アルコール依存症になりやすい体質はある

この記事は「アルコール依存症になりやすい体質はある」です

結論は遺伝子の研究などで関係はあるが、決定的な決め手は見つかっていないです

生まれつきアルコール依存症になりやすい体質だと分かっていればどうでしょうか?

アルコールに依存すると治療は断酒になります。

しかも一生飲めません。

一度依存症になった人がやめるのは大変です。

もし自分が生まれつき気を付けなければいけないタイプかどうか分かっていれば少しは状況が変わるかもしれません。

遺伝的にお酒を飲まないほうがいい遺伝子を持っていることが分かっていれば、早期の治療も進むかもしれません。

様々な調査でアルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かだという結果が出ています。

今回の記事では酵素の遺伝子マウス実験からわかった脳の反応などを書きました。

けれども現段階では決定的な決め手は見つかっていないのが確かなようです。

 アルコール依存症と体質

私がアルコール専門病院に入院する前にケースワーカー(ソーシャルワーカー)との面談がありました。

「親族の中で、アルコールを飲む人は誰と誰か?」と質問されました

「アルコール依存症病気は、遺伝的な関係があるのだな?」と思った記憶があります

私の問題飲酒者でした。

私の母型の祖父も、今ならアルコール依存症と診断されたはずです。

アルコール専門病院に入院してから、レクチャーもありました。

アルコール依存症の原因に遺伝が関係することは医学的に見て確かだとされています

アルコール依存症の双子研究があります。

それによるとアルコール依存の一致率は二卵性より一卵性の方が高いそうです。

アルコール依存の発症に遺伝要因が占める割合は、およそ2分の1から3分の2と推定されています。

アルコール依存症はニコチンなど他の薬物依存・乱用と合併することが多いのですが共通の遺伝因子があることが報告されています。

厚生労働省の見解はこちら

アルコール依存症と遺伝
アルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かです。特にアルコールを分解する酵素の遺伝子による違いが依存症のなりやすさに強く影響することが知られています。さらに最近では環境による影響の受けやすさに遺伝が関係していることがわかっています。しかし具体的な遺伝子については十分にはわかっていません。

酵素を分解する遺伝子による体質の違い

依存症に酵素の遺伝子が関係する

現在の研究によると、アルコール依存症のなりやすさは酵素の遺伝子が影響すると言われています

アルコールを分解する酵素が影響しています

アルコールを分解する酵素の遺伝子の違いが、依存症に強く影響すると知られています。

ADH1B(アルコールをアセトアルデヒドに変える酵素)遺伝子とALDH2(アセトアルデヒドを酢酸に変える酵素)遺伝子に代表されます。

遺伝子についてはこちらです

酒乱になりやすい遺伝子があるらしい
酒乱には遺伝子━アルコール脱水素酵素(ADH)とアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)━が関わっているようです。アルコール脱水素酵素のADH1B*2を2つ持っている人は酒乱の傾向があるそうです。久里浜病院神経内科医長だった真先敏弘氏の著作をもとに記事を作成しました。

日本人はお酒に弱い

日本人などのモンゴロイド系の人々は、ヨーロッパ系やアフリカ系に比べてお酒に弱いと言われています

両親ともにお酒に弱い人は「お酒に弱い体質」を遺伝的に受け継いでいます。

日本人・モンゴロイド系の人は肝臓での「アセトアルデヒド」が活性しにくい、あるいは不活性というタイプの人が多く、外国の方と比べると悪酔いしやすい人が多いのだそうです。

肝臓の働きも遺伝性はありますし、肝臓の場合は「酒をたくさん飲める能力」と関係します。

アルコールを体内で分解する酵素を生来多く持っているか否かで、アルコールに強い体質か否かが決まります。この体質はアルコール依存症の遺伝に強く影響を受けます。

  • お酒に「強い」「弱い」といった体質は、「遺伝子分析」により正確に判定できます。
  • 誰でも簡単にできる「エタノール・パッチテスト」という方法もあります。

エタノール・パッチテスト

簡単にパッチテストができます。

絆創膏に消毒用アルコールを数滴たらす

二の腕の内側に絆創膏を貼る

7分経ったら剥がして反応を確認する⇒赤くなった人はお酒をまったく飲めない体質

さらに10分後、もう一度反応を確認する⇒赤くなった人はお酒に弱い体質

色がまったく変わらなかった人はお酒を飲める体質です。

私の親兄弟でアルコール消毒で皮膚が赤くなる人は誰もいません

エタノール・パッチテストの説明はこちらです

エタノールパッチテスト
低活性型および非活性型の2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)をもつ人(≒赤型体質)と、活性型ALDH2をもつ人(≒白型体質)とを簡単に弁別するテスト。

マウスでもアルコールに対する脳反応が違うという実験の報告

アルコール依存症の遺伝に関しては親子で脳の働き・作用・反応が特徴的な型を示す」などと言われたりします。

気持ちよい酔いが味わえる(脳のアルコールに対する感受性が高い)。

気持ちよく酔える脳は遺伝します

脳のアルコールに対する感受性の体質は遺伝するので、家系に「大酒飲み」と言われる人がいる場合は、飲酒の習慣をつけないことで依存症の予防ができます。

「アルコール依存症になるマウスは、過去にお酒を飲んでいないマウスでも『最初の一杯目』に対する脳反応が違うことが判明した」という研究報告があります。

マウスでも脳の反応が違います

詳しくはこちら

A cortical-brainstem circuit predicts and governs compulsive alcohol drinking
Most people are exposed to alcohol at some point in their lives, but only a small fraction will develop a compulsive drinking disorder. Siciliano et al. first e...
Scientists discover "just one drink" is more accurate than they thought
One binge drinking session may make all the difference.

依存症の原因は複雑

人間には社会性があるので、肉体的な遺伝以外に環境も原因となります。

子供のころからおいしそうに酒を飲む親が近くにいたら影響は受けるだろうと思います。

あるいは私のように機能不全家族に育ったアダルトチルドレンの場合、アルコール依存症になりやすいです。

アルコール以外でも、機能不戦家族では、子供に薬物依存・うつ病など他の精神障害・メンタル面での症状がよく出ます。

人間の依存症の原因は複雑です

遺伝の研究は、私が初めて入院したころ(18年前)くらいで50%~60%と言われていたと思いますし、最近いろんなものを読んでもやはり半分くらいというのが多いように思います。

ただどの部分に争点を置くかによって3分の2くらいまで影響していると主張する研究者もいるようです。

  • 今のところ遺伝子の研究などで関係はある。
  • けれども決定的な決め手は見つかっていないのが確かなようです。

今後も研究は進んでいくのだろうと思います。

アルコール依存症 遺伝
このページは「アルコール依存症の遺伝」です 遺伝 アルコール依存症になりやすい体質はある様々な調査でアルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かだという結果が出ています。酵素の遺伝子、マウス実験からわかった脳の反応などを書...


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました