断酒後のうつは不完全な自分を受け入れると楽に治る

この記事は「断酒後のうつは不完全な自分を受け入れると楽に治る」です

結論は無理を避け、時間をかけて不完全な自分を受け入れる」

元々うつがあったからアルコールに依存したのか、飲酒が過ぎてうつになったか、アルコール依存症の患者には両方のタイプがあります。

アルコール依存症者の自殺率は高く、断酒してもうつ病の治療を受ける人もたくさんいます。

「生きていても意味がない」

「些細なことでも涙が止まらない」

「いいことなんて何もない」

「私が悪い」

眠れない・疲れる・食欲がない・心臓がバクバクして息苦しい、なぜか口が渇くなど。

そしてうつを克服するために「自分を好きになろう」「ポジティブが大切」「元気な音楽を聞こう」「のんびりしたらすぐに治るよ」などとアドバイスされますが、私はそうは言われても…でした

掛け声だけ「無理をしない」と言われても焦ってしまった自分の過去

今回の記事では具体的何を考えて少しずつ楽になってきたかという自分の体験を書きました。

うつは一人一人違うので必ずしもぴったりくるかどうかはわかりませんが、少しでもヒントになれば幸いです

うつ病とアルコール依存症は深い関係にある

アルコール依存症のうつ病治療は断酒が前提

元々うつ傾向の強い人が、お酒を飲むと気分が良くなります

私自身もうつ状態から飲酒にハマりました

劣等感からのうつ状態でアルコールに依存するようになった私の体験と克服法です。

劣等感は目標110%で克服する
劣等感を克服するのは大変です。劣等感には「認められたい願望」「恥をかく恐れ」「自分が劣っているという考え」の三つが潜んでいます。解決策として、昨年と比べて常に110%増の自分になることを心がける方法についても述べました。

お酒を毎日飲むようになったのは、気分が重く、何もしたくない時でした。

そのうちアルコールがないと不安になる。

飲むと楽になるけれど、酔いがさめると以前よりも落ち込んでいました

うつ病にも程度があるので、一人一人は事情が違うと思います

うつからアルコールか、アルコールからうつか

治療には断酒が前提です

厚生労働省はアルコール依存症とうつ病の合併は頻度が高い、断酒が前提と書いています。

アルコールとうつ、自殺
アルコール依存症とうつ病の合併は頻度が高く、アルコール依存症にうつ症状が見られる場合やうつ病が先で後から依存症になる場合などいくつかのパターンに分かれます。アルコールと自殺も強い関係があり、自殺した人のうち1/3の割合で直前の飲酒が認められます。

みんなのメンタルヘルスでうつ病について詳しく説明されています

うつ病|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
こころの病気といっても、種類も症状も様々。病名をつける方法は体の病気とは考え方が異なり、主に症状や持続期間、生活上の支障などから診断名をつけます。

うつ状態になると自分を責めがちになる

  • 「こんな自分でごめんなさい」
  • 「私みたいな人間は生きててもしょうがない」
  • 「つらいことばかり。いいことなんか何もない」

うつ状態になると、自分には責任のないことも自分のせいだと思ってしまいます

些細な出来事でも自分と結びつけ、責任を重く感じます

取り越し苦労・自信をなくしたり、自分を無意味な存在だと思いがちです

こちらから簡単にうつ病のチェックができます。

うつ病の症状チェックシート|うつ病こころとからだ
うつ病の「症状チェックシート」は、お医者さんに相談する際に、うつ病の症状を的確に伝えるためのセルフチェック・シートです。医療機関を受診する際に、現在の症状を記録して持っていくと、診察の参考になります。
うつの症状を自己チェック | うつ病の情報・サポートサイト こころの陽だまり
5つ以上の場合、“こころ”や“からだ”が不調になっている可能性があります。まずは医療機関に相談して下さい。- うつ病とパニック障害の情報・サポートサイト こころの陽だまり

うつ病の治療は医療機関の受診が大切

断酒後のうつは治る

自分がうつ状態かな?と思ったら病院での受診をお勧めします

うつの治療は休養、精神療法、薬物療法などいろいろなアプローチをして改善を目指しています

うつの治療は病院によって違いますが、基本的にはこんな感じです。

うつ病の治療方法|治療について知る|うつ病こころとからだ
うつ病の治療には、休養、精神療法、薬物療法などがあります。休養をとることは、うつ病から回復するために非常に重要です。薬物療法を行う場合、最初は副作用を抑えるために少量から抗うつ薬の服用を開始し、徐々に適切な服用量に調整していきます。

断酒後のうつは離脱症状の可能性もある

特にアルコールで問題がある場合は、アルコール専門病院の受診をお勧めします

離脱した後のうつ状態などは、専門医のほうがキャリアがあります。薬の飲み合わせの問題もあります。こちらをどうぞ

アルコール専門病院へ行きたがらない人でも納得する5つの理由
お酒をやめられないという病気は精神科です。「お酒をやめられない」という場合はアルコール専門の医療機関を受診するべきです。専門の医療機関では専門医による診療とアルコール依存症という病気について理解するプログラムや再発を防止するプログラムが組まれています。

こころの病気への支援や助成などはこちら

こころの病気への支援や助成など|治療や生活へのサポート|メンタルヘルス|厚生労働省
保健医療についての様々な支援や制度、障害がある人たちが働くための支援、入居支援、生活介護、行動援護、医療費への助成、税金の控除、手当や年金、給付金などをご紹介しています。

うつ病の自殺対策はこちら

自殺対策~自殺対策の概要~|国の政策と方向性|みんなのメンタルヘルス総合サイト

離脱状態についてはこちら

404 NOT FOUND | 依存症からの回復 Vega0323

断酒後のうつはどれくらいの期間続くのか

個人差が大きいのではっきりしたことは言えませんが、私が入院したアルコール専門病院では断酒を続けて数か月うつの治療も取り組むというのが一般的でした

こちらは短期間で回復したい人向けの治療を行っています

うつ病とお酒について|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック
うつ病とお酒についてのページです。【年中無休】新宿ストレスクリニックでは【薬だけに頼らない】磁気刺激治療(TMS)によるうつ病治療を行っております。【副作用がほどんどなく】、短期間で効果が期待できます。

断酒後のうつに自分で改善できること

病院での治療以外に自分でできるちょっとした工夫はあります。私の体験上よかったと思うことを書きます

うつの人は自分を嫌いにならない努力も必要

私の場合断酒のスタートに自助グループでお酒を飲んでいたころの過ちを語るのが回復への第一歩だったと思います

しかし最初のうちの私は過去の飲酒が関係する間違いや愚かさに気づき自分を責めました

ある時「いつまでも自分を責めてばかりだと、せっかく棚卸し(反省)をしても台無しになるよ」と言ってくれる人がいました

「自分は間違えたと思ったら素直に認める。自分の弱さや醜さ・小さい姿を知ったら、自分を嫌いにならない努力も必要だ」と言ってくれました

AAの共同創始者であるビルさんも断酒後に鬱状態で苦しんでいたそうです

飲んでた時に罪悪感を持っていたことはこちら。

アルコール依存症は本当は罪悪感を感じている
依存症者にとって「否認」は回復のカギです。否認を打ち砕くことは断酒・スリップ防止・回復に役立ちます。罪悪感という観点から否認を見ると新しい発見があります。「否認」を生み出す根源の罪悪感をチェックすると断酒継続の役に立つと思います

うつを改善するには不完全な自分を受け入れたい

自分を大切にしたいと思い、幸せになりたいなら、むやみに嫌いにならない方がいいと思うようになりました

自分は不完全で、好きなところも嫌いなところもあるけど、それも含めて自分なんだと受け入れる

自分自身を「嫌いだけど、まあいいか」と思えると、他人に対しても「まあいいか」と思えることが増えてきました

嫌いな自分を認めることはこちらにまとめました。

404 NOT FOUND | 依存症からの回復 Vega0323

うつ状態の時は身体も心も無理を避けたい

私の経験ですが、職場や家庭での活動などを休むことに罪悪感を感じすぎるのは、うつ状態の人によく見られます

しかし、どうしようもない時は休むことが大切だと強く思います

溺れたときでも力を抜ぬくとやがて浮かび上がってきます。じたばたすると余計に沈んでしまいます

私自身はじたばたしているつもりはなかったのですが、周囲から見たらバランスの悪い泳ぎ方をしていたようです

自然に浮かび上がってくる感覚は大切だなと思いました

アルコール専門病院の入院は3か月あります

私は断酒のきっかけとなった3回目の入院の時は、退院後も再就職まで1年間を確保できました

入院か、それが無理でもできるだけ独りで何もしないで済む環境を作れると、長い目で見た場合時間の無駄ではないと思います

孤独を癒すためにやったことです。

寂しくて酒を飲むと人は余計に孤独になる
寂しい時に酒を飲む人はたくさんいます。それがずっと続くといつの間にか依存になっていきます。寂しい酒に逃げるのが依存症の特徴の一つで、特に一人暮らしの女性に増えているようです。依存症になると周囲との壁がさらにでき悪循環に陥ります。同じ悩み・病気の人との共感が酒の代わりに寂しさを癒すことについて書きました。

自己肯定感を高めるためにやったことです。

404 NOT FOUND | 依存症からの回復 Vega0323

断酒後に残るうつは時間がかかる

私の経験でも断酒後に残るうつ状態は時間がかかりました

うつ状態は波があるので、安定したと思っても何かをきっかけに元に戻りました

断酒後に焦って復職して失敗する仲間の姿を多く見てきました

何もしない時間が続くと、最初は色々なネガティブな感情がやってきました

  • 早く職場に戻らないと。
  • 迷惑をかけた人に謝らなければ。
  • 子供が泣いている。

「何もしない」「何も考えない」というのはやってみると大変でした

ただ変なフォームで泳いでも、やがて疲れ果て、また溺れます

ポジティブになったりネガティブになったりして、段々波が小さく乱れることが無くなればうつ状態は収まってきました

結論として無理を避け、時間をかけて不完全な自分を受け入れることが大切ではないかというのが、私が自分の体験から思うことです

関連記事

断酒後の睡眠は5つの原因を知って対策する
私は自分自身や断酒仲間の経験から「依存症の人だけでなくお酒を飲んでいる人はまず断酒が先決」だと思います。不眠の原因はたくさんあり、不眠対策もたくさんあります。しかし飲酒の影響を除かなければ不眠対策は空回りします。不眠の代表的な5つのタイプとタイプ別の不眠対策サイトのリンクを貼りました。
断酒後の人間関係で気をつけたいこと
この記事は「断酒しようと思ったときに人間関係で気をつけたいこと」です。「断酒しようと思うけど飲み友達とは会わないほうがいいですか?」結論は「飲まない人との付き合いを増やす」です。飲み友達との人間関係は慎重になったほうがよいと思います。
不安障害を克服するために依存症の私がしたこと
不安障害にはいろいろな症状があります。パニック障害、急に涙が出る。特に夜一人になると不安・孤独の感情に突然襲われて自分が可哀そうという自己憐憫になりお酒や自傷行為に走ることがよくあります。私の体験でアルコール依存症の不安障害に効果があると思った「同じ病気を持った他人を認める方法」についてまとめました。


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました