断酒

スポンサーリンク
断酒 疲れ 人間関係

断酒しようと思ったときに人間関係で気をつけたいこと

この記事は「断酒しようと思ったときに人間関係で気をつけたいこと」です。「断酒しようと思うけど飲み友達とは会わないほうがいいですか?」結論は「飲まない人との付き合いを増やす」です。飲み友達との人間関係は慎重になったほうがよいと思います。
断酒 効果 お金

断酒の良い影響はお金にあらわれる

お酒をやめてよかったと思えることの一つにお金があります。お酒は金食い虫です。断酒・ 禁酒のモチベーションを高めるためにお酒に使ったお金を知るのはとても効果があります。結果主義をやめて成長の過程を楽しむ。ストレスからの無駄遣いを減らす私の体験を書きました
キッチンドリンカー

キッチンドリンカーは危ない

「キッチンドリンカー」という言葉はご存知ですか?キッチンドリンカー、女性は男性と比べると短期間で依存症になる、女性向けのお酒の種類が増えた、飲酒の機会も増えたなど女性の飲酒について「最低限知っておいて頂ければと思うこと」についてまとめました。
断酒 継続

断酒を継続させるには原因自分論

断酒にスリップはつきものですが、これはアルコールが脳の病気だから当たり前に起こる症状の一つです。断酒を継続させながら原因が自分にあると認める習慣スリップのリスクを減らす方法。その回復過程で気をつけたい対策ポイントの「自分を責める」「結果主義」について書きました。
断酒 うつ

断酒後のうつは不完全な自分を受け入れると楽に治る

アルコール依存症とうつ病は深い関係にあります。断酒後のうつ病について、断酒が前提である。離脱症状などが原因の場合もあるので専門の病院で治療を受ける。期間はかかるが治ること。自分でも改善の努力ができることなどについて書きました。
不眠 原因

断酒後の不眠は5つの原因を知って対策する

私は自分自身や断酒仲間の経験から「依存症の人だけでなくお酒を飲んでいる人はまず断酒が先決」だと思います。不眠の原因はたくさんあり、不眠対策もたくさんあります。しかし飲酒の影響を除かなければ不眠対策は空回りします。不眠の代表的な5つのタイプとタイプ別の不眠対策サイトのリンクを貼りました。
断酒 再飲酒

再飲酒するとしばらくやめていても目も当てられない状態になる

再飲酒の原因は「やめ続けられたから酒をコントロールできるようになったという錯覚」から起こります。「酒に対して無力であり、上手く生きていけない」というのは依存症に必要な考えです。私の知っている先輩たちの言葉(断酒が長い人から初心者まで)を自分の言葉でまとめました。
コツ

断酒のコツは今日だけ飲まない

アルコールに依存すると治療方法は禁酒ではなく断酒になります。生涯断酒というのはつらい考えです。それを乗り越える断酒のコツは「一日断酒」「今日だけ飲まない」です。このブログ記事では自分自身の体験を基に断酒のコツについてまとめました。
お酒 やめたい

少しでもお酒をやめたい人へ  

お酒をやめるのに大切なのは「断酒できている人から学び・吸収する」ことです。断酒継続にとって最も大切な「ストレスマネジメント」「病院との付き合い方」「底つき体験」について書きました。断酒をしたいと思い始めた方から1年の継続、3年の継続が難しいくらいの人には役に立つと思います。
離脱症状

離脱症状は断酒を妨げる

この記事は「離脱症状は断酒を妨げる」です。結論は断酒を妨げるのは早期離脱、後期離脱です。「断酒・禁酒1日目から2日目の山」は眠れるかどうかと離脱症状がどの程度かによると思います。離脱症状がひどかった人も1週間あればほとんどの場合は一段落します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました