アルコール依存症

スポンサーリンク
アルコール依存症 きっかけ

アルコール依存症が飲むようになったきっかけは緊張しすぎるから

アルコール依存症の人が飲むようになったきっかけとして「緊張しすぎて上手くしゃべれない」「いつも緊張して疲れる」という話をよく聞きます。対策として、イメージトレーニング・瞑想・深呼吸について触れました。王道はやはり慣れだと思います。そして不安の克服です
回復

アルコール依存症の回復は肝臓を治すことだけではない

お酒が好きな人は肝臓の治療は受けても依存症の治療・断酒は拒みます。アルコール依存症はコントロール障害です。お酒を上手に飲めません。治療にはアルコール専門病院がお勧めです。依存症になったら仲間と共に回復を目指すことが必要です。
ブラックアウト アルコール依存症

記憶が無くなる(ブラックアウト)まで飲むのはアルコール依存症?

お酒を飲んで記憶をなくす(ブラックアウト)には原因があります。一つは飲み方です。もう一つは遺伝です。そして酔って記憶をなくしやすい人はアルコール依存症になりやすいということが分かっています。仕組み・私の体験・対策についてまとめました
アルコール依存症 どこから

どこからがアルコール依存症?

「どこからがアルコール依存症なのか」は判断が難しいです。アルコールの専門医でなければ正確な判定は難しいといえます。この記事ではアルコール依存症の定義や状態。アルコール依存症と酒乱の違い。代表的なチェックツールについてまとめました。
アルコール依存症 迎え酒

二日酔いの迎え酒は危険 アルコール依存症になった私の体験

「二日酔いの迎え酒はずっと酔っぱらっているだけ」です。完全な迷信で、効果がないばかりかアルコール依存症へまっしぐらです。迎え酒はなぜ危険なのか? について迎え酒が原因でアルコールにどんどん依存し、病気になった私の体験を交えて紹介させていただきます。
アルコール依存症 嘘つき

アルコール依存症の人は嘘つきなのか

回復をして変わった人の姿は依存症について知らない人たちが言う「反省」「改心」とは似ているようで違います。依存症について正しい知識を普及させる努力も必要ですし、それ以上に一人でも多くの回復者が現れることが偏見に打ち勝つ力となるのではと思います。
アルコール依存症 被害妄想

アルコール依存症の被害妄想を「おめでとう」で和らげた私の体験

アルコール依存症の被害妄想は離脱症状の時に顕著に表れます。しかし、そこまで飲んでいなくてもアルコール依存症の人は被害者意識・妬み・ひがみが強くなっています。被害妄想・劣等感・嫉妬心を中和するのは魔法の言葉「おめでとう」です。私の経験を書きました。
キッチンドリンカー

ほろ酔い状態で夕食を作るキッチンドリンカーは危ない

キッチンドリンカー、女性は男性と比べると短期間で依存症になる、女性向けのお酒の種類が増えた、飲酒の機会も増えたなど女性の飲酒について「最低限知っておいて頂ければと思うこと」についてまとめました。
アルコール依存症 初期症状

アルコール依存症の初期症状は? 

アルコール依存症になりやすい人の特徴。習慣飲酒での危険なシグナル。そして精神依存から身体依存へ。飲酒を始めてからアルコール依存症と診断されるまでの過程を私自身と私の断酒仲間たちの経験からまとめました。
酒好き 依存症 違い

酒好きと依存症の違いをチェック

「アルコール依存症? まさか!」と思いながらも誰に聞けばいいかわからないのが普通です。この記事ではアルコール依存症の代表的なチェックリストである「AUDIT」「新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」「CAGE」のそれぞれの特徴をまとめました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました