断酒 スリップ

断酒 スリップ断酒 スリップ

このページは「断酒のためのスリップ防止・原因のまとめ」です

スリップが繰り返されるとへこみますよね

私は断酒して9年半ですが、最初の8年間くらいスリップばかりの繰り返しでした

スリップの原因を明らかにし、防止に役立つものを集めました

自分の実体験(苦闘の8年間と断酒の9年半)数多くの仲間の姿をもとにして書いています。

少しでも「自分に当てはまるところがあるな」と思ってもらえたら、スリップ防止のヒントになるかもしれません。

スリップの原因と対策

断酒一年後は安定しますが、その後陥るスリップの原因と対策をまとめました

しばらくやめていても再飲酒すると目も当てられない状態になる
再飲酒の原因は「やめ続けられたから酒をコントロールできるようになったという錯覚」から起こります。「酒に対して無力であり、上手く生きていけない」というのは依存症に必要な考えです。私の知っている先輩たちの言葉(断酒が長い人から初心者まで)を自分の言葉でまとめました。

原因自分論でスリップを防ぐヒントです

断酒を継続させるには原因自分論
断酒にスリップはつきものですが、これはアルコールが脳の病気だから当たり前に起こる症状の一つです。断酒を継続させながら原因が自分にあると認める習慣スリップのリスクを減らす方法。その回復過程で気をつけたい対策ポイントの「自分を責める」「結果主義」について書きました。

ノンアルコールビールでスリップした私の体験談です

ノンアルコールビールは断酒の味方? 敵?
ノンアルコールビールはお酒をやめたい人の味方なのか敵なのか。ノンアルコールビールを飲んでも肝臓は悪くなりません。私の最後のスリップは10年前でした。その引き金はノンアルコールビールです。その私の失敗体験を書きました

断酒に失敗はありません。スリップしたらもう一度トライしましょう

依存症にとってスリップは当たり前の症状
スリップすると今までやってきたことがすべて無駄だったと思いがちですが、そうではないと思います。私はスリップのおかげで断酒に真剣になれました。とは言え上手く失敗を後につなげられた時と、そうではない時もあったように思います。違いは独りで戦ったか? 仲間と戦ったか? だったと思います。

スリップの時陥りがちな考え方「否定」についてのヒントです

断酒の邪魔をする否定から入る癖
断酒の邪魔をするのは、人間関係のストレスです。否定から入る人は嫌われますが、たいてい感情・態度の癖になっています。その裏に不安や自信のなさ・現実逃避があります。「聞く力」「褒める力」による調律で自己肯定感を高め、解決するヒントを書きました。

否認

否認は回復・断酒を妨げて、スリップの原因になります

否認とはどういう性質なのかという基本的なことをまとめました

アルコール依存症は否認の病気
依存症の人は否認があります。「否認ってアルコール依存症だと認めていないことだろう? 俺は認めているよ」という方にももう一度否認を見直してもらうと断酒継続や生きづらさを減らせるかもしれません。まずは依存症にとっての否認について色々な角度から見てもらえるように書いてみました。

最初の否認「第一の否認」についてまとめました

第一の否認は依存症の打消し
否認というのは「アルコール依存症であることを認めない」。さらに第一の否認・第二の否認と分けることもあります。第一の否認はアルコール依存症であることを打ち消したい否認です。私の体験をもとに第一の否認についてまとめました。

断酒継続を妨げる「第二の否認」についてまとめました

第二の否認は酒ではなく自分に原因があるのを受け入れる
この記事は断酒のポイント「アルコール依存症の第二の否認、酒さえ飲まなければ問題ないだろう」です。第二の否認は「原因が自分から発生していることを受け入れる」ことで乗り越えられます。長く継続させるにはキーポイントになります。

アルコール依存症であることへの否認です。他人と比較して治療を拒む心理についてまとめました

アルコール依存症の人は嘘つきなのか
回復をして変わった人の姿は依存症について知らない人たちが言う「反省」「改心」とは似ているようで違います。依存症について正しい知識を普及させる努力も必要ですし、それ以上に一人でも多くの回復者が現れることが偏見に打ち勝つ力となるのではと思います。

回復は断酒からということへの否認です。なぜ節酒がダメなのかということへのヒントです

断酒に失敗していた頃は「少しだけなら飲んでも」と考えていた
断酒を継続の基本は「少しだけなら飲んでも構わない」の克服。スリップの悪魔は「そろそろ飲んでも大丈夫じゃない?」と巧妙に囁く。対策は「アルコールに対して無力」。わかっているつもりでもストレスなどが原因でいつの間にか脇が甘くなりがちです。

否認しているかどうかのチェックポイント━罪悪感から責任転嫁する心理です。

アルコール依存症の否認は罪悪感から生まれる
依存症者にとって「否認」は回復のカギです。否認を打ち砕くことは断酒・スリップ防止・回復に役立ちます。罪悪感という観点から否認を見ると新しい発見があります。「否認」を生み出す根源の罪悪感をチェックすると断酒継続の役に立つと思います

無力

アルコールに対して無力であることを認めるのが否認から脱却する最初のポイントです。

断酒は無力であることを認めることから
依存症者が苦しみから逃れる第一歩「無力であることを認める」ことを、私の体験を中心に書きました。依存症が回復へと進むには、自分が悪い習慣に対して無力であること。思い通りに生きていけなくなったことを認めることが第一歩です。

底つき

スリップから立ち直るには底つきが大切です

底つきとは何か? 早く体験するには? についてのヒントです

「底つき体験」から断酒が始まる
断酒継続に必要なのはまずは「底つき体験」です。「底つき」は知識として知っているだけでは効果を発揮しません。本当は多くの様々な人の「底つき体験」を知ることが早道ですが、簡単ではありません。「底つき体験」については、ブログの1記事だけでは説明しきれませんが、ガイドラインになるようなものを書きました。

私が底つきをするまでの体験談です

体験談 「酒にギブアップ」してから断酒できるまでの変化
依存症者が酒の悪行をやめたいと心の底から決意することを「底つき」と言います。「底つき」が訪れたあとは、断酒・回復へと向かい始めます。やっかいなのは「底つき」がいつやってくるかわからないことです。私自身が断酒が継続できるまでの体験をまとめました。

自助グループ

回復・断酒にとって大切な役割を果たすのが自助グループです

アルコール依存症の自助グループ 私が思うメリット・デメリット
アルコール専門病院では自助グループを勧められます。私は自助グループは大嫌いでした。しかし自助グループのおかげで断酒ができるようになりました。私は自助グループが好きな気持ちも嫌いな気持ちも分かるつもりです。私から見た自助グループのメリットとデメリットをまとめました。


アルコール依存症ランキング

スポンサーリンク
断酒 再飲酒

しばらくやめていても再飲酒すると目も当てられない状態になる

再飲酒の原因は「やめ続けられたから酒をコントロールできるようになったという錯覚」から起こります。「酒に対して無力であり、上手く生きていけない」というのは依存症に必要な考えです。私の知っている先輩たちの言葉(断酒が長い人から初心者まで)を自分の言葉でまとめました。
断酒 スリップとは

依存症にとってスリップは当たり前の症状

スリップすると今までやってきたことがすべて無駄だったと思いがちですが、そうではないと思います。私はスリップのおかげで断酒に真剣になれました。とは言え上手く失敗を後につなげられた時と、そうではない時もあったように思います。違いは独りで戦ったか? 仲間と戦ったか? だったと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました