スポンサーリンク
アルコール依存症 ドーパミン

酒にハマる脳の仕組み

この記事では脳の報酬系や悪循環の仕組み・一度依存症になるとなぜ元通りにならないのか?についてまとめました.こういった知識があると理性の力だけで依存をコントロールできないと納得しやすくなります。無駄な抵抗はやめようと思えるのでその意味ではお勧めの内容です
酒好き 依存症 違い

酒好きと依存症の違いをチェック

「アルコール依存症? まさか!」と思いながらも誰に聞けばいいかわからないのが普通です。この記事ではアルコール依存症の代表的なチェックリストである「AUDIT」「新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」「CAGE」のそれぞれの特徴をまとめました。
うつ

機能不全家族で育てられたM君の物語

家族が機能していない、あるいは機能が不全な家庭に育った子供は、生きづらさを感じます。アダルトチルドレン・毒親育ちの愛情は極端なところがあり、M君の場合はその典型でうつからアルコール依存症になり、自殺願望が心の底に強くありました。最後に問題への克服方法の関連記事のリンクを張りました。 
吾妻ひでお

失踪日記 吾妻ひでお

「失踪日記2 アル中病棟」は2013/10/6に発売されたコミックスです。漫画家吾妻ひでおさんの実体験をノンフィクション風にしたマンガです「アルコール依存症って?アルコール専門病院は実際のどんな感じ?断酒の基本的な考え方を知りたい」という方にお勧めの作品です。
機能不全家族 回復

機能不全家族の回復は生きづらさから

自分の不可解な感情の原因が、子供時代からの抑制癖にある場合があります。幼少時の家族の掟・暗黙のルール。そして世代間を連鎖して嗜癖に依存したり、メンタル面で問題が起こりやすい特徴が現れます。この記事では私が克服を目指す過程で気づいたことをまとめました。 
毒親育ち 人間関係

毒親育ちが人間関係で疲れないために

適切な人間関係を作れないと思っているなら機能不全家族・アダルトチルドレンの可能性があります。自分を責めすぎず適切な人とのかかわりを持つために、孤独を癒しながら一歩を踏み出すことで自己肯定感を高める私の提案をまとめました
底つき

断酒のきっかけは底つき

断酒継続に必要なのはまずは「底つき体験」です。「底つき」は知識として知っているだけでは効果を発揮しません。本当は多くの様々な人の「底つき体験」を知ることが早道ですが、簡単ではありません。「底つき体験」については、ブログの1記事だけでは説明しきれませんが、ガイドラインになるようなものを書きました。
断酒 頭が冴える

断酒すると脳は回復する

お酒を飲むと脳は萎縮します。では萎縮した脳はもうどうにもならないのでしょうか?断酒して脳を使えば、元気に働いてくれます。脳はネットワークの質と量で決まる。壊れたネットワーク。脳の可塑性とは。頭が冴えるように私が挑戦した方法もまとめました。
アルコール 脳委縮

アルコールが原因の脳萎縮を知ると、お酒をやめたくなる

アルコールが原因の脳委縮の症状を画像を載せ、実際に診断された自分自身の体験も含めて書きました。なぜ委縮するのか、飲酒量との関係、反対意見、自分自身が回復するためにやった方法を書いています。そして断酒して脳は使えば記憶力を中心に回復します
アルコール依存症 きっかけ

酒を飲むようになったきっかけは緊張しすぎるから

アルコール依存症の人が飲むようになったきっかけとして「緊張しすぎて上手くしゃべれない」「いつも緊張して疲れる」という話をよく聞きます。対策として、イメージトレーニング・瞑想・深呼吸について触れました。王道はやはり慣れだと思います。そして不安の克服です
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました