症状

スポンサーリンク
アルコール 脳 ダメージ

脳にダメージを与えるアルコールの飲み方とは?

一気飲みをすると血中アルコール濃度は急上昇します。そして、脳を麻痺させ、ひどい場合は死に至ります。一気飲みはアルコール依存症に多い飲み方です。他にも空きっ腹に飲む・独り酒、あるいは愚痴やボヤキを肴に暗い酒を飲むなど、脳に悪い飲み方を書きました。
お酒 頭の回転 早くなる

お酒は頭の回転が速くなる

「お酒を飲むと頭の回転が速くなるかどうか?」の検証結果について紹介します。アルコールが入ると「頭がすっきりして冴える」「創造力がアップし、脳の回転が早くなる」と主張する人は結構います。ほろ酔い状態の時、脳はどういった活動をしているのでしょうか?
脂肪肝 アルコール

アルコール好きが脂肪肝について最低限知っておきたいこと

この記事では脂肪肝について、脂肪肝の機序(メカニズム)・なぜ(原因)・肝臓の細胞・発症・症状・治療・生活で気を付ける点について。アルコール性だけでなく非アルコール性脂肪肝炎(NASH)についても医療機関の研究情報の詳しいリンクも張って説明しています。  
遺伝子

酒乱になりやすい遺伝子があるらしい

酒乱には遺伝子━アルコール脱水素酵素(ADH)とアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)━が関わっているようです。アルコール脱水素酵素のADH1B*2を2つ持っている人は酒乱の傾向があるそうです。久里浜病院神経内科医長だった真先敏弘氏の著作をもとに記事を作成しました。
肝臓がん

肝臓がんの原因はアルコールよりもウイルス

お酒を飲み続ければ肝硬変になるリスクは高くなります。しかしアルコールだけが原因の肝臓がんは少数です。もっとも肝硬変を患い続けるとやがて肝臓がんになります。肝硬変になると遺伝子の突然変異が活発になるのでそれが癌の原因になります。
遺伝

アルコール依存症と遺伝

アルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かです。酵素の遺伝子、マウス実験からわかった脳の反応などを書きました。けれども決定的な決め手は見つかっていないのが確かなようです。
脂肪肝 内臓脂肪

アルコールが影響する内臓脂肪と脂肪肝

肝臓に中性脂肪が30%以上蓄積した状態のことを「脂肪肝」と言います。脂肪肝と内臓脂肪。お酒で肝臓にダメージがある方が知っておいた方が良い最小限のことに絞って書きました。
アルコール依存症 障害年金

アルコール依存症の人の障害年金・手帳のメリットとデメリット

この記事は「アルコール依存症の人の障害年金・手帳のメリットとデメリット」です 「障害年金」 障害年金は生活・仕事に支障が出た人の味方 障害年金とは、障害や病気によって生活や仕事に支障が出た場合に支給される年金です。 ...
アルコール 肝臓 初期症状

アルコールが原因の肝臓病の初期症状を実体験から語る

初期段階の肝臓疾患は気づくことは難しいです。アルコールが原因の肝機能の障害には脂肪肝・肝炎・肝硬変・肝がんなどがあります。飲酒が原因の注意したい初期症状を実体験からまとめました。
数字記憶

数字記憶で脳萎縮からの回復を試みた

この記事では数字を記憶する方法について紹介します。数字は無味乾燥な記号です。覚える方法は「数字イメージ変換システム」です。「数字イメージ変換システム」は記憶力世界選手権チャンピオンや円周率記憶世界記録保持者が使っていた方法です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました