疲れ

スポンサーリンク
不安障害

不安障害を克服するために依存症の私がしたこと

不安障害にはいろいろな症状があります。パニック障害、急に涙が出る。特に夜一人になると不安・孤独の感情に突然襲われて自分が可哀そうという自己憐憫になりお酒や自傷行為に走ることがよくあります。私の体験でアルコール依存症の不安障害に効果があると思った「同じ病気を持った他人を認める方法」についてまとめました。
自己憐憫

自己憐憫は依存症と家族の生きづらさの原因

自己憐憫(自分を可哀想だと思う、自分を憐れだと思う)は依存症回復の重要ワードです。自己憐憫がどういうもので、どこが依存症に悪さをするのか。謙虚さと卑屈の違いを書きました。知ることと、認めることで生きづらさを解消するヒントになります。
断り方 上手くなる

断り方が上手くなると楽になる

依存症・AC・メンタルがつらい人が断れない時は、人から嫌われることを恐れる気持ちが強いことが多い。「ありがとう」をまず伝え、相手に嫌われずに自分の考えを主張する方法についてまとめました。「ありがとう」の習慣で人間関係が好循環し、自己肯定感が高まり、心を楽にします
断酒 うつ

断酒後のうつは不完全な自分を受け入れると楽に治る

アルコール依存症とうつ病は深い関係にあります。断酒後のうつ病について、断酒が前提である。離脱症状などが原因の場合もあるので専門の病院で治療を受ける。期間はかかるが治ること。自分でも改善の努力ができることなどについて書きました。
不眠 原因

断酒後の睡眠は5つの原因を知って対策する

私は自分自身や断酒仲間の経験から「依存症の人だけでなくお酒を飲んでいる人はまず断酒が先決」だと思います。不眠の原因はたくさんあり、不眠対策もたくさんあります。しかし飲酒の影響を除かなければ不眠対策は空回りします。不眠の代表的な5つのタイプとタイプ別の不眠対策サイトのリンクを貼りました。
不眠

断酒と不眠

この記事は睡眠に関する症状・治療・不眠を克服した生活方法について書いた物をまとめました。私自身はアルコールによる様々な睡眠の障害を経験しました。 私自身の経験を基にして様々な医療機関の専門ページのリンクも貼ってエビデンスを保証しています。
酒 眠くなる

お酒を飲むとなぜ眠くなる?

お酒を飲むと眠くなる大きな理由である脳内のGABAA受容体・体の内部の温度(深部体温)の低下・低血糖・睡眠物質(アデノシン)についてまとめました。特にGABA受容体とアデノシンはアルコール依存とも関係があります。睡眠の仕組みを知るほど酒睡眠に良くない事が分かってきました。
断酒 ストレス 言いたい

言いたいことを我慢するストレスは断酒の敵

依存症の人は言いたいことをうまく表現できなくて孤独を感じます。治療・回復は断酒ですが、孤独や我慢でストレスがたまると継続の妨げになります。依存症には機能不全家族で育った人が多く、言いたいことを我慢する自我が作られていきます。私の経験からお勧めの対策を書きました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました