断酒

スポンサーリンク
コツ

断酒のコツは今日だけ飲まない

アルコールに依存すると治療方法は禁酒ではなく断酒になります。生涯断酒というのはつらい考えです。それを乗り越える断酒のコツは「一日断酒」「今日だけ飲まない」です。このブログ記事では自分自身の体験を基に断酒のコツについてまとめました。
断酒 一週間

断酒一週間で起こることさらに継続するために知っておきたいヒント

断酒・禁酒には動機が大切。アルコールを抜いて最初の1週間までの効果・体調や気持ち、特に肝臓(γ-GTP)・血圧・体重などの変化。それぞれの場面での失敗しやすいポイントを断酒の経過を中心にまとめました。さらに継続していくためのヒントを最後に書きました。
アルコール依存症 嘘つき

アルコール依存症の人は嘘つきなのか

回復をして変わった人の姿は依存症について知らない人たちが言う「反省」「改心」とは似ているようで違います。依存症について正しい知識を普及させる努力も必要ですし、それ以上に一人でも多くの回復者が現れることが偏見に打ち勝つ力となるのではと思います。
アルコール依存症 どこから

アルコール依存症はどこから?

「どこからがアルコール依存症なのか」は判断が難しいです。アルコールの専門医でなければ正確な判定は難しいといえます。この記事ではアルコール依存症の定義や状態。アルコール依存症と酒乱の違い。代表的なチェックツールについてまとめました。
断酒 空腹

空腹は断酒の敵

断酒・禁酒と同時にダイエットを始める人は結構います。しかし「空腹は断酒の敵」です。空腹はイライラを感じやすく、疲れやすくもなるのでスリップをしやすくなります。その理由を闘うホルモン、脳の機能低下、安心ホルモンで説明しました。
断酒 お酢

断酒するとポン酢とマヨネーズを好きになるのはなぜ?

酒飲みはポン酢やマヨネーズ・酢のものが好きです。大量に飲酒すると脳がブドウ糖ではなく酒の分解によって生まれる酢酸をエネルギー源として消費するように変化してしまうという論文があります。酢を有効利用して離脱症状緩和に役立てるかもしれません
アルコール依存症 迎え酒

二日酔いの迎え酒は危険 アルコール依存症になった私の体験

「二日酔いの迎え酒はずっと酔っぱらっているだけ」です。完全な迷信で、効果がないばかりかアルコール依存症へまっしぐらです。迎え酒はなぜ危険なのか? について迎え酒が原因でアルコールにどんどん依存し、病気になった私の体験を交えて紹介させていただきます。
連続飲酒

連続飲酒と離脱症状の悪循環はもうアルコール依存症

連続飲酒とは24時間アルコールを手放せなくなる状態です。実はこの状態は休日の昼に飲酒することがきっかけになります。それがやがて連続飲酒になります。アルコール依存症者に多い飲み方です。緊急的な対処法としての通院と予防策についても書きました。
自己憐憫

自己憐憫は依存症と家族の生きづらさの原因

自己憐憫(自分を可哀想だと思う、自分を憐れだと思う)は依存症回復の重要ワードです。自己憐憫がどういうもので、どこが依存症に悪さをするのか。謙虚さと卑屈の違いを書きました。知ることと、認めることで生きづらさを解消するヒントになります。
白黒思考

「白黒思考」をやめたい

「白黒思考」は依存症をはじめ心の病に苦しむ人に多い特徴の一つです。「白か黒か思考」は基本的にはみなが持っています。子供の頃は「正義の味方」「悪者」の世界で過ごします。原因があってこの考え方を手放しにくくなっているのです。「この世に完全な人はいない」「過程を楽しむ」などで解決するヒントを書きました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました