haltの法則

スポンサーリンク
白黒思考

「白黒思考」をやめたい

「白黒思考」は依存症をはじめ心の病に苦しむ人に多い特徴の一つです。「白か黒か思考」は基本的にはみなが持っています。子供の頃は「正義の味方」「悪者」の世界で過ごします。原因があってこの考え方を手放しにくくなっているのです。「この世に完全な人はいない」「過程を楽しむ」などで解決するヒントを書きました。
不安障害

漠然とした不安を克服するために依存症の私がしたこと

不安障害にはいろいろな症状があります。パニック障害、急に涙が出る。特に夜一人になると不安・孤独の感情に突然襲われて自分が可哀そうという自己憐憫になりお酒や自傷行為に走ることがよくあります。私の体験でアルコール依存症の不安障害に効果があると思った「同じ病気を持った他人を認める方法」についてまとめました。
パレートの法則 完璧主義

完璧主義はパレートの法則で克服する 

パレートの法則とは、大事な2割に集中することで8割の成果を上げることです。細部にこだわり成果をあげられない人が多くいます。「木を見て森を見ず」になり遠回りをした結果疲れ果ててしまう人です。細部にこだわり全体を俯瞰できない悩みをお持ちの方に最適の方法です
断酒 うつ

断酒後のうつは不完全な自分を受け入れると楽になる

アルコール依存症とうつ病は深い関係にあります。断酒後のうつ病について、断酒が前提である。離脱症状などが原因の場合もあるので専門の病院で治療を受ける。期間はかかるが治ること。自分でも改善の努力ができることなどについて書きました。
嫉妬 独占欲 依存

嫉妬と独占欲と依存症の関係

この記事は「嫉妬と独占欲と依存症の関係」アルコール依存症本人が異性への独占欲が強いということを自覚している人は少ないと思います。ところが奥さん(夫)の反応は違います。うちの夫が飲んでいたころは嫉妬地獄だったという奥さんは結構多いのです
寂しい 酒

寂しくて酒を飲むと人は余計に孤独になる

寂しい時に酒を飲む人はたくさんいます。それがずっと続くといつの間にか依存になっていきます。寂しい酒に逃げるのが依存症の特徴の一つで、特に一人暮らしの女性に増えているようです。依存症になると周囲との壁がさらにでき悪循環に陥ります。同じ悩み・病気の人との共感が酒の代わりに寂しさを癒すことについて書きました。
劣等感 克服

劣等感は目標110%で克服する

劣等感を克服するのは大変です。劣等感には「認められたい願望」「恥をかく恐れ」「自分が劣っているという考え」の三つが潜んでいます。解決策として、昨年と比べて常に110%増の自分になることを心がける方法についても述べました。
否定

否定から入る癖は嫌われる

否定から入る人は嫌われますが、たいてい感情・態度の癖になっています。「否定」は、人間関係のストレスの原因になります。その裏に不安や自信のなさ・現実逃避があります。「聞く力」「褒める力」による調律で自己肯定感を高め、解決するヒントを書きました。
自己憐憫

自己憐憫は依存症と家族の生きづらさの原因

自己憐憫(自分を可哀想だと思う、自分を憐れだと思う)は依存症回復の重要ワードです。自己憐憫がどういうもので、どこが依存症に悪さをするのか。謙虚さと卑屈の違いを書きました。知ることと、認めることで生きづらさを解消するヒントになります。
haltの法則

断酒に役立つHALTの法則

HALTの法則とは依存症の人がアルコールの再飲酒、薬物の再利用を防ぐポイントです。今回はアルコール依存症の事例で説明しましたが、薬物依存症など他の依存症・精神の病気を引き金とする障害・症状からの治療・回復に応用できます。病院・自助グループでも使われます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました