酒乱の旦那への接し方

この記事は「酒乱の旦那への接し方」です

結論は「自分のための生活を取り戻しましょう」です

「地獄を見たければ、アルコール依存症者のいる家庭を見よ」と言われることがあります。

依存症者のいる家庭はつらいですよね夫(妻)に飲ませないのは本当に大変です

依存症者の家族はその大変さゆえに「家族病」に侵されています

「専門知識を得る」「仲間を見つける」「自分のための生活を取り戻す」などを具体的に説明しました。

家族の方にはこの方法を知って依存症の人の接し方と自分の心のケアのヒントにしていただければ幸いです。

家族が陥りがちな考え方|飲んでいる本人だけの病気と思ってしまう

お酒に狂っている本人は「俺はアル中ではない、依存症ではない」となかなか認めません。

しかし家族にとって「家族自身が病気ですよ」ということは本人よりもさらに理解できないことです

どうして家族が病気なの? 私に問題があるって言うの? 問題を起こしているのは本人であって家族は被害者!!」というのはもっともな考えです。

アルコール依存症が飲酒している本人の病気というのは世間の常識です。

ですから家族がそう思って当然です。

以下の記事でアルコール問題が家族を巻き込む基本的な考えをまとめました。

アルコール依存症は家族が影響を受ける病気 家族平衡
家族平衡はアルコール依存症が家族に影響を与える病気という考え方です。共依存やイネイブリング、なぜ依存症の家庭では家族が病気になるのか。アダルトチルドレンが生まれるのかがよく理解できるようになると思います。

アルコール依存症の家族の現状|家族は疲れ果てている

アルコール依存症が家庭に一人いると、その家族は全員が疲れ果てます

以下はアルコール依存症の家族の苦しさを記事にしました。

アルコール依存症の家族は地獄
アルコールに依存している人が一人いると、その家族は全員が疲れ果て、家庭は地獄になります。アルコール依存症という病気は外からは分かりずらく、病気のこともあまり知られていません。アルコール依存症の治療と相談先を知ることで楽になります。

まずは専門知識を

専門的な対応が必要で、それには知識とそれを実践している人の実際の姿から学ぶ必要があります

アルコール依存症の家族には「どうしていいかわからないのに、誰にも言えない」という孤独の感情があります。

問題を自分一人で抱え込み「自分でどうにかしなければ」という考えから抜け出すことを目指します

アルコール依存症の専門病院や、保健所、自助グループなど、アルコール問題を理解してくれる専門家のところへ行き、知識を得ればうんと楽になります

そして依存症者のことだけでなく、家族自身の苦しい状況を専門家に相談することをお勧めします

今依存症者の暴力に悩んでいるなら、安全な場所の確保が必要です。詳しくはこちら

酒乱・アルコール依存症夫の家庭内暴力対策と相談窓口
「酒乱・アルコール依存症夫の家庭内暴力対策と相談窓口」です。暴力対策と相談窓口を専門家の記事・動画リンクを張って分かりやすくまとめました
酒乱夫の暴力危険信号を知って身を守る
酔った夫の暴力には引き金になる信号があります。「危険信号」を見つけることができれば、対応策を立てることも可能です。この記事は根本的な解決策ではありませんが、酔った夫の無駄な暴力から身を守るの方法を書きました。危険信号を見つけて暴力から身を守りましょう。

知っておきたい知識|共依存とは

どうにかしようと、心配し、悩み・苦しむほど家族はつらくなります

以下の記事で共依存についてまとめました。

共依存をやめたい時の対策
共依存をやめたいと思っても克服は難しいです。共依存は人間関係の依存症です。家庭だけではなく、職場、恋愛でも問題は起こります。自分自身のメンタル面・ストレスの感情を和らげるのが先決だと思います。具体的な事例とともに、そのための相談先・支援先もまとめました

知っておきたい知識|イネイブリングは問題を進行させる

家族が心の底からお酒をやめてほしいと思ってとった行動もかえってお酒を飲ませ続ける結果に陥ってしまいます

イネイブリングと言います

具体的なイネイブリングの対処法はこちら

酒飲みの夫にとってしまう無駄な習慣 イネイブラーになっていませんか?
この記事は「酒飲みの夫にとってしまう無駄な習慣 イネイブラーになっていませんか?」です。奥さんが良かれと思って取っている態度が、酒飲みの夫には逆効果なことがよくあります。夫に対して小言・かばう・尻拭い・世話焼きをやめることで事態を好転できます。

仲間を見つけましょう

アルコール依存症を専門に扱う相談・治療機関や自助グループがあります。

次の一歩を踏み出す手助けになります。

アルコール専門病院では家族教室が催されています

依存症者の家族の自助グループ「家族会」「アラノン」ACグループなどには同じような体験をした家族が集まる場があります。

  • 安心して感情を表現できる場所があると、ずっと楽になります。
  • 奥さんや子供さんの苦しみに、同じ経験をした人たちが共感してくれます。

「悩んでいるのは自分だけではない」と知るだけでも全然違います。詳しくはこちら

精神科の家族教室は疲れた家族の味方
アルコール問題は専門病院で治療をする必要がありますが、本人は嫌がります。家族だけが「家族教室」に参加方法があります。家族教室の目的は、専門家の知識を得て、同じ経験をした仲間と出会うことから悩みの解決をスタートさせることです。精神科の家族教室はうつ病、薬物などもあります。
全日本断酒連盟
Al-Anon アラノン家族グループ
アラノンは、身近な人のアルコールの問題に影響を受けている、または受けたと感じている人たち、依存性者の配偶者や親の立場の方、友人、そして子どもの頃にアルコール依存症の影響を受けたと感じているアダルトチルドレン(AC)の人たちがお互いに共通の問題を解決していく自助グループです。
ミーティング|家族の回復ステップ12|familyRecoveryStep12
家族の回復ステップ12は、アルコール依存症の家族・友人の集まりです。

結論|家族自身が楽になろう

最後に家族にとって最も必要なことは「家族自身が楽になる」ことです

家族に余裕が生まれることによって、問題対応能力も上がります

繰り返しますが、夫の飲酒はやめさせようと思ってもできません

本人が「底つき」を経験しなければ飲酒を止めることは難しいのです。

そのための方法が、無駄な習慣の放棄です

そしてその間の「家族自身の心のケア」が最も大切です。

一人で全部抱え込んで闘うのは厳しいので、専門家のアドバイスを取り入れるのが賢明な方法です。

自分のための生活を取り戻す

家族は一日の時間のほとんどを、依存症者に奪われていました。

無理を重ねてきたあなたの体調は大丈夫ですか?

ホッとできる時間は取れていますか?

自分のために時間を使う。自分の身体を気遣う。自分の身なりにかまうなどをして自分のための生活を取り戻していただきたいと思います。

まだ自助グループに参加して日の浅い家族は「そんなのムリ、できっこない」と口にします。

しかし先輩から誘われるうちに本来の自分を取り戻し少しずつ楽しい日々が増えていきます

「よく頑張ったね」「苦しかったね」など励ましの言葉があると思います。

「思い切って苦しいって言ってよかった」と思えるはずです

関連記事です

酒乱 夫
このページは「酒乱の夫」です。夫のアルコール問題で悩んでいる妻に役立つ記事をまとめました。酒癖の悪い夫、肝臓を治療中の夫、アルコール依存症の夫を持つ家族が対象です


アルコール依存症ランキング

タイトルとURLをコピーしました