断酒 方法

断酒 方法断酒 方法

このページは「断酒の方法」です

最初に断っておきますが、私は誰にでも同じような効果のある断酒法は存在しないと思っています

アルコール依存症になるまで飲酒を続けたのには理由があります。

その理由は人によりさまざまです。

ただ理由は違いますが、お酒を飲んで酔って現実逃避することで「心の穴」を埋めてきたのがアルコール依存症です

断酒初期は離脱を軽くする方法など皆同じような治療を受けます。

一方、日常生活での躓くポイントは一人一人違います。

そういった意味で「心の穴」は一人一人違うので埋め方は違います。

しかし、最大公約数的に考えて似たようなポイントで成功したり失敗したりしています

ですから最大公約数的な断酒の方法をできるだけ具体的にいろいろな記事で書いています。

断酒にノンアルコールビールはいいのかどうかという私の体験談です

ノンアルコールビールは断酒の味方? 敵?
ノンアルコールビールはお酒をやめたい人の味方なのか敵なのか。ノンアルコールビールを飲んでも肝臓は悪くなりません。私の最後のスリップは10年前でした。その引き金はノンアルコールビールです。その私の失敗体験を書きました

「一日断酒」「今日だけ飲まない」で飲酒欲求を乗り越えるヒントです

断酒のコツは今日だけ飲まない
アルコールに依存すると治療方法は禁酒ではなく断酒になります。生涯断酒というのはつらい考えです。それを乗り越える断酒のコツは「一日断酒」「今日だけ飲まない」です。このブログ記事では自分自身の体験を基に断酒のコツについてまとめました。

断酒一年が目標の方へのヒントです

断酒10年の私から見た断酒一年ができる人の特徴
断酒一年の最も大切な意味は安定期に入ったということだと思います。断酒後のイライラなどが減って、断酒していいことのほうが具体的に感じられます。断酒一年を超えている人の特徴、断酒一年半後に起こるかもしれない注意・問題点などを私の体験を基にまとめました。

断酒を始めたばかりの人向けの記事です

断酒一週間で起こることさらに継続するために知っておきたいヒント
断酒・禁酒には動機が大切。アルコールを抜いて最初の1週間までの効果・体調や気持ち、特に肝臓(γ-GTP)・血圧・体重などの変化。それぞれの場面での失敗しやすいポイントを断酒の経過を中心にまとめました。さらに継続していくためのヒントを最後に書きました。

断酒が続かない人へのヒントです

断酒の邪魔をする否定から入る癖
断酒の邪魔をするのは、人間関係のストレスです。否定から入る人は嫌われますが、たいてい感情・態度の癖になっています。その裏に不安や自信のなさ・現実逃避があります。「聞く力」「褒める力」による調律で自己肯定感を高め、解決するヒントを書きました。

断酒がくじけそうになった時のヒントです

断酒がくじけそうなときには
私自身のそして私の仲間の成功体験から「飲酒欲求に勝てないときには」「普段から気をつけたいこと」をまとめました。「まず食欲を満たし、ストレスを誰かに喋り、今日一日を乗り越える」「体験を読む、原因は自分にあると考える、 酒に対して無力であることを認める」

断酒で失敗しやすい考え方です

断酒継続に失敗していた頃は「少しだけなら飲んでも」と考えていた
断酒を継続の基本は「少しだけなら飲んでも構わない」の克服。スリップの悪魔は「そろそろ飲んでも大丈夫じゃない?」と巧妙に囁く。対策は「アルコールに対して無力」。わかっているつもりでもストレスなどが原因でいつの間にか脇が甘くなりがちです。

人間関係を良好にして断酒継続を成功につなげるヒントです

愛着障害を克服するために飴と鞭の人間関係から脱出する
毒親育ち・依存症が人間関係をよくする方法の一つ「積極的に人の話を聞く・認める習慣で関係は劇的に良くなる」ことについてまとめました。人間関係で疲れ果てる人は与えすぎてしまうことがよくあります。与えすぎてしまう行動の裏には、孤独への恐怖があります

断酒のきっかけが欲しい方へのヒント

少しでもお酒をやめたい人へ  
お酒をやめるのに大切なのは「断酒できている人から学び・吸収する」ことです。断酒継続にとって最も大切な「ストレスマネジメント」「病院との付き合い方」「底つき体験」について書きました。断酒をしたいと思い始めた方から1年の継続、3年の継続が難しいくらいの人には役に立つと思います。

断酒を支える基本的な考え方です

断酒の方法はHALTの法則
HALTの法則とは依存症の人がアルコールの再飲酒、薬物の再利用を防ぐポイントです。今回はアルコール依存症の事例で説明しましたが、薬物依存症など他の依存症・精神の病気を引き金とする障害・症状からの治療・回復に応用できます。病院・自助グループでも使われます。

空腹・満たされない

空腹は断酒の敵
断酒・禁酒と同時にダイエットを始める人は結構います。しかし「空腹は断酒の敵」です。空腹はイライラを感じやすく、疲れやすくもなるのでスリップをしやすくなります。その理由を闘うホルモン、脳の機能低下、安心ホルモンで説明しました。
満たされていない人は依存する
この記事は「満たされていない人は依存する」です。私は自分自身の体験や自助グループ・断酒仲間などの体験から肉体的な空腹感だけではなくメンタルでも満たされていない・不足感が強いと依存症になりやすいと実感しています。愛情不足と承認欲求の不足についてまとめました。

イライラ・怒りについてです

イライラ・怒り
このページは「アルコール依存症の特徴である怒りを和らげたい」です ついイラッとしたり、子供を叱ると止まらない…そういう悩みはないでしょうか? 依存症がスリップする直接の原因は「怒り」からくることが多いようです。 アンガーマネジ...

寂しさ・孤独についてです

孤独は断酒を妨げる
このページは「孤独は断酒を妨げる」です 目次 寂しくて酒を飲むと人は余計に孤独になる断酒継続のための孤独・寂しさ対策断酒の敵は言いたいことを我慢するストレスアルコール依存症が飲むようになったきっかけは...

疲れについてです

不眠は疲れの元です

不眠は断酒を妨げる疲れ
このページは「不眠は断酒を妨げる疲れ」です 不眠は断酒を妨げる疲れ アルコール依存症の不眠は辛いアルコール依存症の場合、眠れない夜にお酒に手が出た結果ひどい飲み方になった人が多いです。睡眠に完璧を求めない。再飲酒より眠れない...

疲れるとうつになります

不安障害を克服するために依存症の私がしたこと
不安障害にはいろいろな症状があります。パニック障害、急に涙が出る。特に夜一人になると不安・孤独の感情に突然襲われて自分が可哀そうという自己憐憫になりお酒や自傷行為に走ることがよくあります。私の体験でアルコール依存症の不安障害に効果があると思った「同じ病気を持った他人を認める方法」についてまとめました。
断酒後のうつは不完全な自分を受け入れると楽に治る
アルコール依存症とうつ病は深い関係にあります。断酒後のうつ病について、断酒が前提である。離脱症状などが原因の場合もあるので専門の病院で治療を受ける。期間はかかるが治ること。自分でも改善の努力ができることなどについて書きました。
自己憐憫は依存症と家族の生きづらさの原因
自己憐憫(自分を可哀想だと思う、自分を憐れだと思う)は依存症回復の重要ワードです。自己憐憫がどういうもので、どこが依存症に悪さをするのか。謙虚さと卑屈の違いを書きました。知ることと、認めることで生きづらさを解消するヒントになります。

ストレスで疲れます

断り方が上手くなると楽になる
依存症・AC・メンタルがつらい人が断れない時は、人から嫌われることを恐れる気持ちが強いことが多い。「ありがとう」をまず伝え、相手に嫌われずに自分の考えを主張する方法についてまとめました。「ありがとう」の習慣で人間関係が好循環し、自己肯定感が高まり、心を楽にします
断酒の敵は言いたいことを我慢するストレス
依存症の人は言いたいことをうまく表現できなくて孤独を感じます。治療・回復は断酒ですが、孤独や我慢でストレスがたまると継続の妨げになります。依存症には機能不全家族で育った人が多く、言いたいことを我慢する自我が作られていきます。私の経験からお勧めの対策を書きました。
毒親育ちが人間関係で疲れないために
適切な人間関係を作れないと思っているなら機能不全家族・アダルトチルドレンの可能性があります。自分を責めすぎず適切な人とのかかわりを持つために、孤独を癒しながら一歩を踏み出すことで自己肯定感を高める私の提案をまとめました

人間関係の距離の取り方のヒントです

断酒しようと思ったときに人間関係で気をつけたいこと
この記事は「断酒しようと思ったときに人間関係で気をつけたいこと」です。「断酒しようと思うけど飲み友達とは会わないほうがいいですか?」結論は「飲まない人との付き合いを増やす」です。飲み友達との人間関係は慎重になったほうがよいと思います。


アルコール依存症ランキング

スポンサーリンク
断酒 疲れ 人間関係

断酒しようと思ったときに人間関係で気をつけたいこと

この記事は「断酒しようと思ったときに人間関係で気をつけたいこと」です。「断酒しようと思うけど飲み友達とは会わないほうがいいですか?」結論は「飲まない人との付き合いを増やす」です。飲み友達との人間関係は慎重になったほうがよいと思います。
AAミーティング 初めて

断酒とAA 私のミーティング初体験

AAはアルコール依存症の自助グループです。「AA」に参加した経験のない方に、私が初めてミーティングに参加した時の体験を書いて具体的にリアルな人とのつながりはどんな感じなのかを伝えることができたらいいかなと考えました。
断酒 不眠

断酒後の不眠対策を怠ると再飲酒しやすくなる

この記事では断酒後の不眠は「寝つきの悪さ」が多い。しかもそれは再飲酒の原因になるという研究報告をもとにまとめました。対策は「睡眠の質を上げる」「眠る前のリラックスできる日課づくり」「睡眠のリズムを守る」「カフェイン・タバコなどに気を付ける」です。
断酒 底つき 無力

断酒の決意は無力を認めて本物になる

依存症者が苦しみから逃れる第一歩「無力であることを認める」ことを、私の体験を中心に書きました。依存症が回復へと進むには、自分が悪い習慣に対して無力であること。思い通りに生きていけなくなったことを認めることが第一歩です。
断酒 底つき 体験談

体験談 「酒に無力である」と認めてから断酒できるまでの変化

依存症者が酒の悪行をやめたいと心の底から決意することを「底つき」と言います。「底つき」が訪れたあとは、断酒・回復へと向かい始めます。やっかいなのは「底つき」がいつやってくるかわからないことです。私自身が断酒が継続できるまでの体験をまとめました。
断酒 失敗

断酒継続に失敗していた頃は「少しだけなら飲んでも」と考えていた

断酒を継続の基本は「少しだけなら飲んでも構わない」の克服。スリップの悪魔は「そろそろ飲んでも大丈夫じゃない?」と巧妙に囁く。対策は「アルコールに対して無力」。わかっているつもりでもストレスなどが原因でいつの間にか脇が甘くなりがちです。
お酒 やめたい

少しでもお酒をやめたい人へ  

お酒をやめるのに大切なのは「断酒できている人から学び・吸収する」ことです。断酒継続にとって最も大切な「ストレスマネジメント」「病院との付き合い方」「底つき体験」について書きました。断酒をしたいと思い始めた方から1年の継続、3年の継続が難しいくらいの人には役に立つと思います。
否認 打消し

第一の否認は依存症の打消し

否認というのは「アルコール依存症であることを認めない」。さらに第一の否認・第二の否認と分けることもあります。第一の否認はアルコール依存症であることを打ち消したい否認です。私の体験をもとに第一の否認についてまとめました。
断酒 くじけそう

断酒がくじけそうなときには

私自身のそして私の仲間の成功体験から「飲酒欲求に勝てないときには」「普段から気をつけたいこと」をまとめました。「まず食欲を満たし、ストレスを誰かに喋り、今日一日を乗り越える」「体験を読む、原因は自分にあると考える、 酒に対して無力であることを認める」
入眠障害

お酒は入眠を助けるけれど|入眠障害

お酒には寝つきを助ける効果があります。しかしお酒を飲むと睡眠の質は悪くなります。寝る前に多少の「まどろみ」の時間があるのは睡眠のリズムから言って当然のことです。寝酒をやめたほうがいい理由と質のいい睡眠をとるための参考記事もリンクで貼りました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました