アルコール依存症と遺伝

この記事は「アルコール依存症と遺伝」です

アルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確か。

けれども決定的な決め手は見つかっていないのが確かなようです。

 アルコール依存症と遺伝

アルコール専門病院に入院する前にケースワーカー(ソーシャルワーカー)との面談がありました。

そこでは親族の中で、アルコールを飲む人は誰と誰か?と質問されました。

この病気は、遺伝的な関係があるのだな?」と思った記憶があります。

私の問題飲酒者でした。

私の母型の祖父も、今ならアルコール依存症と診断されたはずです。

そういや親か祖父に多いなぁ

その後入院してから、レクチャーもありました。

アルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かだとされています。

アルコール依存症の双子研究があります。

それによるとアルコール依存の一致率は二卵性より一卵性の方が高いそうです。

アルコール依存の発症に遺伝要因が占める割合は、およそ2分の1から3分の2と推定されています。

アルコール依存症はニコチンなど他の薬物依存・乱用と合併することが多いのですが共通の遺伝因子があることが報告されています。

医学的には遺伝が関係すると見られているのね

酵素を分解する遺伝子による違い

今の研究では、依存症のなりやすさは酵素の遺伝子が影響します。

アルコールを分解する酵素です。

この酵素の遺伝子の違いが、依存症に強く影響すると知られています。

ADH1B(アルコールをアセトアルデヒドに変える酵素)遺伝子とALDH2(アセトアルデヒドを酢酸に変える酵素)遺伝子に代表されます。

遺伝子が影響してるんだね

アルコールを分解する酵素の遺伝子です

酒乱になりやすい遺伝子があるらしい
この記事は「酒乱になりやすい遺伝子があるらしい」ですあなたの酒癖の悪さが遺伝子で決まっていたらどう思いますか?酒癖の悪いタイプは他人に嫌がられますし自分でも嫌です。私はアルコール依存症に関する本で遺伝子や脳の学者...

日本人などのモンゴロイド系の人々は、ヨーロッパ系やアフリカ系に比べてお酒に弱いと言われています。

モンゴロイド系がお酒に弱い理由として、ALDH2(アセトアルデヒドを酢酸に変える酵素)の活性が生まれつき弱い欠けているという遺伝的な性質によるとされています。

日本人は酒に弱いってことだな

両親ともにお酒に弱い人は「お酒に弱い体質」を受け継いでいます。

日本人は肝臓での「アセトアルデヒド」が活性しにくい、あるいは不活性というタイプの人が多く、外国の方と比べると悪酔いしやすい人が多いのだそうです。

肝臓の働きも遺伝性はあるでしょうし、それは「酒をたくさん飲める能力」と関係します。

アルコールを体内で分解する酵素を生来多く持っているか否かで、アルコールに強い体質か否かが決まります。この体質はアルコール依存症の遺伝に強く影響を受けます。

  • お酒に「強い」「弱い」といった体質は、「遺伝子分析」により正確に判定できます。
  • 誰でも簡単にできる「エタノール・パッチテスト」という方法もあります。

検査できるのね

お酒の強さは人それぞれ|お酒とうまく付き合う|CSV活動|キリン
お酒に「強い」「弱い」は遺伝による生まれつきの体質によるものです。自分の体質を知り、周囲にも知ってもらい、体質に応じた飲み方を守っていくことが大切です。

アルコール依存症の遺伝に関しては親子で脳の働き・作用・反応が特徴的な型を示す」などと言われたりします。

気持ちよい酔いが味わえる(脳のアルコールに対する感受性が高い)。

この体質は遺伝するので、家系に「大酒飲み」と言われる人がいる場合は、飲酒の習慣をつけないことで依存症の予防ができます。

アルコール依存症に関する誤解と真実 | 特定非営利活動法人アスク
アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

遺伝の研究は、私が初めて入院したころ(17年前)くらいで50%~60%と言われていたと思いますし、最近いろんなものを読んでもやはり半分くらいというのが多いように思います。

ただどの部分に争点を置くかによって3分の2くらいまで影響しているとみることもできるようです。

  • 今のところ遺伝子の研究などで関係はある。
  • けれども決定的な決め手は見つかっていないのが確かなようです。

今後も研究は進んでいくのだろうと思います。


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました