。そして、すべての人に対していえることなのだろうか。そこで酒ジャーナリストの葉石か…

アルコールは発がん性物質

国際がん研究機関(IARC)という世界保健機関(WHO)の外部組織があります。

IARCは発がん性のあるものを5段階に分類しています。

確実に人に対して発がん性があるものをグループ1と分類しています。

確実に発がん性があるグループ1にアルコールがあります

グループ1にはアスベストやタバコ、ヒ素、毒ガスとして有名なマスタードガスも含まれています。

それらと同じレベルで危険ということです。

国際がん研究機関(IARC)の概要とIARC発がん性分類について:農林水産省

お酒の適量を定める必要性

  • 「適量」がどれくらいなのか?
  • どの研究が最も正しいのか?

私は分からなくなりました

繰り返しますが実験と言っても人間はそれぞれ異なった環境で生活しています

  • 個人の体質も違います
  • 同じ条件で実験・研究するのは限界があります

実験結果のみで結論を出すのは限界があります

そしてお酒には依存性があり、耐性があります。

私の最大の疑問は適量でもアルコールには依存性があるので、飲み続けていれば適量を守れなくなります。

ですから、そもそも適量を定める必要性はあるのでしょうか?

お酒だけではなく、ギャンブル人間の弱さ増幅させます。

お酒やギャンブルを法律で禁じても、人の弱さに付け込もうとするビジネスはなくならないと思います。

結局自分の身は自分で守る必要があります

参考記事

断酒
お酒をやめられなくて苦しんでいる最中ではまず「断酒」ですよね。 私も「断酒」という結果を求めてきました。 目次 断酒断酒の効果断酒の方法お酒を飲むと嫌われます断酒と禁酒の違いですスリップ防止断酒に底つきは必要です否認...
断酒 脳
このページは「アルコールでダメージを受けた脳の回復は断酒から」です アルコールは脳にダメージを与えます アルコールを飲み続けると脳萎縮が進みます。お酒は飲めば飲むほど脳萎縮・認知症のリスクが高くなります...
断酒すると肝臓は回復する
断酒をすると効果を感じられるのは肝臓の数値です。アルコールが原因で起こった肝機能障害は断酒をすれば基本的には回復します。お酒の飲みすぎと言えば何と言っても肝臓です。アルコールが原因の場合脂肪肝から肝硬変へと進みます


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました