アルコール依存症 遺伝

アルコール依存症 遺伝遺伝

このページは「アルコール依存症の遺伝」です

遺伝

アルコール依存症と遺伝
様々な調査でアルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かだという結果が出ています。酵素の遺伝子、マウス実験からわかった脳の反応などを書きました。けれども決定的な決め手は見つかっていないのが確かなようです。
酒乱になりやすい遺伝子があるらしい
酒乱には遺伝子━アルコール脱水素酵素(ADH)とアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)━が関わっているようです。アルコール脱水素酵素のADH1B*2を2つ持っている人は酒乱の傾向があるそうです。久里浜病院神経内科医長だった真先敏弘氏の著作をもとに記事を作成しました。
アルコール依存症と遺伝
アルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かです。特にアルコールを分解する酵素の遺伝子による違いが依存症のなりやすさに強く影響することが知られています。さらに最近では環境による影響の受けやすさに遺伝が関係していることがわかっています。しかし具体的な遺伝子については十分にはわかっていません。
アルコール依存症の危険因子
依存症の危険因子には「1. 女性の方が男性より短い期間で依存症になる」「2. 未成年から飲酒を始めるとより依存症になりやすい」「3.遺伝や家庭環境が危険性を高める」「4.家族や友人のお酒に対する態度や地域の環境も未成年者の飲酒問題の原因となる」「5.うつ病や不安障害などの精神疾患も依存症の危険性を高める」といったことが...

 


アルコール依存症ランキング

スポンサーリンク
遺伝子

酒乱になりやすい遺伝子があるらしい

酒乱には遺伝子━アルコール脱水素酵素(ADH)とアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)━が関わっているようです。アルコール脱水素酵素のADH1B*2を2つ持っている人は酒乱の傾向があるそうです。久里浜病院神経内科医長だった真先敏弘氏の著作をもとに記事を作成しました。
遺伝

アルコール依存症と遺伝

様々な調査でアルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かだという結果が出ています。酵素の遺伝子、マウス実験からわかった脳の反応などを書きました。けれども決定的な決め手は見つかっていないのが確かなようです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました