「白黒思考」をやめたい

この記事は「「白黒思考」をやめたい」です

結論は「自分の考え方を「気づく」「認める」「受け入れる」ことで楽に改善されていく」です

「白か黒か」極端な思考に走る自分を持て余して悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

アスペルガーの特徴として説明されることもよくあります。

この考え方はアルコールやパチンコなどのギャンブル依存症・アダルトチルドレンをはじめ心の病苦しむ人にも多い特徴の一つです。

断酒をして依存を克服できたと思っても、メンタルの障害からポジティブ心理などの方法で脱出できたと思っても「白か黒か」という思考の癖が抜けない限り、元の状態に戻るか他の疾患の症状に見舞われやすくなります。

「白黒思考」は「ねばならない」「べき思考」になりやすく、心はいつもつらいです

しかし「白か黒か思考」は基本的にはみなが持っています

つまり原因があってこの認知の歪みを手放しにくくなっているのです。

この記事では「この世に完全な人はいない」「過程を楽しむ」などで解決するヒントを書きました。

「白黒思考」は心の病全般にとって危険

白黒思考とは?

白黒思考とは極端から極端へとぶれる考え方です

「白か黒か」「善か悪か」「全か無か」「100か0か」「敵か味方か」など。

白黒思考の問題点

そもそもなぜ「白黒思考」を重視するかですが…。

この考え方は依存症だけでなく多くのメンタル障害と関係が深いからです。

「妄想性障害」「統合失調症」「強迫性障害」「回避性パーソナリティ障害」「境界性パーソナリティ障害」「自己愛性パーソナリティ障害」「演技性パーソナリティ障害」「反社会性パーソナリティ障害」などほかにもあるようです。

「白黒思考」は誰にでもあり病気ではありません

しかし極端な考え方です。極端な考え方ストレスをためやすく心の負担になります。

物事を「白か黒か」「全てか無か」と考えることは

  • 「完全主義」
  • 「マイナス思考」
  • 「感情的な決めつけ」
  • 「すべき思考」
  • 「レッテル貼り」
  • 「自己否定」
  • 「結論の飛躍」
  • 「過度のうぬぼれ」

などに結びつきやすくなります。

心に負担がかかるからメンタルの病に関係が深いのね

どうして「白黒思考」は心をつらくするの?

「白黒思考」が心に負担をかける理由は「白か黒か」「全か無か」というのは現実的ではないからです

この世の中には「完全な白」も「完全な黒」も存在しません

白に近いか黒に近いかというグレーなゾーンがほとんどです。

そして色は白と黒だけではありません。

など様々です

現実が様々なのに「白か黒か」で判断。行動をしようとすると心が極端にぶれます

シーソーを極端に上下に揺り動かせているようなものなので、いつも不安定衝撃が大きくなります。

自分に対して人に対して許容範囲狭くなります

的が狭くなりいつもピンポイントを狙うようになります。

「白黒思考」が心をつらくする理由をまとめると

  • にとってはとても負担がかかる考え方
  • おまけにいつも現実折り合いがつかない

その結果「憂鬱」「自信がない」「イライラ」状態を招きます

「白黒思考」は人間関係から

子供はみんな「白黒思考」

子供は誰もが白黒思考です

アニメ番組を思い浮かべてみてください。

どの番組も「正義の味方」「悪者」はっきりと分かれています

子供向けの絵本も同じです。

「いい人」「悪い人」「善い王様」「悪い王様」のように、白黒はっきりしたストーリーです。

あるいは大人でも気楽に楽しみたいドラマスポーツ観戦などは「敵と味方」がはっきりしています。

選択肢が二つに限定されると、あまり考えなくてもすみます。

心の底に眠っている感情のもやもや・ストレスを開放するには、シンプルに二択をするほうが楽に行えます。

つまり「白黒思考」は、本来誰にでもある考え方です。

思春期以降人生経験が増えてくると、それだけでは物足りなくなってきます。

サスペンスでも恋愛ドラマでも、白黒はっきりしていない複雑なストーリー展開を理解できるようになります。

いろいろな登場人物が、それぞれの立場で自己主張するような複雑なストーリー。

誰が正しいかはっきりわからないから、自分が最も親近感を持つキャラクターに自己投影して楽しむようになります

  • つまり成長して現実の世界を知るにつれて、だんだん「白黒思考」から離脱します。
  • しかし、童心に帰って楽しみたい娯楽作品や、スポーツ観戦などでは「白黒はっきりしている」ほうがワクワクできるということです。

「白黒思考」になったのは自分を守りたい感情から

そうすると「白黒思考」の人は、知能が低くて単細胞なのか? と思われるかもしれません。

しかし、原因は知能ではありません。

子供から大人に成長していく間の心の傷が原因ではないかといわれています

人格形成の時期対人関係で大きくつまずいた場合

自分が「白」と思うことと、相手が「白」と思うことが違うときに、上手くいかず「トラウマ」を作ってしまう

心に傷を作るのは嫌です。傷つくのが嫌で、回避したくなります

すると無理やり自分の「白」を強要するか、相手の「白」を無前提に受け入れてしまうかになってしまいます

自分がつらくなるのを無意識のうちに回避しようとして、現実の行動が極端になってしまいます。

「心の傷」に気づき、認め、受け入れることがまず第一歩です

「白黒思考」を治してメンタルを楽にするには?

知っておきたいのはこの世に完全な人はいないという事実

「白黒思考」は完全主義にも似ています

前提としてこの世の中に100%の聖人君子も、100%の悪魔も存在しえません

マスコミやテレビなどでは、「善人」「悪人」と分けた報道が良くされています。

見ている人がその方が理解しやすいからです。

しかしそれは「虚像」でしかありません。

あなたの身の回りの人を思い浮かべてください。

100%の聖人君子も、100%の悪魔もいないはずです

人にはそれぞれ個性があります

一人として同じ人はいないはずです。

趣味や考え方が合う人と言っても、共通点が多いというだけです。

何もかも同じということはあり得ません

関連記事です

打たれ弱さを克服するために
打たれ弱さに悩んでいる人は共通の特徴があります。リバウンドする力が弱い、自分をダメ人間だと思う、柔軟性がない、完全を目指す不完全な性格。「自分を客観的に見る」「他人と比較しない」ことから自分を受け入れる大切さについて書きました。

過程を楽しんで「白黒思考」を和らげる

目標を明確にして、努力することは素晴らしいと思います。

最短で結果を得られれば、次のチャレンジが容易になりますし、いいことだと思います。

しかし、それよりも大切なのは過程ではないかと思います

最短距離を求めるというのは、人間にとって理性的な行動です。

しかし、人間は脳の仕組み上理性より・感情や本能のパワーのほうが大きいのです。

本能や感情を否定しすぎるのは、トータルで精神や肉体に悪い影響を与えます。

例えば断酒の方法などと言っても、一つではありません。

多くの人はとりあえず「今日一日は飲まなかった」繰り返しです。

「一日断酒」積み重ねていった結果気がついたら年数がたっていたというのが実際のところです

結果はもちろん大切なのです。

しかし、その過程で得られる気づきは、その後の自分にとって大きな力になります。

やはり「白か黒か」「全てか無か」ではなくて「白い部分も黒い部分もあるし、ほかにもいろいろある。全体として少しでも良くなればいい」と言うあたりではないかと思います

関連記事です

原因自分論で断酒継続
私自身が断酒継続ができるようになったのは、原因自分論で考えようと決意し始めたころからです。断酒を継続させながら原因が自分にあると認める習慣スリップのリスクを減らす方法。その回復過程で気をつけたい対策ポイントの「自分を責める」「結果主義」について書きました。

「白黒思考」は誰もが持っていることを気づき・認めることから始める

まずは「白黒思考」は皆が持っていることに「気づく」「認める」のが最初だと思います。

  • 「白黒思考」がある自分を受け入れる。
  • 「白黒思考」がある他人も受け入れる。
  • 自分にも他人にも個性がある。
  • 誰にでもうれしさ、苦しさ、不安。悩みはある。
  • 世の中には「成功者」と「失敗者」がいて、自分は「失敗者」に違いない。
  • そういう考え方が非現実であることを「受け入れる」ことで心が安定してくる。

その感情がスリップを防止する大きな味方になるのではないかと考えています。

結論は自分の考え方を「気づく」「認める」「受け入れる」ことで楽になっていきます

極端な考えから離れることで断酒継続楽にすることができるようになります。

関連記事です

不安障害を克服するために依存症の私がしたこと
不安障害にはいろいろな症状があります。パニック障害、急に涙が出る。特に夜一人になると不安・孤独の感情に突然襲われて自分が可哀そうという自己憐憫になりお酒や自傷行為に走ることがよくあります。私の体験でアルコール依存症の不安障害に効果があると思った「同じ病気を持った他人を認める方法」についてまとめました。


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました